スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

ウンチをしている瞬間のJK

 下校中、急にお腹が痛くなった私は、やむを得ず堤防沿いの草むらに入りました。1メートル以上の草に覆われているその茂みならば、誰にも見られることなく排便できると思ったからです。女子高生にもなって野糞なんて冗談ではありませんが、家まで我慢なんて到底できそうになく、迷っている余裕すら残されていませんでした。なので、周囲に対する警戒はちょっと不十分だったと思います。
 私は、あらかじめスカートのポケットからティッシュを取り出しておき、それを手に持ったままパンツを下ろし、スカートを捲り上げて、草むらにしゃがみ込みました。便意は限界に近かったので、すぐに液状のウンチが肛門から噴き出しました。
 その時です。なんとなく後ろから気配を感じて、肩越しに振り返りました。10メートルくらい離れた位置に、男の人が立っていました。30歳くらいだったでしょうか。彼は呆然と立ち尽くしていました。私の後を追って茂みに入ってきたわけではなく、散歩か何かをしていて偶然居合わせたようでした。私と目が合うと、その男の人は、気まずそうに視線を逸らし、反転して立ち去りました。その間も私のお尻からはビチ糞が噴出し続けていました。たぶん臭いは届いていなかったでしょうが、音はしっかりと男の人に聞かれてしまったと思います。私はゆっくりと前に向き直りました。あまりの羞恥に手の震えが止まりませんでした。しかし下痢便は出し切らないといけません。私はさらに3分以上はそこで踏ん張り続けました。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。