スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

SMレイプ教師 7話 体育の授業

 体育の授業が始まっても俺はプレハブ小屋に留まり続けた。
 読んでいる漫画が今いいところなのだから仕方がない。

 プレハブ小屋からは、隣接しているグラウンドの様子がよく見えた。
 グラウンドでは28人の女子高生が2列横隊で綺麗に整列していた。少しでも動けば後で俺に体罰を加えられることを身に染みて知っている彼女たちは、私語のひとつもなく直立不動のまま俺を待っている。

 盗撮映像で俺に脅されている者もあの中には何人かいるが、ほとんどは盗撮されていることにすら気付いていない。
 この程度の圧政なら、暴力教師という表の顔だけでも充分なのだ。

 並んでいる28人の女子高生は全員がブルマ姿だった。
 まあ今は春なのでさして珍しいことじゃないが、俺の授業では、ジャージの着用など一切認めていないため、たとえ冬であっても、半袖の体操服にブルマ姿を課している。
 最近の教育現場では、1年中ジャージの着用を認めるどころか、ブルマそのものを廃止する学校すら出始めているという。まったく、嘆かわしい限りだ。
 20世紀が終わる頃にはブルマは絶滅危惧種になっているかもしれない。本当に嘆かわしい!

 漫画を読み終えた俺は、愛用の竹刀を手にして、プレハブ小屋を出た。
 グラウンドは隣にある。

 俺の姿を認めた生徒たちは、一様に緊張した様子を見せた。
 彼女らの体操服は、首回りと袖の先端が青い。一年生の印だ。
 怯えた表情が初々しい。入学してまだ一ヶ月も経っていないため、ビンタされたり尻をぶたれたりすることにまだ慣れていないのだ。
 これが2年生になると諦めの境地に達するようになり、3年生ともなると日常の一部と化す。
 まあ、嫌なことであるのには変わりないだろうが。

 1年のクラスで俺が体育を受け持っているのは半分だけで、残り半分のクラスは、もう1人の体育教師が担当している。
 そいつは真っ当な教師で、ごく常識的な授業を行っていた。適当に準備運動をさせ、適当に球技をさせ、その体育教師は見ているだけ。体罰なんて一切ない。ジャージの着用も自由にさせていて、冬でもないのにジャージを着込んでいる生徒ばかりだ。
 授業時間中、生徒たちの笑い声が絶えることはない。
 俺の授業とは真逆と言える。
 進学校の体育なんて、勉強の合間にする息抜きでしかないのだから、それが本来の授業風景なのだ。

 軍隊のようなシゴキが待っている俺の担当になってしまったクラスの女子生徒たちは、全く不運としか言い様がないだろう。
 理不尽この上ないことだ。しかし諦めてもらう他はない。社会ってのは理不尽なもんだ。
 大人になるってことは、理不尽な世の中を受け入れるってことだからな。
 せいぜい大人になれよ、処女臭い女子高生ども。
関連記事

コメントの投稿

エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。