スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

催眠術で精液ぶっかけ2 キスしながら割れ目に射精

 柳沢はさらに尋ねる。
「具体的には、どうすればいいんでしょう?」
「うん。パンツを下ろして、スカートを捲ってくれればいいから。あとはこっちで勝手にやるよ」
「はい、分かりました」
 彼女は素直に頷き、スカートの中に手を入れた。そしてすぐに手を下げていく。彼女の指には、白いパンツが引っ掛かっていた。パンツを少しだけ下げると、真っ直ぐに立って、俺に見せ付けるようにしてスカートを捲り上げる。
 薄目の陰毛が丸見えになっていた。
 パンツは、股間の直下で止まっている。これなら、割れ目から精液が垂れ落ちても、パンツで受け止めることができるだろう。
「これでいいですか?」
「いいよ」
 いつも強気だった柳沢が股間を丸出しにしている光景に、俺はペニスを勃起させた。ズボンとトランクスを下ろし、さっそくしごき始める。
 俺がオナニーをしている間、柳沢は無表情で立っていた。
 あまりの無防備さに、俺は思わず彼女にキスをした。それでも抵抗はない。
 唇の柔らかさを味わった後、舌を差し込んでみる。
 柳沢は、自ら口を開いて、俺の舌を受け入れた。
 催眠術のせいだと分かっていても、生意気だった柳沢の従順な態度が、妙に愛おしく感じる。ペニスをしごく手の動きが、自然と速くなる。
 ああ、俺は女子高生とディープキスをしながら、オナニーをしているんだ。
 そう思うと、快感は嫌でも増した。
 俺は、柳沢の割れ目にペニスの先端が触れそうなくらい近付けて、射精した。
 精液が噴き出すたびに、蕩けるような快感がペニスを駆け抜ける。あまりの気持ち良さに、いつも以上の量を発射してしまった。
 俺の精液は、柳沢の割れ目に直撃した後、すぐに垂れ流れていき、パンツに染みを作っていった。
 射精を終えた俺は、トランクスとズボンを上げながら、柳沢に言った。
「このままじゃ、パンツから漏れちゃうね。ブルマーも履いておこうか」
「はい」
 柳沢は、俺に言葉に従って、自分の鞄からブルマーを取り出し、迷うことなく履いた。パンツの中は精液まみれで、さぞ不快な感触がするだろうに、それを態度に出すことはない。
「よし、帰っていいよ。3日は風呂に入らず、パンツとブルマーも替えないでね」
「分かりました」
 柳沢は無表情で答え、教室を出て行った。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。