スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたなり少女同士のアナルファックはいいですね。でももうすぐ性欲が解消できるという挿入衝動が最高に高まっているはずの状態で、いちいち膣のほうが気持よさそうとか余計なことを考えずにアナルセックスに夢中になってほしかったです。射精後に賢者モードに入って落ち込むのはよかったです。

コメントの投稿

ふたなり女子校5 アナルセックス

 仰向けになっているあかりちゃんの足を掴み、大きく開かせる。
「あぁん、あんまり見ないでぇ……」
 あかりちゃんは、可愛い声で鳴いた。
 愛液を垂れ流している膣口や、小さく口を開いているお尻の穴を見られるのは、普通なら恥ずかしく感じるものだが、しかし、あかりちゃんの場合、私の目に晒すのには慣れきっていることだから、たぶん、実際にはそれほど羞恥を感じているわけではないだろう。
 甘えているだけなのだ。それだけに可愛いのだけれど。
「なんにも恥ずかしがることなんてないよ。とっても綺麗だから」
 そう言ってあげると、あかりちゃんは、照れながらも嬉しそうな笑みを浮かべた。

「じゃあ、入れるよ、あかりちゃん」
「うん……」
 背後から加藤先生の視線を感じながらも、私は、あかりちゃんの肛門に、ふたなりペニスの先端を合わせた。
 柔らかくなっている肛門は、私が軽く腰を突き出すだけで、ふたなりペニスを勝手に呑み込んでくれた。
 小さかった肛門が、信じられないくらいに伸びきって、野太いふたなりペニスを咥え込んでいる様は、何度見てもエロティックだった。
 私は興奮を抑えきれず、すぐさまピストン運動を開始した。
 アナル内部は、入り口こそ強く締め付けてくるが、少しでも奥に入ると、そこは空洞のように広がっている。腰を前後させていると、入り口の括約筋に、ふたなりペニスをしごき上げられているかのようだ。
「あっ、んんっ……」
 直腸を抉り抜かれて、あかりちゃんは、喘ぎ声を漏らしていた。
 私の突き込みに、あかりちゃんの身体が揺れ、さらにはあかりちゃんのふたなりペニスも揺れる。
 こっちも刺激してあげることにしよう。
 私は、自分のふたなりペニスをあかりちゃんの肛門に出し入れしながら、あかりちゃんのふたなりペニスを握り込み、上下に擦り上げた。
「ああうっ!」
 いきなりの刺激に、あかりちゃんは全身を硬直させた。肛門が収縮し、私のふたなりペニスにも圧力が加わる。
 その後、あかりちゃんは脱力し、たびたび震えるようになった。よほど気持ち良いようだ。

 私は突き込みを続けた。
 直腸粘膜と擦り合うふたなりペニスに、蕩けるような快感が広がっていく。
 もし、あかりちゃんのオマンコに入れることができたら、きっと、今以上の快楽が待っているだろう。できることならそうしたい。
 結合部の少し上で剥き出しになっている陰唇を見下ろしていると、どうしてもそんな風に思ってしまう。
 あかりちゃんのオマンコは、小柄な体型に相応しく、幼女のように割れ目が一本あるだけだ。足を開いていても、それはあまり変わらない。なのに、膣口は愛液を溢れさせている。幼い性器が、エッチなお汁を垂れ流している。そのギャップに私は魅入られてしまう。

 加藤先生が、私の欲望を見透かしたかのように、近付いてきた。私とあかりちゃんがアナルセックスをしているベッドのすぐ横で立ち止まる。そのまま先生は無言で観察を続けた。
 別に私の心を読んだわけではなく、後ろからだと見にくいから、私たちの真横に移動しただけだろう。膣セックスをしていないか見張るのが先生の仕事なのだから。
 息が届きそうなくらいの距離から観察されていると、やりにくいことこの上ないが、しかし文句を言っても始まらない。加藤先生は決して引き下がらないだろう。最初の頃は、恥ずかしさのあまり、腰を動かすことができなくなったりしたけれど、今はまあ、そんなことはない。恥ずかしいことに違いはないが、動けなくなるほどではない。
 腰使いも、転校したばかりの頃に比べれば、格段にスムーズになっていると思う。前は、加減も分からず、ただ快楽を追い求めていただけだったし。

 私は、あかりちゃんの足を奥へと押しやり、彼女の身体を二つ折りにした。いわゆる、まんぐり返しというやつだ。あかりちゃんの足先は、彼女自身の顔の横に来ている。
 みっともない格好を強制され、あかりちゃんは、少し眉を下げた。こんな姿を加藤先生に見られるのが嫌なんだろう。
 けど我慢して欲しい。私は上からふたなりペニスを突き下ろした。
 こうすると、直腸を深々と貫くことができ、さっきとは微妙に角度も異なっているせいか、あかりちゃんの息も大きく乱れてくる。まあ、この体勢が苦しいってこともあるかもしれないけれど。
 私は構わずふたなりペニスを出し入れする。
 直腸を激しく抉り抜いているうちに、イキそうになってきた。ふたなりペニスに、込み上げてくるものを感じる。
 最新の研究によると、射精の快感は、およそ本物と変わらないらしい。男性と同じような快感を私は得ているのだ。そう思うとなんだか微妙な気分になるけれど、この気持ち良さには抗えない。
 ふたなりペニスを、あかりちゃんの腸深くに押し込んで、射精する。ふたなりペニスから精液が噴出し、腸内に注ぎ込まれていく。そのたびに私は射精快楽に満たされた。
 腸内射精には、なんて言うか、単純な肉体的快感だけでなく、妙な満足感もある。あかりちゃんを私の物にしたんだって気になってくる。男の人も、セックスをした後は、たぶん、そんな感じになるのだろう。

 射精した後は、途端に気怠さが押し寄せてくる。直前までの興奮は、嘘のように消えてしまい、頭の中がクリアになる。
 こういう時、私は気恥ずかしさを覚えてしまう。ベッドの隣に居る加藤先生の視線が、今まで以上に気になってくる。そして、あかりちゃんにのし掛かって浅ましく腰を振っていた自分の姿が、脳裏に浮かぶ。
 なんという姿を見せてしまったんだろう。
 アナルセックスが終わった後、私はいつも深い後悔に襲われるのだった。
関連記事
ふたなり少女同士のアナルファックはいいですね。でももうすぐ性欲が解消できるという挿入衝動が最高に高まっているはずの状態で、いちいち膣のほうが気持よさそうとか余計なことを考えずにアナルセックスに夢中になってほしかったです。射精後に賢者モードに入って落ち込むのはよかったです。

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。