スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子高生のおっぱいは良いものだ。張りがあって形が崩れていない。乳首の色素も薄い。ちょっと弄くるとすぐに勃起する感度の良さもたまらない。
30を過ぎるとおっぱいが垂れてくるし、なんか感触も変わってくるような気がする。柔らかくなりすぎるというか。まあそういう風に思っているからそういう風に感じるというのもあるかもしれない。気のせいというやつだ。
実際、女子高生でもおっぱいが垂れている子は普通に居る。乳首も黒に近い茶色だったりして溜息を吐きたくなったことがある。もちろんその場では我慢したが。結局は年齢よりも個人差の方が大きいのかもしれない。
オマンコの形にもだいたい同じことが言える。若い方が綺麗だとは思うが、やっぱりそれは人によるだろう。女子高生でもグロマンの子は居るし、ピンク色の幼さを残した美マンの人妻も居る。
こういうのは顔の善し悪しともあまり関係がないので、裸にしてみるまでは分からない。頑張ってエッチまで持ち込んだ後にやっと真価が分かる。なんとも不便な世の中だ。ガッカリさせられることは少なくない。しかしだからこそ、当たりくじを引いたときの快感が増すと考えることもできる。おっぱいやおまんこと同じく、考え方や捉え方もまた人それぞれなのだ。

コメントの投稿

援交している女子校生たちの日常風景

 友達と一緒に援交で初体験を済ませて以来、私は週に2回は援助交際をしています。出会い系で適当におじさんを釣って、セックスをしてお小遣いを貰う。それだけ。簡単なものだ。ほとんどのおじさんは、女子高生である私の身体を高く評価していて、とても優しくしてくれる。だから私は良い気分でエッチに励める。フェラチオはあまり好きではないが、頼まれれば断るほどではない。基本は一対一でラブホテルに行ってセックスをする。たまに、ラブホ代を浮かそうとカーセックスを要求されることもあるが、そういうセコイおじさんとはすぐにお別れをする。一対一の方は、必ずしも絶対条件ではない。3Pの経験はある。そんなに良いものではないが、まあ、有りと言えば有りだろう。男が複数だとなんだか恐い気もするが、今のところ、危ない目に遭ったことはない。これからも大丈夫だろう、多分。
関連記事
女子高生のおっぱいは良いものだ。張りがあって形が崩れていない。乳首の色素も薄い。ちょっと弄くるとすぐに勃起する感度の良さもたまらない。
30を過ぎるとおっぱいが垂れてくるし、なんか感触も変わってくるような気がする。柔らかくなりすぎるというか。まあそういう風に思っているからそういう風に感じるというのもあるかもしれない。気のせいというやつだ。
実際、女子高生でもおっぱいが垂れている子は普通に居る。乳首も黒に近い茶色だったりして溜息を吐きたくなったことがある。もちろんその場では我慢したが。結局は年齢よりも個人差の方が大きいのかもしれない。
オマンコの形にもだいたい同じことが言える。若い方が綺麗だとは思うが、やっぱりそれは人によるだろう。女子高生でもグロマンの子は居るし、ピンク色の幼さを残した美マンの人妻も居る。
こういうのは顔の善し悪しともあまり関係がないので、裸にしてみるまでは分からない。頑張ってエッチまで持ち込んだ後にやっと真価が分かる。なんとも不便な世の中だ。ガッカリさせられることは少なくない。しかしだからこそ、当たりくじを引いたときの快感が増すと考えることもできる。おっぱいやおまんこと同じく、考え方や捉え方もまた人それぞれなのだ。

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。