スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

イジメレイプ1 陰毛晒し

官能小説投稿:下柳さん

レイプ小説(輪姦小説)一覧

 俺のクラスではいじめがある。高校二年生にもなっていじめに興じるのはどうかと思うが、しかしよく考えてみると大人の世界でもいじめくらいはいくらでもあるのだから、別におかしなことではないのかもしれない。
 俺のバイト先では、おばちゃん同士のいがみ合いなんてしょっちゅうだし、それが発展していじめになるなんてこともよくある。いい年をした大人が、同じくいい年をした大人をいじめる。いやがらせをする。事あるごとに嫌みを言ったり、無視をしたり、連絡事項をわざと不十分に伝えたり、そのやり方は高校生のいじめと変わらない。中学生とも変わらないだろう。大人も子供も、精神的にはそう変わらないらしい。
 まあとにかく、俺のクラスではいじめが起きている。最初はよくある嫌がらせがメインだった。4月のことだ。でも、だんだんと悪化していった。クラスのリーダー的存在がいじめの主犯格であり、そいつがどんどんいじめに積極的になっていった結果、クラス全体でのいじめへと発展していった。

 ここまではよくある話なのかもしれない。しかしいじめているのは容赦のない女で、いじめられている方はすべてを諦めきっていた。いじめられているのはかなりの美少女だった。で、際限なくいじめがエスカレートしていくと、女同士のいじめでしかなかったそれは、少しずつ性的ないじめへと変化していった。いじめの主犯格である女は、男にも手を出させるようになったのだ。クラスの男子の中でも不良っぽい奴らが特に積極的にいじめの輪へと加わった。5月に入ってからのことだ。
 いじめられていた女子は翔子という名前だった。翔子は、男にも嫌がらせをされるようになった時、かなりショックを受けていたようだったが、あまり抵抗らしい抵抗はしなかった。何を言ったところでどうにもならないことは、すでに女同士のいじめの段階で学んでいたのだろう。

 不良男たちは最初はあまり派手なことはしなかった。スカートを捲ったり、制服の上からちょっと胸を触ったり、まあそれくらいだ。翔子がどれくらい騒ぎそうか、様子を見ていたのだと思う。それで翔子が大人しくしているものだから、彼らが調子に乗るは必然だったろう。とはいえ、いきなりレイプが起きるようなことはなかった。女同士のいじめがそうであったように、不良たちの残酷な行為も、少しずつ段階を踏んでいった。
 スカート捲りの次に起こったのは、パンツ脱がしだった。放課中の教室。一人がスカートを捲り上げ続け、もう一人がパンツに手を掛けて一気に下ろし、足首から抜き取る。翔子はパンツを膝の辺りまで脱がされた時、パンツを掴んで引き戻そうとしていたが、男の力に敵うはずはなかった。
 しばらくスカートを捲り上げられたまま翔子は晒し者にされた。その場にいたクラスの男子は、突然訪れた幸運に感謝しながら、翔子の陰毛を目に焼き付けていた。女子はといえば、半分は翔子を笑い物にして、もう半分は気まずそうに顔を逸らしていた。
 翔子はスカートを戻そうとしたが、主犯格の女に注意され、さらに不良男から罵声を浴びせられると、諦めてスカートから手を離した。彼女は、自由になった両手を顔に持っていき、さめざめと泣いた。授業開始を告げるチャイムが鳴るまで彼女は陰毛を晒されていた。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。