スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレイプ教師 19話 処女喪失

 すでに夜の10時を過ぎていたが、京子をプレハブ小屋に入れて正座させると、俺は得意げに説教を再開した。
 それまでの京子ならば、悔しそうな目で俺を睨んだものだが、この時ばかりは肩を震わせながら目を伏せていた。

 散々に説教をしてから、俺は、頃合を見計らって本題を切り出した。
「学校には黙っておいてやろうか? 担任にも学年主任も教頭にも報告しなければ、今回の件はこの場で終わりってことになるぞ?」
 そう聞いても京子は俯いたままだった。
 俺は構わず続けた。
「ひとつだけ条件がある」
 ここで身体を要求しても、あるいは応じてきたかもしれないが、俺は慎重を期してこう言った。
「1ヶ月間、俺が監督をしているバレー部に入れ。そこで根性を叩き直してやる」
 バレー部員なら好きなだけケツをぶっ叩ける。そういう理由もむろんあった。京子はそう解釈しただろう。
 だが狙いは別のところにあった。
 京子はそれに気が付かず、恐る恐るといった様子で頷いた。

 彼女を待っているのは単なるしごきではなかった。
 俺はただのバレー部の監督ではなく、学園を支配しているレイプ魔なのだった。

 翌日からさっそく練習に参加させたが、京子は当然 付いていけず、部員の足を引っ張ることになった。
 彼女がミスをすると俺はそのたびに部員全員に尻を出させた。
 程なくして京子は部内でも浮くようになった。

 体育会系といえば開放的なイメージを持つ者もいるかもしれないが、実際は陰湿な集団に他ならない。人間社会に存在するすべての組織に言えることだが。
 俺の目の届かないところで京子は苛められていたらしい。別に隠れてやる必要はないんだけどな。眼前で嫌がらせをしていたところで止める気なんか更々ないんだから。

 まあ、とにかく、そんな辛い部活生活を京子は1ヶ月耐えきった。万引きを黙っていて欲しいというだけでなく、どうやらこれが自分への正当な罰だと受け止めているようだった。正義の塊。
 とはいえ、自分から親や学校に言う気はない辺り、別に完全無欠の聖人君子というわけでもないのだろうが。しかしそれにしたって、充分に浮き世離れした正義感だと言えるだろう。

 俺は、頃合良しと見て、京子を脅迫することにした。
 危険な女であることは承知していたが、どうしても京子の処女をぶち抜きたかったのだ。

 脅迫材料は揃っていた。
 万引きだけではない。それだけではいくらなんでも心許ない。
 プレハブ小屋の地下には、京子の排泄動画が1ヶ月分 溜まっていた。
 バレー部員となっていた京子は、当然 部室棟に隣接しているトイレも日常的に使うことになる。バレー部に参加させた一番の理由がこれだった。
 万引きの事実と排泄動画の合わせ技で脅され、大正義女子高生は哀れにも処女を散らした。

 そして現在。
 岡部京子は俺に逆らうことができなくなり、屈辱に震えながらも身体を差し出すSM奴隷になったのだった。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。