スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

レズアナル教師 8話 変態アナル娘

 同じように開発しても、どんなプレイが一番感じるかは人それぞれだ。
 アナルが一番感じる子もいるし、クリトリスが一番感じる子もいる。中には他のプレイが好きな子もいる。

 今日 私の元を訪れたのは、浣腸が好きな少女だった。
 一橋桃子ちゃん。2年生。読書好きの図書委員。大人しくて恥ずかしがり屋さんなんだけれど、だからこそ浣腸プレイに感じるものがあるらしい。

 彼女はクリトリスよりもアナルを弄られることを好む。なぜなら、排泄器官の方が恥ずかしいから。さらに彼女はアナル弄りよりも浣腸されることを好む。なぜなら、弄られるより排泄する方が恥ずかしいから。
 桃子ちゃんの官能は羞恥で成り立っており、羞恥こそが絶対の基準だった。

「先生……」
 桃子ちゃんは弱々しく言った。
 いつも控え目な感じで話す子だけれど、今はその傾向がより強くなっている。
 それも当然で、彼女は全裸で私にお尻の穴を見せるという恥ずかしい格好をしていた。冷たい床に裸足で立ち、私に背を向けて上半身を前に倒し、馬跳びの台になっているかのような姿勢を取っている。
 そして桃子ちゃんの手は後ろに回され、あまり肉の付いていない小さなお尻を割り開いていた。
 自らの手で肛門を露出させているのだから、恥ずかしくないはずはない。声も普段以上に小さくなろうというものだ。

 私は椅子に腰掛けて桃子ちゃんのアナルを観賞していた。
 突き出されたお尻は、私のすぐ目の前にあった。高さもばっちり合っている。
 桃子ちゃんのオマンコは、いやらしいお汁を早くも垂れ流していた。
 私に見られているだけで感じているのだ。いや、あるいは、これからされる浣腸への期待から濡らしているのかもしれない。

 どっちにしろ、とんでもない変態だ。
 真面目な子ほど実はエッチなもの、なんていう偏見があるが、私の経験から言うと、まあそういう傾向もなくはないかな、という気はする。
 しかし桃子ちゃんはそんな程度の話では全く収まらない。
 これまで私が手を出してきた女の子たちの中でも3本の指には入るくらいの変態だ。

 まあ、女の子が変態であればあるほど興奮する私もまた変態なのだろうけれど。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。