スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

女子高生調教 3話 全裸に縄縛り

 射精を終えて先生はようやくSM小説を閉じた。
 そして短く言った。
「どけ」
 女生徒にフェラチオを強要しておいてこの言い草はあまりにもあんまりだけれど、別に珍しいことではない。先生はこういう人間なのだ。正真正銘のクズ男。

 あたしは後ろに下がって床に正座した。
 先生はソファから立ち上がって、棚に手を伸ばした。
 しばらくごそごそと棚を漁ってから取り出したのは、太い縄だった。
 あたしを縛るつもりらしい。
 さっきまで読んでいたSM小説にそういう場面があったのだろうか?

「とりあえず全裸だな。早くしろ」
「分かりました……」
 あたしはセーラー服を脱ぎ、胸を手で隠しながらブラを外した。
 先生には散々裸を見られているけれど、見られることに慣れることはできなかった。あたしの心が慣れることを拒否しているのかもしれない。慣れてしまった方がいくらか楽になるのだろうが、そう簡単には割り切れるもんじゃない。
 まあ、とはいえ、手で胸を覆っていたって、いつまでも隠しきれるわけではないのだけど。

 スカートもパンツも脱いで全裸になると、あたしは左手で胸を隠し続けながら、右手で股間を隠した。
 しかし、先生に「気を付け」と言われ、はかない抵抗もできなくなる。
 両手を真っ直ぐに伸ばして、身体の横に付ける。
 乳首も陰毛も丸出しの格好。
 何度目だろうと同じことで、初めての時のように恥ずかしくて顔が赤くなってしまう。

 先生はあたしの背後に回った。
「手を出せ」
「……はい」
 後ろにやった手を乱暴に掴まれ、不安感が増した。
 拘束されるのは初めてじゃないけど、おもちゃの革手錠とか、ちゃちなビニールロープとか、使われたのはそのくらいだった。こんな、いかにもSMっぽい縄での拘束は初めてだ。

 先生は、あたしの手首に縄を掛け、強く引き絞った。
 手首が痛いくらいに締め付けられる。
 縄はさらに肘に掛けられ、肩に通され、あたしの身体の正面にまで回され、胸に巻き付けられ、また背中側に戻り、肩、肘、手首へと掛けられていく。
 あたしの上半身は、縄で徹底的に拘束されてしまった。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。