スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレズ女子寮14 キスとクリトリス弄り

 キスをしながらのクリトリスの弄り合いは、かなりの間 続きました。正確な時間は分かりませんが、30分は軽く越えていたのではないかと思います。
 そのうち私たちはキスをしつつお互いの身体を抱き締め合いました。
 クリトリスを弄りながらも、自分の太ももを相手の太ももに擦り付けたりしていました。

 胸と胸は押し合いをしている状態です。瑞穂先輩の胸は平均より少し大きいくらいなんだと思いますが、私の胸は平均より少し小さいくらいなので、その差は結構なものでした。だから、押し合いみたいな状態だと、私の胸が先輩の胸に呑み込まれるような感じになっていました。
 胸と胸が当たっていると、瑞穂先輩の乳首が完全に勃起しているのがよく分かりました。
 なにしろ私は全裸ですから、私と瑞穂先輩を隔てているのは、瑞穂先輩の下着とジャージしかないのです。服の上から触っているようなもので、瑞穂先輩の乳首の硬さをはっきりと感じ取ることができました。

 30分以上もキスとクリトリス弄りを続けていたのですが、何度かは中断がありました。
 唇を離して、息を整えがてら、瑞穂先輩は私の首筋に顔を寄せて、舐めてきたりもしました。
 私もそれを真似して、瑞穂先輩の首に舌を這わせました。
 まあ、そういうのは時々やるくらいで、またすぐに唇同士を合わせて、濃厚なキスを交わすことになるのですけれど。

 中断が一番長かったのは、瑞穂先輩が下のジャージとパンツを脱いだ時でした。
 私にクリトリスを弄くり回された瑞穂先輩は、やがてたまらなくなったようで、一旦キスをやめて、ジャージのズボンとパンツをもどかしそうに脱いだのです。
 脳内が官能に染まっているせいなのか、なかなか思うように手が動かなかったらしく、パンツを脱ぐのに結構 手間取っている様子でした。

 なんとか下半身裸になった瑞穂先輩は、何かに急き立てられているかのように、再び私に抱き付き、唇を奪ってきました。そして、瑞穂先輩の太ももが、絡み付くように私の足を挟んできます。
 私はすぐに瑞穂先輩のクリトリスを触ってあげました。すると先輩も私の股間に手を伸ばし、クリトリスを弄ってきます。
 私たちはまた時間を忘れてお互いの身体を貪りました。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。