スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入部員いじめ4 腫れ上がったお尻

 金属バットを1年生のお尻に叩き付けると、私の手に、重い感触が伝わってきた。練習の一環として前に何度かタイヤを打ったことがあるけれど、その時の感じに近かった。人間の身体なんて、タイヤに比べれば柔らかく脆いものだと思うが、1年生がしっかりと踏ん張っているせいか、それなりの反動が返ってくる。
 私は素早く構え直して、またすぐにバットを振った。そうしないと、3年生に何を言われるか分からないのだ。
 インパクトの瞬間、衝撃音が鳴った。体育館の端から端まで届くくらいの、大きな音だ。
 生尻へのケツバットに相当な威力があることは、音だけを聞いても分かることだが、痛々しく腫れ上がっている1年生のお尻は、その凄まじさをさらに分かりやすく教えてくれた。

 1年生たちは、どれだけ叩かれてもお尻を突き出し続けていた。見ているのも辛いような光景だった。
 本当にこんなことをしていていいのか、と私はわずかに躊躇したが、すぐに思い直した。こうするより他はない。限られた練習場所を、大勢の1年生で埋め尽くすわけにはいかない。少なくとも1年生の半分は追い出さなければならない。だから、これは仕方のないこと。そう自分に言い聞かせながら、バットを振る。

 1年生たちの心中は様々だったろう。どんな目に遭ってもこの女子ソフトボール部にしがみつこうと決意している子もいれば、すでに退部を心に決めている子もいただろう。
 辞めるにしても、この場で退部を宣言して立ち去るなんてできるはずはなく、とにかくも今日だけはこのまま乗り切るしかない。
 こんなことになるのなら最初から入部しなければ良かった、と後悔に身を切られながら必死にお尻を差し出している子もたくさんいるのだと思うと、私は、何とも言えない気持ちになった。

 しかし、一方で、別の感情も湧き上がってきた。
 泣きながらお尻叩きを受けている1年生たち。怒鳴り付けられ慌てて体勢を立て直す1年生たち。理不尽に黙って耐えるしかない1年生たち。
 叩く側から彼女たちを見ていると、心の奥底から愉悦が込み上げてくるのを抑えられなかった。支配する側の優越感、というやつだろうか。
 一方的な罵倒や一方的な暴力は、恥さえ感じなければ、とても甘美なことだった。快感と言っても良いかもしれない。唯一それを抑止し得る恥という感情は、この場の異様な雰囲気が薄めてくれた。
 1年生への同情心と、理不尽を強いることへの抵抗感も、バットを叩き込むたびに小さくなっていく。叩かれる側から叩く側に回ったことへ慣れ始めているのだ。
 最初からスパンキングを楽しんでいた2年生が半分くらいしか居なかったのに対し、3年生はほぼ全員が最初から楽しんでいたが、その理由は、つまりそういうことなのだろう。別に2年生の半分がまともな性格をしていたわけではなく、単に、楽しみ方を知らなかっただけ。慣れてしまえば、みんな同じ。
 私も、気付いたら夢中でバットを振っていた。
 無抵抗の1年生にスパンキングしているうちに、気分が高揚してきて、バットを持つ手にますます力が入ったのだった。
 途中でまた3年生と交代することになった時は、まだ叩き足りないのに、と不満を覚えるほど熱くなっていた。
 3年生が体力を使い果たし、再び私たち2年生に出番が回ってきた時、戸惑いの表情を浮かべている子はもう2年生の中には居なかった。私たちは、威勢良く返事をしてバットを受け取り、1年生の尻をぶっ叩いていった。

 次の日、部室に集合した1年生の数は、前日の3割くらいになっていた。
 私たち上級生は、顧問の先生にお説教をされたけれど、それだけだった。謹慎処分とかは一切なし。奇麗事を吐いていた先生も、内心では困っていたようだ。
 1年生たちのお尻は、朝起きたら、スパンキングの直後よりも腫れ上がっていたらしい。あまりに痛がるので、グラウンド整備も球拾いもできず、仕方ないので、その日の練習では1年生たちを部室でずっと立たせておいた。ブルマに締め付けられるのも辛いと言うから、立たせている間、ブルマとパンツを膝まで下ろした状態にさせた。陰毛丸出しで直立しているのは恥ずかしいに決まっているが、それでも、お尻を解放された状態になったことは、どうやら彼女たちにとっては有り難かったようだ。

 その翌日から、1年生たちは、へっぴり腰ながらもなんとか練習ができるようになった。
 1年生が復帰してきても、人数が3割にまで減っていると、練習設備が圧迫されることはなく、私たち上級生は伸び伸びと練習できた。
 めでたしめでたし。

覗き魔のレイプ目撃談1

 僕の家の近くには小さな公園がある。交通の便が悪く、ほとんど利用者は居ない。夜になると尚更 静かになる。
 でも、ごくたまに、カップルが入っていく。暖かくなってくると彼らの出現頻度は少し高まる。
 その目的は明白。野外セックスだ。
 たくさんの木で囲まれているこの公園は、野外プレイに最適なのだ。
 それに気付いた僕は、寒さに耐えられない時期を除いて、公園に通うのが日課になっていた。高校から家に帰るとしばらく時間を潰して、そのあと公園の茂みに隠れるのだ。
 カップルの野外セックスに遭遇できる確率は、そう高くなかった。高校3年間の合計でようやく二桁に届く。その程度だ。

 それでも僕は公園に足を運んだ。生のセックスを目撃できるのは何よりの悦びだった。獣のようにお互いの身体を貪り合うカップルを覗きながらのオナニーは、最高に気持ち良かった。
 ひたすら待つのもそんなに苦痛とは思わなかった。茂みにゴザを敷いて寝転がりながら携帯ゲームで遊んでいれば、いくらでも待っていられた。
 そうやってゴロゴロしている時に、間近でレイプ事件が起きたことがあった。高校3年の春の出来事だった。

 被害者は女子高生だった。彼女は、全国的にも有名な進学校の制服を着ていた。
 部活をしているのか、予備校に通っているのか、彼女はいつも夜9時くらいに公園を通り抜ける。この日もそうだった。
 けど、いつもと様子が違った。しきりに背後を気にしながら、早足で歩いていた。不穏な気配を感じ取っていたのかもしれない。
 しかし確信を持つまでには至らなかったようだった。
 もし自分が襲われることを完全に予期していたなら、とっくに全速力で走っていたはずだ。そしてその場合はおそらく助かっていただろう。無事に処女のまま家に帰ることができ、初めてのキスも初めてのセックスも、好きな人と成し遂げることができただろう。
 現実は非情だ。
 突然、後ろから男二人が物凄い勢いで女子校生に迫っていった。
 彼女がそれに気付き、慌てて走り出した時には、もう手遅れだった。恐怖で足が思い通りに動かなかったようで、酷い走り出しだった。
 とても逃げ切れない、と僕は思った。そしてそれはすぐに現実となった。

 女子高生は、男の一人に腕を掴まれると、強引に引っ張られ、転倒した。男は腕を掴んだまま彼女を茂みに引き摺り込んでいった。
 僕が隠れていた場所のすぐ近くに彼らが来たので、僕は、自分が見付かるのではないかと少し心配になった。
 まあ、僕の居た場所は、絶好の隠れポイントであり、しかも、時間を掛けて枝やら葉っぱやらで偽装工作までしていたので、結局 最後まで見付かることはなかったのだけれど。
 ただそれでも、ほんの数メートル先で強姦が始まったものだから、とても冷静ではいられなかった。

覗き魔のレイプ目撃談2

 レイプ犯二人は、中年と若者のコンビだった。どういう経緯で結束して女を犯すことになったのかは知らないが、まさか親子ということはないだろう。
 主導権は中年が握っているようで、腕を押さえろ!、とか、もっとしっかり掴んでろ!、とか、強い口調で命令していた。若者は敬語で返事をしている。
 会社の上司と部下の関係だろうか。

 女子高生は悲鳴を上げていたが、レイプ犯たちはあまり気にしていないようだった。
 公園の周りは、夜になると無人になる町工場と、長年放置されて草も木も生え放題の雑木林しかないから、まあ、誰かに悲鳴を聞かれる心配はあまりないかもしれないが、それにしたって、もう少し静かにさせた方がいいんじゃないだろうか。
 誰かが偶然通り掛かったりしたら、密かに通報されて、気が付いたら後ろに警官が居た、なんて事態にもなりかねないだろうに。
 彼らの杜撰さには呆れるばかりだ。

 最初に犯したのは中年の方だった。
 女子高生の下半身に取り付いた彼は、スカートの中に手を入れ、パンツを片足から引き抜いた。
 上手い、と僕は思った。いつ彼女に蹴られてもおかしくはなかったのに、中年は、暴れ回る足を巧みに避けながら、女子高生の股間を露出させてしまった。
 あまりにも手慣れた感じだ。今までに何人も女性を犯してきたのかもしれない。
 女子高生は、仰向けの状態で、若い男に上半身を押さえ付けられていて、どれだけ足掻いても、起き上がることができないでいた。
 若い男の方も、それなりにレイプ慣れしているようだった。

 僕の位置からは、仰向けの女子高生を横から見ることになる。
 膝にパンツが絡まっている右足は、僕に近い方の足だったので、幸いにもパンツを観察することができた。
 彼女のパンツは、無地の白色だった。とはいえ、暗くて見間違えた可能性は否定できない。白色であったことは確かだと思うが、ひょっとしたら、何かしらの模様くらいはあったかもしれない。

 中年男は、女子高生の足の間に身体を割り込ませ、素早くズボンとトランクスを下ろした。ペニスの根元に手を添えて、狙いを定めると、彼女に股間を押し付ける。
 その途端、それまで必死に抵抗しようとしていた女子高生は、動きを止めた。挿入の痛みに硬直しているのだ。首を反らして喉を晒し、表情を歪めている。
 女子高生は処女だった、と僕は確信している。進学校の生徒だし、見た目も派手ではないし、全く染めていない黒髪だし、全体的な雰囲気からも、大人しそうな感じがした。それになにより、ペニスを突き込まれている最中、彼女は終始 痛がっていた。いや、まあ、濡れてもいない膣に無理やり挿入されたりしたら、非処女であっても痛いのだろうけど。
 男が腰を前後に動かし出すと、女子高生は、「うっ、うっ」と小さな声を上げた。嗚咽なのかと最初は思ったが、よくよく見てみると、どうやら痛みに呻いているようだった。
 しかし、いくら女子高生が痛がっていようと、中年男の腰使いに、遠慮は全く見られなかった。むしろ彼は、彼女の痛がり様を楽しんでいるようで、心底楽しそうに笑っていた。時折、わざと腰を強く押し出したりさえした。
 女子高生は、中年男の為すがままだった。草むらに仰向けの状態で、宙に浮いた足が、男に突かれるたびに揺れ動く。

 挿入されてからは大人しくしていた彼女だが、男が「中に出すぞ」と言うと、再び暴れ始めた。若い男に腕を押さえられているので、むなしい抵抗でしかなかったが。
 中年男は、腰をひときわ突き出して、動きを止めた。
 女子高生の「いやぁ……」という絶望に満ちた声から、膣内射精をされていることが僕にも分かった。

 中年男が腰を引くと、若い男の出番だった。場所を入れ替えた彼らは、陵辱を続行した。
 若者が次に控えていたのなら中出しなんてしたら駄目なんじゃないかと僕は思ったが、若い男は、あまり気にした風もなく女子高生に腰を押し付けた。他人の精液にまみれた膣にペニスを入れるなんて、僕からすれば相当に気持ちの悪い行為なんだけど。まあ、若い男も、本当は気にしているけど、中年男の方が立場が上だから文句を言えない、というだけなのかもしれない。

 女子高生の足からは、いつの間にか片方の靴が脱げていた。欠けているのは右足の靴だった。右足というのは、僕に近い方の足であり、膝辺りにパンツが引っ掛かっている方の足でもある。
 靴は結構 前から脱げていたようで、白い靴下が土で黒く汚れていた。膝のパンツにも、若干ながら土が付いている。
 片方はしっかりとローファーを履いていて、もう片方は靴下しか履いていない女子高生の足は、さっきと同じく、若い男がペニスを出し入れするたび、その振動によって揺れ動いていた。

 彼女にとって幸いなことに、若い男は、中年男に比べて早漏で、ペニスを突っ込んでからいくらもしないうちに射精をした。
 またしても中出しだったが、女子高生は特にリアクションを取らなかった。もう諦めてしまったらしい。
 しかし残念ながら、悲しみにばかり浸ることはできない。若い男がペニスを無造作に引き抜くと、女子高生は、膣穴を擦り上げられて痛みを感じたらしく、顔を顰めた。ひたすらに泣き濡れることすら彼女には許されないのだ。

 若い男は、結合を解いた後、女子高生のパンツを足から抜き取り、ポケットに仕舞った。
 どうやらレイプは終わったらしい。
 中年男は「お疲れさん」と言って、女子高生の頬を平手で軽く叩いてから、ゆっくりと立ち上がった。
 彼らは、走って逃げたりはせず、会社帰りに飲み屋へ行くかのように、自然な足取りで歩み去って行った。

 女子高生は、上半身だけ起き上がって、男たちの背中を見つめていたが、彼らが完全に姿を消すと、近くに転がっていた靴をたぐり寄せた。しかしすぐに履くことはなかった。彼女は、女の子座りをした状態で、地面に手を着いたまま、嗚咽を漏らし始めた。だんだんと背中が丸くなっていき、土下座をしているような格好で、小さな泣き声を漏らし続けた。
 その間、僕は勃起しっぱなしだった。けれど、ペニスをしごき上げるわけにはいかなかった。まだ女子高生がいる。気付かれたら面倒なことになりかねない。彼女がいなくなるまで身を潜めていなければならなかった。
 五分くらいして、女子高生は涙を拭いながら立つと、靴を履こうとした。手の指先で靴の踵部分を押さえながら足を入れようとしていた。しかしなかなか上手くは行かなかった。何万とこなしてきた簡単な動作でも、今この場においては難しいようだった。三度の失敗を経て、彼女はようやく靴を履くことができた。
 女子高生は、周りを見回し、近くに落としたままになっていた黒革のカバンを見付けると、それを拾い上げ、ふらふらとした歩調でどこかへ消えた。

 周りに誰もいなくなってから、僕は、これまでになく激しいオナニーをした。

SMレズ女子寮25 恥辱の陰毛比べ

 浣腸され無様にもバケツへの排泄を余儀なくされてしまった私は、それ以降、早希ちゃんへの苦手意識ができてしまいました。廊下ですれ違う時は自分から道を空けてしまいますし、食堂で目が合った時は慌てて逸らしてしまいます。意識してそのようなことをしているわけでなく、身体が勝手に動いてしまうのです。
 私のそういう態度が癇に障るのか、早希ちゃんは事あるごとに私を苛めてくるようになりました。

 たとえば、ある夜の話です。
 部屋で勉強をしていたところ、突然、3年生の先輩がやってきて、私を連れ出しました。
 向かった先は、ラウンジです。寮生の憩いの場として用意されたその場所は、当然の流れで3年生しか使っていませんでしたが、この時は3年生以外も何人か居ました。2年生が4人と1年生が1人です。
 そこは異様な状況でした。ただ1人居た1年生は早希ちゃんで、彼女は周りの3年生と談笑していました。問題なのは2年生4人です。彼女たちは、壁際で横一列に並び、ジャージのズボンとパンツを膝まで下ろし、股間を丸出しにして直立していました。
 3年生たちの会話を聞いて、私は、事の成り行きをおおよそ理解しました。チューハイを持ち込んでほろ酔い加減になった3年生たちは、ハイテンション状態となり、2年生を呼び出して、誰の陰毛が一番濃いかで賭けをしていたのです。本当なら、この恥辱を味わうのは2年生4人だけで終わるはずでした。そういう流れだったのです。しかし、早希ちゃんがもう一回だけ賭けをしたいと言い出し、私が呼び出されたというわけです。
 私は心の中でうんざりしましたが、その気持ちを表に出すことはなく、指示された通りに2年生4人の隣に並びました。3年生は私服を着ており、2年生はジャージを着ているので、ただ1人だけ体操服にブルマである私には、なんとも言えない疎外感がありました。もう1人この場にいる1年生である早希ちゃんは、当たり前のような顔をして私服姿ですし。まあ、2年生はジャージとパンツを下ろしていますし、私もすぐに同じ格好になるわけですから、あまり気にすることでもないかもしれませんが。
 私は、ラウンジ中の注目が集まっている中で、ブルマに手を掛けました。早希ちゃんの「ごめんねー」という、謝罪の気持ちが全く入っていない言葉を受けながら、下着と一緒にブルマを膝まで下ろし、前に向き直って背筋を伸ばします。手は身体の横にぴったりと付けます。
 陰毛に視線が集中して、私はむず痒さを覚えましたが、耐えるしかありませんでした。顔が熱くなるのを感じながらも、真っ直ぐに立ち続けます。
 3年生たちは、「薄いじゃん」とか「負けた-」とか好き勝手なことを言い合いながら、手元のチョコレートを渡したり受け取ったりしていました。どうやらチョコレートが賭けの対象だったようです。勝っても負けても笑って済ませられる程度の賭けです。
 そんなことのためにいちいち呼び出され、股間を露出させられたわけですが、しかしこれで終わりではありませんでした。誰も「もう戻ってもいいよ」と言ってくれないので、下された命令は効力を保ち続けることになり、私は、ブルマと下着を半脱ぎ状態にしたまま突っ立っていなければなりません。
 おそらくは隣に並んでいる2年生4人も、同じように放置されているのでしょう。ジャージとパンツを膝まで下ろして陰毛を剥き出しにしたまま、じっと前を見つめています。
 3年生たちは、私たち5人の存在を忘れてしまったかのように、雑談で盛り上がっていました。
 結局、私たち5人は、3年生たちが解散して自分の部屋に戻っていくまでの1時間くらい、ずっと陰毛を晒して立っていました。途中で、3年生の1人が、「そろそろこの子たちは帰してあげる?」と言い出したのですが、早希ちゃんが「賭けの証拠が無くなったら、無効になっちゃいますよー?」と言ったので、最後まで戻ることはできませんでした。
 3年生からしたら、私たちが立っていようがいまいが、どちらでもよかったのでしょうが、それを差し引いても、3年生の言葉を否定してしまう早希ちゃんの発言力には驚かされます。
 そもそも、早希ちゃんの気紛れで私まで巻き込まれたというのに、私を呼び出しに来たのが3年生だったいうのが、すでにおかしな話です。これでは、その3年生は早希ちゃんのパシリをさせられたようなものでしょう。

 3年生と早希ちゃんがラウンジから居なくなると、私たち5人は、無言で下着を履きました。
 私はブルマとパンツを同時に引っ張ったのですが、2年生4人は、まずパンツを履いて、その次にジャージを引き上げていました。
 まともな格好に戻った2年生4人は、口々に不平を述べ始めました。彼女らの怒りは、3年生よりも早希ちゃんに向けられているようでした。それはそうでしょう。先輩に理不尽なことをされるのは、この寮なら普通のことですが、早希ちゃんは1年生なのです。最下層の奴隷階級です。なのに、3年生からちやほやされ、まるで自分が最上級生であるかのように振る舞っています。2年生の怒りを買うのは当然のことです。
 しかし、2年生がいくら怒り狂おうとも、3年生に守られている早希ちゃんに制裁を加えることはできません。彼女らの陰口も、結局はそこに行き着いて、尻すぼみになっていきました。
 私はこの時、ならば3年生が卒業して居なくなり現2年生が最上級生になったらどうなるのだろう、と思いましたが、口にはしませんでした。まだまだ先のことなので、考えても仕方のないことです。

露出オナニーに嵌った女子中学生

 自慰を覚えたのは中学校に入ってすぐだった。それから私は猿のように毎日オナニーに明け暮れた。朝から晩まで、クリトリスを弄ることしか考えられなくなっていた。授業の最中も、友達と喋っている時も、食事中でさえも、前触れなくクリトリスが疼いたりする。
 無尽蔵に湧き上がる性欲に突き動かされて、私は、自由時間のほとんどを一人エッチに費やした。私の身体は、一回や二回イッたくらいでは決して満足できないのだ。
 男子なら、マスタベーションのことで頭がいっぱいになるのは当たり前のことかもしれないが、女子である私がここまで自慰行為に嵌るのは、珍しいことだろう。ひょっとしたら、多淫症とかニンフォマニアとかいうやつなのかもしれない。深く考えたことはないけれど。

 初めて露出オナニーをした場所は、学校のトイレだった。元々は、露出が目的だったわけではない。自室以外でオナニーをすることに憧れがあったわけでもない。目的は単純だった。クリトリスを弄りたい。それだけである。授業中に欲情してしまった私は、だからといって家に帰るわけにも行かないので、なんとか放課になるまで我慢した後、トイレに行って自慰に耽ったのだった。
 これがまた思いのほか気持ち良かった。普段とは違い、スカートを捲り上げてパンツを下ろし和式便器に跨るだけでも、エッチな気分になり興奮することができた。いつもトイレで同じ格好になっているのに、それがオナニー目的であると意識すると、性器を丸出しにしていることそのものがいやらしく思えてきた。
 個室の外で喋っている同級生の声を聞きながら、私はクリトリスを擦り続けた。両隣の個室に誰かが入っているのも音で分かっていた。周りをクラスメイトに囲まれながらの一人エッチは格別だった。自分の部屋で擦っている時とは別物の快感と言ってもいいくらいだ。
 愛液が分泌され始めると、余計に興奮した。クラスメイトと薄壁一枚を隔てただけの空間で、性器を濡らし、指を濡らし、いやらしい臭いを発している。そう思うと、たまらなかった。
 臭いで周りに気付かれるかもしれないという不安はあった。そう簡単に分かるものではないだろうし、そうでなければ実行に移す勇気はさすがになかったが、万が一バレた時のことを想像してみると、自分のしていることの愚かしさを実感せずにはいられなかった。
 私の胸は、かつてないくらいどきどきしていた。それが主に、不安によるものなのか、興奮によるものなのか、自分でも上手く把握できなかった。本来は別種であるはずの感情が、私の中では一体化しているようだった。心臓の高鳴りさえも、更なる欲情の呼び水となっていた。
 興奮している自分に興奮しているという、もう何が何やら分からない状態でクリトリスを弄り続け、ついにはトイレの個室で絶頂を迎えた。

 こうして露出オナニーの味を覚えた私は、なるべく自分の部屋以外で自慰に耽るようになった。
 学校は最高の場だった。クラスメイトに見付かって引かれるかもしれない。先生に見付かって怒られるかもしれない。そうした不安材料がエッチな気分を押し上げてくれた。
 学校では、トイレだけではなく、放課後の教室とか、校舎裏とか、人目に付かなさそうなところはだいたい制覇した。
 私は美術部に所属していたので、部活が終わった後に美術室でこっそりオナニーすることが多かった。

 学校がない日は、デパートのトイレか、公園のトイレでオナニーをする。
 コンビニのトイレは、十分以上篭もっていると、店員さんに声を掛けられてしまうので、ゆっくり楽しむことができず、最近は敬遠気味だ。トイレのドアをノックされて声を掛けられた時は本当に驚いた。ついに自慰がバレてしまったのかと焦ったが、別にそういうわけではなく、ただ長居したのが原因だったので、普通に返事をして店を普通に出ることができた。あれはあれで興奮したが、やはりリスクが高すぎる。
 お気に入りは公園のトイレだ。デパートもいいが、清潔すぎてどうにもしっくりこない。逆に公園のトイレは汚すぎる感じがするけれど、まあ、それはそれでいいものだ。男女共用のトイレだと尚いい。男の人がペニスを剥き出しにしたであろう場所で、クリトリスを弄っていると、すぐに絶頂に達してしまう。

 公園で一度 見付かりそうになったことがある。相手は男の人だった。私はその時、全力で逃げ出し、二度とその公園に近付くことはなくなった。
 私は、露出オナニー狂いの変態なのかもしれないけれど、男に対して見境なく発情するわけではない。クラスに好きな男子はいるし、できることなら付き合ったりして、いつかHなこともしたいが、相手が誰でもいいとは間違っても思わない。この点、普通の女の子と変わりはないのである。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。