スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

女子高生痴漢 5話 パンツの中

 権藤先生の手が、あたしのパンツの中に入ってきた。
 あたしは全身を硬直させた。こんなのは今までになかったことだ。ずっとパンツの上から触るだけだったのに……。

 権藤先生は、パンツの中に手を忍ばせると、指先を滑らせて、あたしの肛門に触れてきた。
 最初は軽い接触だけで、ほとんど撫でるみたいな触り方だったけれど、その動きはだんだん大胆になってきて、ついにはアナル表面を揉み込んできた。

 あたしは、今にも指で肛門を貫かれるのではないかと、気が気ではなかった。
 先生の中指は、まるであたしを怯えさせることが目的であるかのように、時折 力を入れて肛門を押すような素振りを見せた。
 そのたびにあたしは肩を少しだけ上げて、恐怖を露わにしてしまう。それが権藤先生の目を楽しませることになるのだと分かっていても、どうしても反応してしまうのだった。

 そうやって何度もフェイントで脅された後、本当に肛門内部に侵入されることになった。権藤先生の中指は、それまでの威嚇と同じように、窄まりの中心を軽く押していたが、この時はそこで引かず、さらに力が加わっていき、腸内へと押し進んでいったのだ。

 全く濡れていない直腸粘膜を指で無理やり擦られるのは痛かった。激痛というわけではないけれど、表情が歪むくらいには痛い。

 あたしは恐くなった。先生があたしの痛みをどこまで理解しているのかが分からないため、もっと無茶なことでも平気でするのではないかと心配になったのだ。
 権藤先生があたしの身体を気遣うことは有り得ないけれど、激痛を与えれば痴漢が成立しなくなるのはさすがに分かっているだろうから、あたしが痛がっていることに気付いているのなら、今以上のことはしてこないだろうと思う。でも、権藤先生がその辺りのことに気付いていなかった場合、それと知らずにあたしに痛みをもたらすこともあるだろう。
 それが恐かった。

 指が根元まで突き込まれると、権藤先生が動きを止めたので、痛みは感じなくなったが、直腸に指を突っ込まれたままであるため、その違和感は強烈だった。
 肛門に意識を集中しているせいか、独りでに窄まってしまうことがあり、先生の中指を食い締めてしまうことがあった。直腸を反応させてしまっていること自体からして恥ずかしかったし、官能を得ているかのように思われるのも嫌だったけれど、どうにも防ぎようがなく、数秒に一度は肛門を収縮させてしまう。

 これから権藤先生がどうするつもりなのか全く分からず、あたしはお尻に指を突っ込まれたまま立ち尽くしていた。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。