スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

女子高生フェラチオ地獄1 拉致されて人質に

 女子高生時代に誘拐されたことがあります。身代金目当ての誘拐でした。要求された額は大きかったのですが、私の家はそこそこのお金持ちで、なんとか払うことができ、そのおかげで無事に解放されました。しかしお金持ちでなければそもそも誘拐されることはなかったでしょう。
 拉致された後、私が監禁されたのは、高級ホテルのスイートルームでした。身代金を当て込んでそんな部屋を借りたのかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。
 その辺の事情は私には分かりません。犯人は後日に逮捕されているので、状況を知ろうと思えばいくらでも知れますが、私はなるべくそういう情報には触れないようにしていたのです。
 覚えていても良いことは何もない過去です。早く忘れてしまうに越したことはないでしょう。
 犯人は7人も居ました。私が直接 見たのは7人ですが、ひょっとしたら、上から指示をしていただけの人とかも別に居たのかもしれません。
 とにかく私と接触があったのはその7人です。そして私は7人全員にフェラチオをしました。そうしないとレイプをする、と脅されたため、嫌々ながらもするしかなかったのです。

 見ず知らずの男のペニスを咥えるだけでも、それは相当に苦痛なことですが、私は処女でしたので、大泣きしてしまいました。
 嫌で嫌で仕方なく、嗚咽がどうしようもなく漏れてきて、フェラチオどころではありませんでした。咥えさせられている最中も、肩がヒクつき、鼻を啜り、くぐもった泣き声を上げていました。
 あまりの嫌がりように、男たちは呆れているようでした。
 しかし、そんな私の状態に興奮したのか、最初の男は、驚くほど早く射精しました。
 口の中に精液をぶちまけられて、私は慌ててペニスを吐き出し、床に吐き出しました。
 飲み込むように命令されていたのに、それを果たせず、見物していた男のひとりが逆上し、私の頭を掴み、床の精液に顔を押し付けてきました。
 私は泣き喚きながら謝罪して、男に言われるまま、床に舌を這わし、精液を舐め取りました。
 そこからはもう無我夢中で、新たに突き出されるペニスを、必死になって口に含んでいきました。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。