スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生痴漢8 アナル習慣

 初めてお尻の穴に指を入れられて以降、権藤先生はますますしつこくなった。それまでは、月曜日くらいしか痴漢をしてこなかったのに、今はもう、週に3日や4日は私の後ろに張り付いてくる。
 下校時だけでなく、登校時にも狙われることが多くなった。一体どうやって私の行動を把握しているのか、皆目見当が付かないけれど、権藤先生は、私がどんなに時間をずらしても、いつの間にか背後に陣取り、痴漢をしてくる。

 必ずしも肛門に指を挿入してくるわけではなかったが、しかしそこを全く刺激されないというケースはなかった。
 最低でも、パンツの上からお尻の穴を弄ってくる。まるで、パンツ越しに肛門の形を確かめているかのように、ゆっくりと何度も指先でなぞってくるのだ。そのおぞましさは、クリトリスを弄られている時の比ではない。
 場合によっては、パンツの中に手を突っ込んできて、直接 肛門をほぐしてきたりもする。最悪の場合は、指を入れられてしまう。
 日によって先生のやり口は違っていた。気分の問題なのだろうか。
 私を焦らしているつもりなのだとしたら、見当違いも甚だしい。肛門を弄られて気持ち良くなったことなんて、私は一度としてない。
 クリトリスとは違う。排泄器官で感じることは有り得ない。アナルセックスという概念は前から知っていたけれど、そんなことで快感を得られるような変態になったつもりはない。これからもないだろう。
 なのに権藤先生は、それが理解できないのか、執拗にお尻の穴を刺激してきた。

 ある日なんて、私の肛門に中指を埋め込んだ先生は、駅に着くまで全く動かず、私の腸内に居座り続けた。
 出し入れは一切なく、ただ入れているだけ。それでも、物理的な違和感と精神的な汚辱感は強かった。
 たまに電車が大きく揺れたりすると、直腸内の指にも微妙な振動が加わって、私はそれを腸粘膜から感じ取らされたりした。とても気持ちの悪いことだ。
 お尻の穴にずっと先生の指を咥え込んだまま、私は、周りの乗客に気付かれないよう願い、手すりをぎゅっと握っていた。
 駅に着くと先生は肛門から中指を抜き、素知らぬ顔で電車を降りた。
 先生がどういう意図を持ってそんなことをしたのか、後になっても全く分からない。

 時には指をずぼずぼと出し入れする日もあるが、これなんかは分かりやすいと思う。私の肛門を弄りたいという、性欲に忠実な行動だろう。
 いや、別に歓迎するわけではないけれど。まあ、意図が理解できないのは不気味なので、その意味じゃ、指が動き続けているのは安心感がある。決して歓迎するわけではないけれど。

 そうして、指を入れたり入れなかったり、動かしたり動かさなかったり、何がしたいんだかよく分からない痴漢が一ヶ月ほど繰り返された後、先生は、道具を使うようになった。
 後で知ることになるのだが、それは、アナル開発用の道具だった。

強要される全裸土下座1 スケバンの呼び出し

 私の通っている女子高にはスケバンがいる。彼女は、10人くらいの仲間だの手下だのを常に引き連れて、廊下を我が物顔で歩いている。彼女らの何人かは、暴走族の彼氏がいたりするので、校内で逆らえる人はいない。教師すら、腫れ物を扱うように接する始末だ。
 この女子高に通っている生徒は、多かれ少なかれスケバングループにシメられた経験がある。大半は、まあ、入学してすぐの頃にまとめて恥ずかしい格好をさせられたくらいだけれど、それでも、かなり屈辱的な経験だったことに違いはない。
 かくいう私も、下半身裸にされて、自分でお尻を開いて肛門を晒しているところを写真に撮られたことがある。普通はそこまでされないのだけれど、スケバングループの中に性悪女がいて、そいつが可愛い子の肛門露出写真を集めていた。もう何十人も犠牲になっている。私も肛門コレクションのひとつとなってしまったというわけだ。
 顔は写っていないはずなので、仮にあの写真が出回っても、私の人生に影響なんてないだろうが、どこの誰とも分からない人に今この瞬間も肛門画像を見られている可能性があるのかと思うと、恥ずかしいし、悔しい。
 でも、どうにもならないことだ。それが、この女子高の現実である。

 2年生の夏、私のクラスに転校生が入った。スケバングループは、転校初日に彼女を呼び出した。それはまあ良くあることで、取り立てて騒ぐことじゃないが、理不尽なことに、私まで一緒に呼び出されてしまった。
 全校生徒は少なくとも一度はスケバングループに恥を晒すことを強制されるので、転校生が呼び出されるのは当然だとして、なぜ私まで、と嘆かずにはいられなかった。
 まあ、可愛くて何かと目立つ私もついでにシメとこうという魂胆なのは、だいたい察していたけれど。

 放課後になって、私と転校生は、空き教室に入った。
 そこではスケバンとその取り巻き5人が煙草を吸っていた。
 転校生が前に通っていたのは、私立のお嬢様校だったらしく、この公立の学校に入るのには不安があったらしい。その不安は完全に的中してしまったわけで、ご愁傷様としか言い様がなかった。
 不良たちは、転校生に挨拶を求めた。
 転校生は頭を下げて「2年5組の篠山美春です」と言ったが、不良たちは、にやにやと笑いながら「そうじゃないだろ」と言った。
 戸惑う転校生に、不良たちは、下着姿で土下座することを要求した。
 当然ながら、転校生はすぐに従うことができない。
 すると、取り巻きのひとりが転校生に近付き、往復ビンタをした。
 このとき私は隣で突っ立っているだけだった。

強要される全裸土下座2 脅しビンタ

 転校生は、頬を押さえ涙目になりながらも、セーラー服を脱ごうとはしなかった。完全に怯えてはいるが、恐怖心よりも羞恥心の方がまだ強いらしい。
 スケバンは、私に向かって言った。
「手本を見せてやれよ」
 いやいや、もう二・三発ビンタしてあげれば従うんじゃないの?、と私は思ったが、不満を表明するわけにはいかず、「はい」としおらしく返事をして、下着姿になった。キャミソールまで脱ぐように言われたので、ブラとパンツだけになってしまった。
 そんな屈辱的な状態で、私はさらに屈辱的な行為をした。土下座。およそ普通に生きていれば一生縁のないはずの姿勢を取ったのである。
 こうしなければ学校生活が成り立たなくなるとはいえ、剥き出しの手足に床の冷たさを感じると、本当にこれでいいのかという気がしてくる。なにか大切なものを失っていくような……。
 スケバンから「よし、立っていいぞ」と言われた私は、その場で直立不動になった。他には何も言われなかったので、下着姿のままだ。セーラー服を着ることは許されない。
 土下座の格好をしていたのは、3秒にも満たない間のことだったけれど、そんなに短くは感じなかった。長くも感じなかったけれど。土下座をしている間は、時間の感覚がなかった。

 私を凝視している転校生の顔が、視界の端に入っていたけれど、私は、彼女の方を見ないようにしていた。結果的には、転校生を無視している状態だった。
 彼女に対する恨みは別にない。
 脱衣を拒否した転校生の反応は、ごく当たり前のものだ。異常なのは、スケバンが好き放題やっているこの高校の方だろう。悪いのはスケバンたち。転校生を恨む筋合いは全くない。そんなことは考えるまでもないことだ。
 ただ、土下座をしたばかりの状態で、転校生のことを気遣ってやれるほどの余裕は、私にはない。優しい言葉や励ましの言葉を掛けてあげることはできない。
 だから私は、助けを求めるような転校生の視線に反応せず、真っ直ぐに前を向いて立っていた。下着姿で。

 スケバンの取り巻きに、再び脱衣を命令された転校生は、もはやどうにもならない事態であることを悟ったらしく、セーラー服に手を掛けて脱ぎ始めた。
 のろのろとした動きで、だいぶ時間が掛かっていたが、スケバンたちは何も言わなかった。苛立つどころか、笑ってさえいた。
 私のような善良な一般生徒からすれば全く信じられないことだが、スケバンたちは、哀れな生け贄が恐る恐る脱いでいく様を見て、心底から楽しんでいるようだった。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。