スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろいです!

コメントの投稿

SMレズ女子寮19 脱衣所で

 この女子寮には各部屋にバスルームが付いているのですが、それとは別に、大浴場があります。
 使用するのは主に3年生の先輩方です。寮生の全員が使うと混雑してしまうので、下級生は基本的に大浴場の使用は遠慮しなければなりません。

 1年生は大浴場に足を踏み入れる機会が1日に1回あります。湯船に浸かれるわけではありません。掃除と備品の整理のためです。
 少しでも手抜かりがあると、3年生からお尻を叩かれたりしてしまうので、みんな結構 必死になって大浴場のメンテナンスをします。

 しかし早希ちゃんはそれに参加しません。
 そのことについて、1年生が何人か早希ちゃんに文句を言ったようでしたが、適当に流されてしまったらしいです。
 文句を言った1年生の子たちは怒っていましたが、後日になって、早希に余計なことを言うな、と先輩たちから言われたようで、シュンとなっていました。
 早希ちゃんが特別扱いをされているのはとっくに明白でしたが、先輩たちがこうまではっきりと言葉にしたのはこれが初めてのことではないかと思います。

 大浴場の使用可能時間は、午後8時から午後10時までです。
 その間、もしもシャンプーやボディソープが切れていたり、どこか清掃に甘いところがあった時に、すぐさま対応できるよう、常に3人の1年生が脱衣所で待機していなければなりません。
 私たち1年生は、自分たちで相談をしてローテーションを組んでいました。当然ながらローテーションの中に早希ちゃんはいません。

 脱衣所で待機している時はほとんど何もすることがありません。先輩に肩を揉まされたり、背中を流すよう言われたりすることはありますが、たまにです。そんなことをいちいち言う人はそういません。
 けれど、楽かと言うとそうでもありません。
 先輩たちが服を脱いで全裸になっているのに、下級生が服を着ているわけにはいかず、3人の1年生は、全裸で待機をしなければなりません。脱衣所の隅で3人並んで素っ裸のまま直立をし続けるのです。
 みんな裸だし、先輩は1年生のことをあまり見ないので、そんなに恥ずかしいということもないのですが、それでもやはり、慣れるまではそわそわしてしまいます。
 脱衣の時もお風呂に入る時も、先輩たちは楽しそうにお喋りをしています。対する1年生3人は私語厳禁。無言です。
 同じ裸であっても、身分の違いは歴然としていました。
 まあそんなことは今更の話です。しかし、脱衣所に入ってきた先輩集団の中に早希ちゃんの姿を見付けた時は、複雑な心境にならざるを得ませんでした。
関連記事
おもしろいです!

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。