スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

羞恥の全裸罰1 エロ懲罰宣告

 練習にミスが目立ったため、私はキャプテンから全裸罰を言い渡されました。高校の柔道部に入って約1ヶ月間、なんとか罰を逃れてきましたが、しかしどうやら年貢の納め時のようです。
 私は「はい! 全裸罰ありがとうございます! さっそく行かせて頂きます!」と部長に言い、柔道着のまま男子部の部室へ行きました。そこで素っ裸になるのが全裸罰なのです。
 今まで、同じ一年生が全裸罰を言い渡されるのを、何度か見てきました。みんな、青ざめた顔で女子部の部室を出て行き、10分後には顔を真っ赤にして帰ってきました。10分間、男子の部室で全裸になり立っている、という決まりがあるのです。
 私も、女子部の部室を出る時は、きっと顔が青くなっていたのだと思います。そして、帰ってくる時には、真っ赤になっていることでしょう。

「失礼します! 女子部の五十鈴です! 全裸罰を受けに来ました!」
 男子部のドアをノックしてから名乗ると、中から歓声が聞こえてきました。私は可愛くて男子に人気なので、大歓迎されるのは分かりきっていました。
 もちろん嬉しくはありません。恥ずかしくて屈辱的なだけです。
 しかし拒否することはできないのです。そんなことをしたら、退部になってしまいます。スポーツ推薦でこの全寮制の私立校に越境入学してきたというのに、退部になんてなったりしたら、学内に居場所がなくなってしまいます。事実上、退部はすなわち退学を意味します。だから、退部するなんて考えられないことでした。

 同期には、全裸罰を拒否した子が居ました。一度目は渋々と男子部の部室に行ってきたのですが、その時に泣きながら女子部の部室に帰ってきて、翌日にまた全裸罰を言い渡された時、泣き叫んで拒否したのでした。号泣してキャプテンに許しを求めた彼女ですが、それが認められることはなく、結局、退部してしまいました。その後、自然な流れとして学校も辞めてしまい、地元へと帰っていったのです。
 あんな風になるのだけは願い下げです。なんとかして全裸罰を完遂しなければなりません。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。