スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレイプ教師 18話 往復ビンタ

 店に入って京子の姿を確認するなり俺は彼女に強烈なビンタを浴びせた。
 京子は椅子から転げ落ちて、床に這い蹲った。そして泣きながら俺に対して謝罪の言葉を繰り返した。
 ずいぶんと精神的に弱っているようだった。学校で孤立して、人生で初めて非行に走った直後なのだから、まあ自然なことなのかもしれないが。
 俺は許さず、怒鳴りながら強烈な往復ビンタを見舞った。
 京子の目から涙が弾けた。

 もちろん怒っているのは演技だった。生徒が万引きをしようとレイプをしようと人を殺そうと、俺にはどうでもいいことだ。
 しかし弱みを晒した京子に付け入らない理由はない。
 俺は何度も怒鳴り声を上げ、彼女の頬を打った。
 演じているうちに何故か本当に腹が立ってきて、気付いたら俺は何人もの店員に身体を押さえられていた。

 このおかげで京子は充分な罰を受けたと店員は思ったらしく、親への連絡も任せると言って、京子を俺に明け渡してくれた。
 京子は親に知られることをひどく恐れているようだった。
 おそらく、他の生徒に知られることも同様に恐れいていただろう。
 学校で孤立しているとはいっても、それは正義を押し通した結果なのだ。だからまだ格好は付く。しかし、万引きしたことがバレてしまっては、その根底が崩れてしまう。心底からの軽蔑に晒される勇気はさすがにあるまい。

 俺は京子を車に乗せて学校に戻った。
 京子は逆らおうとはしなかった。
 まあそうだろう。店からの連絡を受けたのは俺だし、迎えに行ったのも俺だ。俺の意向次第で処罰が変わるかもしれない。正義感の塊の京子といえども、そういう計算はあったに違いない。

 車を運転している間、京子は助手席でずっと啜り泣いていた。
 学校に着くまで俺は彼女に説教をした。レイプ魔の俺が口にするのもおかしな話ではあるが、お前は窃盗犯なんだぞ、とか、他人の迷惑を少しは考えろ、とか、いかにもな言葉を並べ立てた。
 京子は、俺に何かを言われるたびに、すみません、と泣き声で謝った。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。