スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子大生になっても私はまだ処女だ。けどアナルセックスの経験はある。
小学生の時に幼馴染みの男の子から迫られ、嫌々ながらも身体を許したのである。私自身は性に興味があったわけではなく、弱気な性格のために断ることができなくて押し切られてしまったのだが、ともかくそれが私の初体験だった。
彼は最初普通にセックスをしようとしたけれど、まだ幼い私の膣は準備ができておらず、うまくいかないようだった。それで代わりにアナルに入れられてしまった。
とても痛くて私は泣いた。彼がすぐに射精したのが救いだった。中に出されたけれど。
その後も彼は何かと理由を付けて私を家に呼び、アナルセックスを求めてきた。嫌われるのが恐くて何度か応じてしまったが、こっちの気持ちを全く考えない彼のことをむしろ私の方が嫌いになってきて、そのうちほとんど喋ることもなくなった。
そんな幼馴染みとのアナルセックスが唯一の性体験であることはもちろん誰にも言えない。大学では普通の処女で通している。

コメントの投稿

幼い女の子のバージンアナル

 恥ずかしながら僕は20歳を過ぎて童貞なのですが、アナルセックスの経験はあります。厳密には童貞とは言わないのでしょうか? まあともかく、挿入をしたことはあるのですが、相手は女子小学生でした。自分も男子小学生でしたが。彼女は幼馴染みで、結構 仲が良く、性に興味を持ち始めた僕に言われるまま身体を許してくれました。
 まだ幼かったせいか、彼女のロリマンコは小さく、チンコを入れようとするとかなり痛がるので、僕は代わりにアナルに挿入しました。そっちでも彼女は痛がっていましたが、マンコよりはマシだと思ったのか、懸命に耐えていました。初体験ということもあり僕はすぐに射精しました。腸内に精液浣腸された彼女は、1分後くらいに肛門からピュッと精液を噴き出していました。
 それからは、数ヶ月に一回くらいの頻度でアナルセックスをしました。彼女の方はあまり乗り気ではなかったようですが、僕は気付かない振りをして、半ば強引にアナルセックスに持ち込んだりもしました。
 中学生になってからは何故か避けられるようになり、それっきりです。
関連記事
女子大生になっても私はまだ処女だ。けどアナルセックスの経験はある。
小学生の時に幼馴染みの男の子から迫られ、嫌々ながらも身体を許したのである。私自身は性に興味があったわけではなく、弱気な性格のために断ることができなくて押し切られてしまったのだが、ともかくそれが私の初体験だった。
彼は最初普通にセックスをしようとしたけれど、まだ幼い私の膣は準備ができておらず、うまくいかないようだった。それで代わりにアナルに入れられてしまった。
とても痛くて私は泣いた。彼がすぐに射精したのが救いだった。中に出されたけれど。
その後も彼は何かと理由を付けて私を家に呼び、アナルセックスを求めてきた。嫌われるのが恐くて何度か応じてしまったが、こっちの気持ちを全く考えない彼のことをむしろ私の方が嫌いになってきて、そのうちほとんど喋ることもなくなった。
そんな幼馴染みとのアナルセックスが唯一の性体験であることはもちろん誰にも言えない。大学では普通の処女で通している。

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。