スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレイプ教師 16話 性奴隷

 ソフトボール部員40人を相手にした昨日のスパンキングプレイで頑張りすぎたため、俺の両腕は筋肉痛に襲われた。
 だるかった。今日は何もやる気が起きず、体育の授業は、生徒に延々と準備体操をやらせることにした。俺はプレハブ小屋から時々様子を確認するだけだ。
 仕事で手を抜こうと思えばいくらでも抜ける。教師の特権だった。
 しかし生徒たちの方はサボれない。俺に見付かったらとんでもない目に遭わされることは明らかだからな。
 プレハブ小屋の窓の外で、ブルマ姿の少女たちは必死に準備体操をしていた。
 俺はすぐに見飽きてソファで眠った。夢の中で準備体操の掛け声が聞こえてきたような気がした。

 放課後になると、生徒会長の岡部京子がプレハブ小屋にやってきた。
 今日は水曜日。京子をレイプする日だ。
 俺は、犯す女を曜日ごとに決めている。まあ気分次第でローテーションを崩すこともあるし、その女だけで満足できなかった場合は、中継ぎや抑えを登板させることもあるのだが。

「よろしくお願いします」
 と岡崎京子は言って、頭を下げた。
 悔しい想いが声に滲み出ているが、態度は至って従属的だ。
 数ヶ月前なら考えられない。

 岡崎京子は、表立って俺に反抗してきた珍しい生徒のひとりだった。
 この学園に来てから20年、そんな生徒は数えるほどしかいなかった。
 学園の支配者を敵に回すことがどういうことか、分かっていなかったわけではないだろうに、彼女は体罰を糾弾し、俺を責め立てた。
 ちゃんとした理由で罰を与えるのならともかく、俺のやっていることは理不尽な暴力にすぎず、生徒のためにやっているとは到底思えない、とかなんとか。
 まあ、まったくもってその通りなのだが、それを俺に向かって言う者は少ない。
 京子は、間違ったことが許せない、という性格をしているらしかった。

 しかし彼女の追求が実ることはなかった。
 理事長の親類である俺に鉄槌を下すことなんて最初から不可能なのだ。

 逆に京子は自らの立場を危うくし、退学寸前にまで追い詰められることになった。教師を陥れようとした不届き者になってしまったわけだ。
 俺が手心を加えてやったから、本当に退学になることはなかったが。

 もちろん俺に慈悲の心があったわけじゃない。京子を学園に留めていなければ報復ができない。ゆえに退学だけは許してやったのだ。
 京子としては、この時点で退学になっていた方が、幸せな人生を歩めただろう。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。