スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

緊縛JKが苦しみに喘いでいる

 誘拐された時のことを思い出すと今でも震えがくる。10年前。女子高生の時のことだ。下校中に私は拉致された。ワンボックスカーの横を通り抜けようとした際に、いきなり扉が開き、数人の男たちによって、車内に引きずり込まれたのである。
 その次の日に解放されたわけだけど、監禁中は恐怖しかなかった。平凡な学校生活から一転して、犯人の気持ちひとつで殺されかねない状況。尿を漏らしてしまっても、決して恥ずべきことではないと思う。
 縄できつく縛られたのも辛かった。身動きが取れないだけでなく、縄が皮膚に食い込んで痛かったし、胸やお腹を圧迫されて息も苦しかった。古い縄だったせいなのか、緊縛されて少し経つと、肌が痒くてしょうがなく、これも非常に苦痛だった。
 犯されなかったのが唯一の救いだ。両親は犯人の要求通りに身代金を払ってくれたらしい。そのおかげで、翌日には処女のまま解放された。別にこれは犯人たちが誠実だからではないだろう。強姦すれば罪が重くなるし、後で警察に通報される可能性も高くなる。だから私を犯さなかったというだけのことであり、犯人に感謝する理由はない。屈辱と恐怖とトラウマをたっぷりと植え付けてくれた彼らにいつか天罰が下されることを私は願っている。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。