スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

ヤクザの誘拐レイプ2 処女喪失

 開脚した状態で椅子に縛り付けられているため、男が手を伸ばしてきても、私は逃れることができなかった。
 男の手が私の股間に触れる。男は、手の平で陰唇をピタピタと軽く叩いた。
 性的な仕草では全くなかった。馬鹿にされているのは明らかで、私は、恥ずかしさもあって、一気に頭に血が上った。
「や、やめなさい!」
 思わず口から出た抗議の声は、様々な感情の高ぶりのせいで、かすれ気味になってしまった。
 男たちは、私を見て薄ら笑いを浮かべていた。私の反発は、彼らを面白がらせる効果しかなかったようだった。
 確かに、大股開きで股間を晒している状態で、叱り付けるような言葉を吐いても、滑稽なだけかもしれない……。

 その後も男たちは私の股間に触れてきた。やはり、性的な狙いは感じられず、ただ挑発しているだけのようだった。私の反応を面白がっていたのだ。
 私は、それが分かっていても、陰唇に触れられて黙っていることはできず、「やめなさい!」とか「いい加減にして!」とか声を上げていた。恐怖と羞恥と怒りで、頭がおかしくなりそうだった。この時点でよく泣き出さなかったものだと思う。もういつ感情が爆発してもおかしくない状態ではあったのだけど……。
 しかしこんなものはただのお遊びでしかないことを、私は直後に思い知ることになる。

 彼らのうちのひとりが、ズボンを下ろし、パンツを下ろした。
 犯されようとしていることは明白で、私は大声を上げた。
「やめなさい! こんなことをしてどうなるか、分かっているの!?」
 こんな言葉で男を止めることができると思っていたわけではないが、しかし他にどうしようもなかった。
 ひたすらに喚き立てたのは、自分の心が折れないようにするためでもあった。気を抜けば、彼らに哀願してしまいそうだった。泣いて頼んでも、レイプ劇が中断されるはずはないが、「もしかしたら」という思いが頭から消えなかった。非現実的な楽観論に傾かないよう、私は自らを奮い立たせる必要があったのだ。

 けれど、男のペニスが膣口に添えられると、さすがに言葉が出なくなる。息を呑んで、身体を硬直させてしまった。
(お願い、やめて……)
 か細い声でそう言いたくなった。実際にそれを言わなかったのは、別に私の意志によるところではなかった。私が再び口を開く前に、男がペニスを押し込んできたのだ。
 直前まで股間に何度か触れられてはいたが、前戯とか愛撫とかそういう類のものではなかったので、私のそこは全く濡れていなかった。
 男性経験が皆無の処女地に、何の準備もなく侵入されてしまったのである。痛みは強烈だった。身体の中を引き裂かれているかのようだった。初体験は痛いという事前知識がなければ、本当に身体を裂かれていると思っただろう。

 男はペニスを深々と挿入すると、すぐに引き抜いていった。そしてまた突き込んでくる。
 私が椅子に縛り付けられている姿勢のため、男の方は、中腰になって腰を前後させていた。きつい体勢だろうに、あまりに気にした様子はなく、快楽を堪能しているようだった。満ち足りた顔を見ればそれが分かる。多少の負荷が掛かる運動程度では何ともないくらい、男は鍛えられているのかもしれない。よく見ると、確かに体格が良かった。
 大柄で筋肉質の男に遠慮無く突かれたら、こっちは堪らない。乱暴な腰使いで膣内を抉り抜かれ、私は悲鳴を上げた。ひょっとしたら、男がピストン運動を始める前には、すでに悲鳴を上げていたかもしれない。たとえば、挿入された直後とか。明らかなのは、気付いた時にはもう泣き叫んでいたということだけだ。
 恐怖とか羞恥心とかなら、なんとか耐えることもできるが、圧倒的な激痛の前には、抵抗のしようがなかった。
「痛い! 痛い! やめて! もうやめて!」
 涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにしながら、同じような言葉を何度も繰り返す。
 しかし、私を犯している男は動きを止めないし、周りの男も、にやにや笑いを止めることはない。
 あまりにも絶望的な状況に、私は哀願するどころではなくなり、ひたすらに泣き濡れた。

 痛みと悲しみで頭がいっぱいになっていて、延々にぼろぼろと泣いていたせいで、男が腰の前後動を止めたことに、最初は気付かなかった。膣内に生温かい感触が広がったことで、初めてそれに気付いたのだった。
 膣内射精。鬼畜極まることに、男は何の断りもなく中に出したのである。
 なのに私はあまりショックを受けなかった。妊娠の可能性について考えが及ばないでもなかったが、そんなことよりも、とにかくこの激痛を伴うセックスが終わったことに、心の底から安堵していた。
 男がペニスを抜く際に、またしても鋭い痛みが走ったが、現金なもので、それほど苦痛には感じなかった。痛いことに変わりはなかったものの、これで終わりなのだと思えば、耐えることができた。
 私は再び泣き濡れた。安心のあまり泣けてきたのだ。肩が震え、喉が引きつり、しゃっくりのような声が出てしまう。

 男は苦笑しながら私から離れていった。
 入れ替わりで別の男が私の前に立ち、下半身を剥き出しにした。
 私は状況を呑み込めず、新たな男を見上げた。
 男は中腰になってペニスを陰唇に当てていた。
 後になって思うと、なぜ、最初の男だけで終わったと判断してしまったのか、自分でも理解できない。まあ、たぶん、混乱していたのだろう。
 私は周りを見た。
 室内には男が4・5人も居る。
 彼らすべてを相手にしなければならないことを悟り、私は絶叫した。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。