スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレズ女子寮13 ディープキス

「はぁ、ああぁ……」
 私が指を動かすと、瑞穂先輩は気持ち良さそうに喘ぎました。
 なんか可愛いです。
 指の先には、硬くなったクリトリスの感触があります。やはり愛液でぬるぬるです。掌に当たっている陰毛も、たっぷりと濡れています。
 陰毛は結構 生えていました。すっかり大人の身体になっているって感じです。

 瑞穂先輩は、私と顔の距離を縮めてきました。すでに間近で向き合っているのに、それでもなおです。
 何か囁くつもりなのかなと思って、私はじっとしていましたが、瑞穂先輩は止まることなく私に接触しました。具体的には唇と唇がくっ付きました。

「んっ」
 と鼻に掛かった声を漏らしながら瑞穂先輩は舌を差し込んできました。
 私は思わず唇を固く閉じ、先輩の舌を拒みました。
 怒られるかなと思いましたが、瑞穂先輩は、強引に割り入ってこようとはせず、私の唇を舐め回しました。
 あっという間に唇とその周りが唾液まみれにされます。

 そうして私の意識が唇に集中した時を見計らったのか、瑞穂先輩は前触れなしにまた私のクリトリスに触れました。
「あうう」
 私はたまらず口を半開きにして官能に悶えました。
 すかさず、瑞穂先輩に唇を塞がれました。
「ん、んんっ」
 私はキスをされたまま声を上げましたが、まともな言葉にはなりませんでした。
 しかもすぐにそれどころではなくなります。瑞穂先輩の舌が私の口内に侵入してきたのです。
 初めて感じる他人の舌は、想像していたよりもずっとぬめぬめしていて、まるで何か別の生き物のようでした。
 瑞穂先輩も私の舌を同じように感じているのでしょうか。気になったけれど、質問することはできません。私の口の中は、瑞穂先輩の舌に占領されているのです。

 歯茎や歯の裏を舐め回され、さらには舌を絡め取られました。私は舌を奥に引っ込めていたのですが、それには限界があり、瑞穂先輩の舌によって容易に捕らえられてしまいました。
 舌と舌が絡み合い、舐められていると、私も官能的な気分に支配されていきました。
 女の子同士のディープキスに憧れがあったこともあり、気付いたら私の方からも舌を動かしていました。
 舌同士を押し付け合い、お互いの口内を味わい尽くします。そうしながら、私たちは相手のクリトリスを指で擦りました。
「んんん」
 と、ふたりともが、言葉にならない声を上げます。
 唇の端からは涎が垂れ流れていました。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。