スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羞恥の服従ポーズ

 高校生の時、私は名門バレー部でしごかれる毎日を送っていました。
 結局、レギュラーになることはできず、3年間ずっと補欠でしたが、練習はレギュラーと同じく厳しいものでした。
 一番辛かったのは、やはり一年生の時です。2・3年生の時は、練習こそ厳しいものの、言ってしまえばそれだけです。先輩たちに雑用で扱き使われることはありません。練習で疲れ切っていても、寮に帰れば、好きなだけ休むことができます。
 一年生にはそれが許されません。寮では先輩の世話に追われます。そして、何か至らないところがあったら、お尻を叩かれるのです。どんな些細なことでも罰があります。

 寮の至る所に立て掛けてある精神注入棒で、思いっ切り叩かれると、飛び上がりそうになるくらいの激痛があるのですが、それよりも何よりも、お尻を丸出しにしなければならないことが辛かったです。
 先輩から罰を受ける際は、まず、自分で手近な精神注入棒を取ってきて、先輩に渡します。そして、寮では一年生は体操服にブルマ姿を義務付けられているのですが、そのブルマを膝まで下ろさなければなりません。次にパンツも同じく下ろします。すると、当然、股間が露出します。同姓しか居ない女子寮でのこととはいえ、恥ずかしくないはずはありません。
 最初の頃なんて、なかなかパンツを下ろすことができず、先輩に何度もビンタされて、ようやく動くことができたくらいです。
 何度か経験すれば、さすがにすぐ下ろすことはできるようになりますが、顔は真っ赤です。それもまあ、さらに10回近く経験すれば、あんまり赤くならなくなりますけれど、慣れたところで、恥ずかしいものは恥ずかしいのです。

 先輩に背を向けて、ブルマとパンツを膝まで下ろしたら、両手は頭の上で重ねます。羞恥の屈辱ポーズです。寮なので、あちこちに寮生が居ます。ふたりきりで罰が行われることはあまりありません。近くに誰かしら居ることが多く、恥辱が増します。意地の悪い先輩が居合わせたりしたら、露骨に笑ったりしてきます。屈辱的ですが、文句を言うことはできません。上級生に口答えするなんて、当時は考えられないことでした。
 で、そんな状態でお尻を叩かれるわけですが、先輩の気分によって、叩き方は色々です。大体の傾向として、気分の良い日は軽く叩くだけで、気分の悪い日はフルスイングというのはありました。
 思いっ切り叩かれた時は、その痛みによって羞恥心を一瞬だけ忘れることができるのですが、しかし、お尻を叩かれて顔を顰めている自分の惨めさに、すぐ気付くことになります。

 お尻を叩かれたからといって、パンツとブルマを上げて良いということにはなりません。先輩がお尻を軽くポンポンと叩いて合図するまで、服従ポーズのままで居なければならないのです。赤く腫れたお尻も、陰毛も、晒した状態です。両手は頭の上。
 意地悪な先輩に当たると、そのまま放置されてしまいます。そうなったら、先輩が帰ってくるまで、じっとしていなければなりません。屈辱の極みです。だから私は、お尻をポンポンと叩かれたら、いつも安堵のあまり泣きそうになっていました。

全裸恥辱挨拶

 高校時代、私は空手部に所属していました。練習も上下関係も厳しい部でしたが、それよりも、武道系の部活による合同集会が一番きつかったです。
 学期ごとの終業式が終わった後、空手部・剣道部・柔道部が体育館に集まり、活動報告やら今後の抱負やらを述べ合うのですが、一年生だけは壇上で横一列になります。各部の合計で、一年生は20人くらい居ましたが、みんな全裸です。男子も女子も関係ありません。
 上級生たちは、ちらちらと壇上を見たりする人も居るものの、おおよそは真面目に話し合いをしていました。

 1時間くらいでそれが終わると、上級生30人くらいがぞろぞろと一年生の間近に集まってきます。
 一年生は、壇上から先輩たちを見下ろす立ち位置に居るわけですが、なにしろ自分たちは全裸で、先輩たちは普通にジャージを着ているので、とてもではないが精神的優位には立てません。むしろ震えています。
 先輩たちは罵声を上げ始めます。
「震えてんじゃねえぞ!」
「真っ直ぐ立ってることもできねえのか!?」
「泣くな! 剣道部に恥を掻かせる気か、お前!」
 一年生が、最初にこの恥辱を味わうのは、七月の終業式の日です。ようやく部活にも慣れてきたかと思った矢先の仕打ちに、女子だけでなく男子まで涙を堪えきれません。
 この時まで、体罰を受けることはあっても、全裸を強制されることなんてなかったのです。合同集会まで取ってあっただけなんですけれど、一年生にそんなことは分かりません。初めての羞恥罰にショックを受けるばかりです。

 先輩たちが一通り罵声を浴びせ終えると、今度は、一年生たちが大声を出します。
「一年の大垣美琴です! これからもよろしくお願いします!」
「恥を捨てて頑張ります! 今後ともご指導願います!」
 先輩たちに、とにかく自分で考えて挨拶し続けろ、と言われて、一年生たちは、考えつく限りの言葉を尽くします。
 先輩たちからすれば、挨拶の内容なんて何でもいいんです。どれくらい声が出せているか。それだけしか見ていません。
 喉が嗄れてからが本番です。全裸で並ばされ、ガラガラ声で叫び続け、頭を真っ白にする。そうすることによって、何かしら得るものが有るような無いような気がします。まあ、ぶっちゃけ、意味があることではありません。ただの下級生イジメです。体育会系では、イジメを伝統と言い換えることができます。なので問題はないのです。伝統ですから。

 一年生たちは、男子も女子も半分くらいは泣いているわけですが、それでも自分らなりに必死で叫んでいます。
 しかし先輩たちは怒鳴り付けます。
「やる気がないのならやめちまえ!」
「挨拶もできないんなら、うちの部に帰ってこなくてもいいよ!」
「全然聞こえねえぞ! 声出せ! 声!」
 この程度の罵倒なら、まだいい方です。
 だんだんヒートアップしてきた先輩たちは、全裸の一年生たちの身体的特徴をあげつらい始めます。
「一番 胸がでかい癖に、一番 声が出てねえぞ、新田!」
「ガキじゃねえんだから、ちゃんと背筋を伸ばせ! 下の毛はしっかり生えてんだろうが!」
 一年生女子は誰もが涙ぐみます。
 男子もまた恥辱に耐えなければなりません。
「でかい図体して包茎かよ、遠藤! だから声が出ないのか!? おい!」
「なに泣きそうになってんだ! ナニは立派なんだから、堂々としてろ!」
 武道系の部活に入るくらいですから、一年生と言えども、基本的には強靱な精神を持っているはずですが、この時ばかりはみんな顔が真っ赤です。
 壇上での全裸挨拶は、夜遅くまで続きました。

 外が真っ暗になると、一年生たちは体育館の外に出されます。全裸のままです。
 他の部活はとっくに終わっていて、武道系以外の生徒なんて誰も居ないのですが、それでも一年生たちは周りをキョロキョロと不安げに見回します。校外は田んぼだらけで、目撃者が出てくる心配はほとんどないのですが、だからといって安心できるものではありません。
 男子は股間を隠しながら、女子は胸と股間を隠しながら、一年生たちはグラウンドを走らされます。素っ裸ですから、男子はペニスが振り乱れることになりますし、女子は胸が弾みまくりです。まあ、暗くてほとんど見えませんが。
 散々走らされて、フラフラになったところで、先輩から「ラスト1周」とお声が掛かります。
 一年生たちは、また大声で挨拶をしながらグラウンドを走り抜きます。
 そうしてようやく合同集会が終わるのです。

 先輩たちは、一年生を放置してさっさと引き上げていきます。
 グラウンドに残された一年生たちは、疲労のあまり、その場に崩れ落ちます。全裸ですから、グラウンドにへたり込んだりしたら、身体中に土が付いてしまうのですけれど、気にしている余裕はありません。長々と声出しをさせられた上に、全力ダッシュを延々とさせられたのです。恥ずかしい箇所を隠すこともせず、荒い息を吐くばかりです。
 深夜の校庭に全裸の高校生男女が20人も倒れ込んでいる状況は、異様としか言い様がなかっただろうと思います。

女子高生レイプ1 夜道の襲撃

 憧れの女子高に入学することができて、私の学校生活はとても充実していた。テニス部の練習は厳しいけれど、仲の良い同級生はたくさん居るし、優しくしてくれる先輩も少しは居る。
 学内に男子が居ないというのは、物足りないと言えば物足りない。でも、そのぶん女子が多いわけで、つまり友達に成り得る存在もそれだけ多いわけで、悪いことではないと思う。特に私の場合、部活動に打ち込んでいるので、恋愛はもう少し先でも良いし。
 不満と言えば、あとは、部活後に学校のシャワールームを使えないというのがある。数が限られているので、三年生しか使うことを許されていないのだ。三年生が帰るのを待ってから使っている二年生も居るには居るけど、一年生までそんなことをしたら、生意気だとか何とか言われてしまう。
 だから、夏が近付いて暑くなってきた時期にもかかわらず、私は、汗だくの身体をタオルで拭いただけで、帰りの電車に乗らなければならないのだった。
 7時の電車は、帰宅ラッシュに直撃されて、ほぼ満員だ。見知らぬおっさんたちと密着を強制されるのは嫌だったが、汗臭い女子高生に密着されるおっさんたちだって、大概 迷惑だったろう。それを思うとあまり嫌な顔もできない。

 学校から駅までは自転車だけど、駅から家までは徒歩になるので、そこからがきつい。駅と家の間も自転車で移動したいところだ。部活で疲れ切った足を使い歩くのは、かなり辛い。もうひとつ自転車が欲しい。実際、そうしている生徒は少なくない。そのことを母親に言った時の返答は、全く冷たいものだった。
「バイトして自分で買えば?」
 要約するとそんなとこだ。まあ、もっと柔らかな表現を使っていたような気がするが、要求を否定された私からすれば、酷い扱われ方をされたような気分になった。部活でバイトどころではないというのに。ワガママに過ぎないのは分かっていても、自転車をふたつ買い与えてもらった友達を何人か知っているので、愚痴りたくもなる。
 世の中は不公平だ。とはいえ、それを言ったら、私は、ずいぶんと恵まれていると思う。別に、日本に生まれてきただけで外国人に比べれば恵まれているとか、そういう薄っぺらい奇麗事を言いたいのではない。単純に、周りの友達と比べて、容姿が優れているのだ。はっきり言って、私は可愛い。自己評価では、クラスで一番だ。高校で一番かと言われたら、さすがにそうとは言えないかもしれないが、もしミスコンが開かれれば、とりあえず候補には挙がるだろう。そんな感じ。

 駅の改札を抜けると、後は数分で家に着く。徒歩だけど。
 帰り道には、申し訳程度の電灯があるだけで、結構 暗い。
 私はこの暗い帰り道が好きだった。閑静な住宅街なので、たまに自動車が通るくらいで、あまり五月蠅くはない。電車の音もあるか。
 とにかく、そういうのを除外すれば、コオロギの鳴き声が聞こえてきそうな静けさである。
 人通りの少ない道を歩いていると、なんでか落ち着く。だから好きだ。
 しかし、そのお気に入りの環境が、レイプの原因となった。後から考えれば、なんて危険な道だろう、と思うのだけれど、実際に被害を受けるまでは、全く思いもしなかった。頭の片隅くらいには、そういう可能性も浮かんでいたかもしれないが、真剣に考えることはなかった。レイプなんて自分とは無縁の世界で起きていることだとしか思っていなかったのである。
 なので私は、後ろから走ってきたミニバンを、気にも留めなかった。通り過ぎると信じて疑わなかった。
 私の横で停まっても、それを不審には思わなかった。道でも聞きたいのかな、と思った。そして、だとしたら面倒だな、と思った。そう思いながらも礼儀正しく答えるくらいには、外面の良さを備えているので、この時もそうするつもりだった。
 男がふたり、後部座席からいきなり飛び出してきても、私は危機感を覚えなかった。なんとも間抜けなことに、「あぁ、なんだ、ナンパか」と思ったのだ。
 彼らに腕を掴まれ、引っ張られる段階になって、ようやく事態を悟った時には、すべてが手遅れだった。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。