スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

小学生同士のセックス体験2 女児用ショーツ

 久川奈々は、白い布地に小さな赤いリボンが付いている女児用ショーツを履いていた。ショートパンツを脱ぎ捨てて、女児用ショーツを恥ずかしげもなく晒して立っている。
「それで? なんだっけ?」
 そう言って奈々は笑顔で水樹晴男を見た。
 ああ、と晴男は思った。こいつ、全部 分かった上でやってるな。俺の狙いも、自分が脱ぐことがどういう意味かも、すべて分かっていて、俺が戸惑うのを面白がっているんだ。
 馬鹿にされているようで、晴男はわずかに腹が立ったが、しかし、それなら話が早い、とも思った。この調子でパンツの中まで見せてもらおう、と思ったのである。
「あー、まあ、えっとさ」
「だから、なに?」
「パンツも脱ぐんだ」
「いいよ」
 晴男の言葉に奈々は頷いた。何でもないことのように振る舞っている。
「本当にいいの?」
 思わず晴男が聞いてしまうほどだった。
「でも、その代わりさぁ」
「な、なんだ?」
「晴男も脱いでよ」
「なんでだよ」
「あたしだけ脱ぐのは変でしょ」
「そんなことないって。全然 変じゃない」
「そっちが脱がないんなら、あたしも脱がない」
「なんでそうなる?」
「いーから。どうするの?」
「…………」
 晴男はわずかに逡巡してから大きく息を吐いた。
「分かった、分かった。脱ぐよ。だから、お前も脱げ」
「いいよ」
 と奈々は言った。
 性に興味津々なのは奈々も同じなのか、と晴男は思った。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。