スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生痴漢7 アナル弄り

 先生にお尻の穴を弄くられている間、あたしは、吊革を掴んでいる手に力を入れるだけで、他には何もすることなく、ひたすらに耐え忍んでいた。
 こんな恥ずかしい状況に陥っていることを周りの乗客に気付かれたりしないか、不安ではあったけれど、先生もそこには気を付けているようだった。先生は、後ろからあたしと身体を密着させて、ぱんつの中に手を突っ込み、指だけを動かしている。
 電車は結構揺れているし、指はゆっくりと出し入れしているだけなので、周囲にバレる確率はかなり低いに違いない。
 まあ、それでも、肛門に指を突っ込まれていることが露見するのは絶対に嫌なので、どうしても心配になってしまうのだけれど。

 お尻の穴に指を入れられてからしばらくして、なんだか指の感触がねっとりしてきた。蜂蜜か何かでもまぶしたかのように、滑りが良くなっている。
 しかし、指はずっとあたしの肛門を出入りしていたから、何かを塗り付けることなんて不可能だろう。つまり、あたしには全く自覚がないのだけど、直腸から粘液らしきものが染み出してきたということになる。異物の侵入に反応した身体が、粘膜を守るために腸液を分泌させたのだろうか。
 …………。それは、どうなんだろう。普通のことなのかどうか、よく分からない。
 ひょっとしたら、指で刺激された直腸から、ウンチが漏れ出ているだけなのかもしれない。ぱんつに染み込んだり床に垂れ落ちたりしたら、どうしよう。あたしが気付いていないだけで、臭いとかはすでに漏れているかもしれない。こういうのは、自分では分かりにくいものだし。痴漢行為に気付いていない周りの人たちも、臭いにだけは気付いていて、なにかおかしいな、くらいのことは思っているかも……。
 さすがにあたしの思い過ごしだとは思うが、想像するだけで恥ずかしくなってきた。ただでさえ熱くなっている顔が、余計に火照ってくる。

 先生は、あたしの心情を知ってか知らずか、肛門嬲りを続けていた。粘液のおかげで指の動きはずいぶんとなめらかになっているはずだが、それでも先生の指は、ゆっくりゆっくりと肛門を往復している。
 あたしは、たまらずにお尻の穴をぎゅっと窄めてしまった。先生の指を食い締めてやろうと意識したわけではないが、しかし、全くの無意識の出来事とも言えなかった。くすぐられたら身体をよじりたくなるように、肛門を擦られて収縮させたくなってしまったのだ。あたしはその欲求に抗えなかったのである。
 そんなに強く引き締めたわけでもないためか、先生は、肛門の収縮運動に構わず、指の出し入れを続けた。

 そのうち、直腸の粘膜が熱くなってくるのをあたしは感じた。摩擦熱というやつだ。
 緩慢な抜き差しであるおかげで、肛門が熱を帯びているといっても、そう大したことはない。痛みも全くない。けれど、お尻の穴を擦られて熱くなるなんて現象は初めてのことなので、その違和感は強烈だった。

 電車が駅に着く直前に先生は指を引き抜いた。
 それまでの前後運動とほとんど同じ速度で抜き出ていったので、指が抜かれたことに気付くまでにあたしは数秒を要した。

 先生の手がぱんつの中から出ていくと同時に電車が止まった。乗客が一斉に出入り口に吐き出されていく。その波に従ってあたしと先生も駅のホームに出た。
 先生は、ぱんつ越しにクリトリスを刺激するだけだったこれまでの痴漢と同様、何事もなかったかのようにさっさとどこかへ消えてしまった。
 肛門に突き込まれていた指をどうするつもりなのか、あたしは気になって仕方なかったが、しかしまさか後をつけて確認するわけにもいかない。すぐにトイレの洗面台で洗ってくれることを祈るしかない。洗う前に臭いを嗅ぐことだけは辞めてほしいと切に願うばかりだ。

 あたしは、違和感の残る肛門をなるべく気にしないようにしながら帰路についた。
 幸い、家に着く頃には、指を入れられていたことが嘘のように何も感じなくなっていた。
 それでも、先生の指が触れた箇所は綺麗にしたかったので、入浴時に、石鹸を泡立てて肛門表面を指で擦った。
 中まで洗うかどうかは迷ったけれど、結局は洗うことにした。和式便所に跨っているような姿勢を取って、自分の指を自分の肛門に差し込み、何度か出し入れまで行った。
 指を抜いた後、あたしは念入りに手を洗った。

 これですべてが終わったのであれば、忘れることもできるかもしれないが、きっとまた痴漢をされるだろう。そしてまた肛門に指を突き込まれるかもしれない。
 それを思うとあたしは憂鬱になった。

新入部員いじめ1 お尻を突き出す

 当時、私はソフトボール部の2年生だった。
 その年は、県内にある他校のソフトボール部2つが不祥事で潰れてしまい、ソフトボールを志す新1年生が、私の通っている学校に集中した。ソフトボールに力を入れている学校なんて限られてくるので、新入部員は、例年の4倍である60人にまで膨れ上がってしまった。2年生と3年生はちょうど各10人なので、すべて合わせると80人にもなる。
 元々それだけの人数がいる部なら何の問題もないのだろうが、これまで多くても40人前後にしかならなかった我がソフトボール部は、体験入部が始まった日から、私たち上級生すらもまともに練習ができなくなってしまった。
 このままでは非常に困ることになるのは明白だった。けれど、顧問の先生は、平等性を極度に重んじるタイプで、新入部員たちを除け者にすることなく、普通に練習に参加させていくつもりである旨をはっきりと口にした。
 大量の新入部員をグラウンドに入れず、延々と学校の周りを走らせたり、筋トレをさせ続けたりするのなら、まだどうにかなったかもしれないが、そうでないのなら、私たち上級生には迷惑極まりないことだ。
 そこで、私たち上級生は、新入部員らが自分から退部を申し出るよう促すことにした。もちろん、そう簡単に退部してくれるはずはない。彼女たちは、子供の頃からソフトボールで泥と汗にまみれ、高校で花開くことを夢見て入学してきたのだ。だから、自主的に退部してもらうためには、少々強引なことも必要だった。
 後になってからよく考えてみると、常軌を逸してたのではないかと思えるような所業だったかもしれない。しかし、私も含めた当時の上級生は、かなりの危機感を抱いていて、今までの環境を守るためにはこうするしかない、と本気で思い込んでいたのだ。
 悪いのは、部の都合を考えずに大挙して入部してきた1年生たちだ。そう思ってさえいた。

 体験入部期間の最終日。
 部活が終わり、顧問の先生が帰宅すると、私たち上級生は、1年生を連れて第二体育館に移動した。バレー部とバスケ部が引き上げて無人の暗闇になっていた第二体育館に入り、消したばかりであろう照明を再び点ける。
 何も知らないでここに来た新入部員たちは、みんな不安げな顔をしていた。上級生が自分たちを歓迎していないことは、体験入部期間中の態度から、充分に感じ取っていただろうが、数え切れないくらい金属バットをお尻に叩き付けられることになるとは、さすがに思っていなかっただろう。

 キャプテンは、新入部員を壁際に並ばせて、部員としての心構えを訓示した。根気がないと練習に付いていけなくなるとか、そんなようなことを言っていたのだったか。
 そして、上級生のスイングがどれほど速くて鋭いかを身体に教えてあげるから、全員ジャージとブルマを下ろして尻を突き出せ、とキャプテンは言った。
 新入部員の大半は、下手な冗談だとでも思ったらしく、反応に困っていたようだったが、やがて上級生が誰も笑っていないことに気付くと、表情を引きつらせた。
 中学でソフトボールをやってきた子なら、ビンタやケツバットくらいの経験はあるかもしれないが、いくらなんでも、下半身を丸出しにさせられたことはないはず。生尻にバットを受けた経験も。
「嫌なら辞めろ!」
 戸惑う1年生たちにキャプテンが怒鳴り付けた。この台詞は、これからの数時間のうちに上級生が何百回も繰り返すことになる。

 何度も罵声を浴びせられながら、新入部員はジャージを下ろし、ブルマを下ろし、下着を下ろした。それから、壁に手を付き、尻を突き出した。
 私たち上級生は、それぞれ手分けして、1年生の姿勢に文句を付けた。頭の位置が高い。背中が丸くなっている。尻が低い。足が閉じている。とにかく色んなことを大声で指摘した。
 体育館中に鳴り響き続けた上級生の怒声が止んだのは、5分くらいしてからのことだ。
 1年生たちは、背中の角度を床とほぼ水平にして尻を突き出し、膝付近に引っ掛けたままのブルマと下着が伸びきるくらいに両足を広げていた。
 後ろから見ている私たち上級生には、1年生の股間が丸見えだった。

新入部員いじめ2 強烈なケツバット

 ずらりと並んだ1年生の股間を私は眺めた。
 性器は人それぞれだ。別物であるかのように差がある。
 小陰唇の大きな子は、おおよそ形が左右非対称で、全体的な見た目も総じて醜かった。このうえ陰毛が濃かったりすると、不潔な印象も強くなる。
 逆に、小陰唇があまり発達していない子は、形が単純である分、左右対称に近く、綺麗に見える。陰毛が薄ければ尚更だ。

 股間の形状と顔の可愛らしさは、あまり関係がないらしい。ずらりと並んだ40人の股間を見て私はそう思った。
 けれど、陰唇が鮮やかな子は、お尻の肌が綺麗な確率も高いように感じた。お尻に出来物がいくつもあったり妙な色素付着があったりする子は、小陰唇が大きく飛び出ているケースが多いように思える。
 まあ、なんとなくそう思っただけで、記録を取って検証したわけではないので、正確なところは分からないけれど。

 どこからか、チーズ臭が漂ってきたような気がした。そんなに強い臭いがしたわけではないので、ひょっとしたら気のせいだったかもしれない。
 しかし、1年生たちは事前にシャワーを浴びているわけではない。あまり股間を洗わない子なら、こうして尻を突き出して股を開いていれば、ある程度の臭いがしても不思議ではないだろう。

 お尻の大きさは、どの子もだいたい体格相応だったが、たまに、普段の印象よりもお尻の大きな子がいた。というか、そういう子は、下半身そのものが大きめだ。下半身太りというやつかもしれない。割りと可愛い子のお尻が思ったよりも大きかったりして、少し驚かされることもあった。
 とはいえ、大半の子は、お尻も太ももも貧相そのものだ。つい最近まで中学生だったのだから、当然ではある。いくら食べても、毎日体力の限界まで練習していると、自然と痩せ気味になってしまうのだ。高校2年生の私にしても、似たようなものだ。

 キャプテンは、自慢のスイングを1年生ひとりひとりに披露していった。私の見た限り、全く手加減をしている様子はなかった。一発ごとに、重みのある衝撃音が体育館に鳴り渡った。
 フルスイングでバットをお尻に叩き込まれた1年生は、半分くらいが床に崩れ落ち、お尻を手で押さえた。
 キャプテンはそれを許さず、壁に手を付いての尻出し姿勢を再び強要した。叩かれる前も、叩かれた後も、1年生はお尻を突き出していなければならないのだ。
 生尻へのケツバットを受けて倒れなかった1年生も、ほぼ全員が、痛みに耐えかねて顔を上げたり、背中を反らしたりしていた。当然、キャプテンから罵声が受け、慌てて姿勢を戻すことになった。

 キャプテンが1年生のお尻にひとり一発ずつ強烈なケツバットをお見舞いし終わっても、この壮大なスパンキングショーはまだ終わらなかった。というか、これが始まりみたいなものだった。
 キャプテンに続き、他の3年生たちが、バットを持って1年生たちの後ろに陣取った。
 壁に手をついてお尻を突き出したまま肩越しに振り返った1年生たちは、事態を悟り、怯えた表情になった。すでに涙を流している子もいる。
 3年生たちは、1年生に怒号を浴びせ掛けながら、容赦なくバットを振るい始めた。さっきまでは、キャプテンだけがスパンキングを行っていたので、音は一発ずつしか鳴らなかったが、今度はあちこちで衝撃音が発生していた。
 一発一発の音量は、キャプテンが放っていた音よりずいぶんと小さかったが、それは3年生たちが力をセーブしているからに他ならない。もちろん慈悲のためじゃない。連続で叩くためだ。
 3年生たちは、一発叩いた後も、さらにバットを構え、スイングしていた。何本ものバットが空気を切り裂いて、1年生のお尻に叩き付けられていく。
 ひとりに10発前後を叩き込むと、3年生は次の子のお尻に狙いを定める。順番なんて適当だ。目に付いたお尻の前で足を止めて、バットを構える。そして叩き込む。満足したらまた次のお尻へ。
 3年生よりも1年生の方が圧倒的に数が多いので、ただお尻を突き出しているだけでほとんど叩かれることのない幸運な1年生も居た。しかし逆に、3年生が離れたと思ったらすぐにまた別の3年生にバットを叩き込まれる子も居た。このへんは完全に運次第だ。

 3年生たちの体力が尽きてくると、私たち2年生の出番だ。
 入れ替わる際に私は3年生のひとりからバットを受け取った。

新入部員いじめ3 お尻叩きを愉しむ上級生

 3年生はおおむねスパンキングを楽しんでいたようだったけれど、私たち2年生は、楽しんでいる人とそうでない人で半々くらいだった。表情を見れば一目瞭然。ほくそ笑んでいる人と、渋い顔をしている人。綺麗に分かれている。
 どちらかというと、私は楽しんでいない派だ。
 私たち2年生も、ほんの数週間前までは1年生だったわけで、上級生から叩かれる側だったのだ。お尻を晒して叩かれるのが、どれだけ恥ずかしくて痛くて辛いことか、身を持って知っている。それを、入ってきたばかりの新1年生に強要するだなんて、胸が痛む。
 普通に考えればそうなるんじゃないかと私は思うのだが、しかし残念ながら、どうやら2年生の中でも半分は違うらしい。
 まあ、楽しんでいる派と楽しんでいない派の顔を見ていると、納得できるメンツではある。楽しんでいる派は、これまでの部活でも、先輩に対する陰口をよくしていたり、同級生のミスに厳しい態度を取ったり、様々な状況で我の強さを発揮していた人ばかりだ。対する楽しんでいない派は、先輩の悪口を言うことはあっても、そんなにあることではないし、その内容も控え目で、他人を悪く言うことに抵抗を覚えるようなタイプが多い。結局のところ、後輩に対する態度は、各々の性格が如実に表れているということだろう。
 だとするならば、3年生はほとんどが性格に問題があるということになってしまうけれど、まあ、実際そんな感じかもしれない。

 なんにしろ、いくら望んでいなくても、2年生は、後輩のお尻を金属バットで叩かなければならない。拒否などしようものなら、3年生に何をされるか分からない。最悪の場合、1年生の横で私もブルマとパンツを下ろしてお尻を突き出さなくてはならなくなるかもしれない。だからこれは仕方のないことなのだ。
 私は心の中でそう言い訳をしながら、1年生たちの背後に立ち、バットを構えた。

 目の前には、1年生たちのお尻が並んでいた。
 無残な光景だった。
 1年生たちは、壁に手を付いて、赤く腫れ上がったお尻を突き出している。泣きながらか、泣くのを我慢しながら。手足を震えさせている子も多くいる。肩を震わせて嗚咽を漏らしている子さえいる。
 どのお尻も、真っ赤に腫れ上がっていた。ちょっと赤くなっているとか、そんな程度では全くない。純粋な赤色じゃないにしろ、いくら叩いてもこれ以上は赤くならないだろうと思うくらいには、赤い。充血しきっている。
 全体的に小柄で細身の1年生たちには不自然なほど、彼女らのお尻は大きかった。もちろんそれは、叩かれて腫れ上がったせいだ。普段よりも何割か大きくなっているであろう尻たぶは、刺激に対して極めて脆弱になっているはず。ちょっと触っただけでも鋭い痛みが走ることだろう。
 しかも中には、太ももまで腫れている子もいた。3年生が叩いているのを見ていた時は気付かなかったが、どうやら太ももを叩かれた子が何人かいたらしい。3年生の誰かが狙いを外してしまったのだろうか。あるいは、わざと太ももにバットを叩き付けたのかもしれない。それまで叩かれていなかった1年生は、初めて太ももを叩かれた時、きっと驚き、大きなリアクションを取っただろう。もし3年生がわざとやったのなら、それを見て笑ったに違いない。

 私は1年生たちを気の毒に思ったが、私の隣に陣取っている同級生は、1年生たちを嘲笑い、煽り立てていた。
 聞くに堪えない言葉の数々だったが、例を挙げると、「お尻の穴の近くにホクロがあるよー? 知ってたー?」とか、「ほらほら、もっとお尻を突き出して! あんたは1年で一番のケツデカなんだから、少しは根性見せな!」などである。
 彼女は、そういった非道な言葉を浴びせながら、1年生のお尻をぺちぺちと平手で叩いていた。力は全然篭もっていなかっただろうが、しかし、腫れ上がったお尻には耐え難い刺激だったらしく、その1年生は、飛び上がりそうなくらいに全身をびくんと震わせた。
 するとさらに罵倒されるのだ。
「なに勝手に動いてんの!」
 そう言われて、1年生は泣き声で謝罪していた。

 いい加減にしてよ、と思いながらも、私は彼女を止めたりはしなかった。そんなことをしたら3年生に目を付けられるのは分かりきっていた。
 だから溜息をつくだけに留めたのだけれど、彼女はそれに気付き、しかも気に障ったらしく、「なんか文句あんの?」と私に言ってきた。
 私は「別に……」と言って、彼女から目を逸らした。
 その後も、横目で見る限り、こっちを睨んでいるようだったが、私は気付いていない振りをした。

「2年生、そろそろ始めていいよ!」
 キャプテンが言うと、私たち2年生は、一斉にバットを振り下ろした。
 私も、眼前のお尻にバットを叩き付けた。全力を出したわけではないが、殊更に力を抜いたりもしなかった。少なくとも3年生が不満を覚えたりしないよう、ちゃんとした衝撃音が鳴るように、しっかりとバットを振り切ったのだった。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。