スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

女子大生ブルマ特訓8 ブルマー食い込み

「睨んでる暇があったら、ブルマーを食い込ませろ! 勝手に直した分 以上に食い込ませて、反省したってところを証明しろよ! それくらい、言われる前にやれ!」
「は、はい」
 罵声を浴びせられ、私は慌てて中腰から直立になろうとした。
 しかしマネージャーに背中を突き飛ばされ、床に倒れ込んでしまう。
「この馬鹿! やり直し!」
「す、すみせまんでした!」
 理不尽この上ないことだったが、しかしこの場は逆らうべきではない。
 私は起き上がり、再び中腰になって、膝に手を着いた。今度は、中腰のままブルマーに手を伸ばす。
 さっきは姿勢を変えたのがいけなかったのだろう、と思ったからだった。
 だがこれもまた間違いだったようで、マネージャーは私に強烈なビンタを見舞った。結構な力が入っていて、頬がジーンと熱くなった。
「いい加減にしろ! 勝手に動いていいなんて、誰が言ったんだ!? ブルマーを食い込ませたかったら、あたしに頼むんだよ! そんなことも分からないのか!?」
 分かるはずはない。そう思いながらも、私は手を膝に戻し、マネージャーに言った。
「すみませんでした。私が間違っていました。ブルマーを食い込ませてください。お願いします」
 声が若干 震えてしまったかもしれない。正直なところ、あまりの屈辱に泣きそうだった。いい年をして、まさか中学生に泣かされるわけにはいかないので、必死に我慢する。
「そうじゃないでしょうが!」
 マネージャーは怒鳴り声を上げて、私のお尻を叩いた。最初とは違い、強めの叩き方だ。大きな音が鳴った。
「ありがとうございます!」
「本当にありがたいと思ってんの? おまえってさ、口だけだよね。気持ちが全然 伝わってこない。今のも、なんなの? ブルマーを食い込ませろ? はあ? 何度も間違えておいて、その程度で済ませようっての? 反省してるんなら、そんな言葉は出てこないでしょ、普通。なに予定通りに事を運ぼうとしてんの? もっと罰を受けなきゃって思えよ!」
 マネージャーは唾を飛ばしながら説教した。顔同士が間近にあるので、私の顔にいくらか唾が掛かった。
 拭いたい衝動をこらえるため、私は、膝を掴んでいる手に力を込めた。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。