スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生痴漢 1話 暴力教師

 下校の際に乗る電車は、最初のうちこそ同じ学校の生徒で溢れかえっているが、駅をひとつ過ぎるたびにだんだんと制服姿が減っていき、やがてセーラ服の女子高生はあたしひとりになる。
 あたしほど遠くから通学している生徒はいないのだ。

 通学はあたしにとって憂鬱な時間だった。
 普段はいい。いつも満員で座れないのは辛いけれど、そんなことはみんな同じだ。吊革に掴まりながら、単語帳をあやつり、英単語を頭に染み込ませていれば、割りとあっという間に時間が過ぎていく。
 問題なのは、月曜日の下校時だった。同じ学校の生徒が居なくなる頃になると、決まって痴漢があたしの後ろに忍び寄ってくるのだ。

 お尻に何かが当たっている感触を覚えて、あたしは後ろを振り返り、自分のお尻に目をやった。
 今日もだ、とあたしは思った。手の甲があたしのお尻に押し付けられている。手はなかなか離れない。どころか、強く押し付けられている。ただ偶然当たっているだけでは決してない。明らかな意志を感じる触り方だ。
 紛う事なき痴漢行為。強制わいせつ。
 振り返ったついでに痴漢の顔を確認する。……いつもの顔だった。
 権藤先生。中年太りの体育教師。あたしのクラスの授業が権藤先生の担当になったことはない。けれど、権藤先生の暴力的な授業方針は、学校内の者なら誰でもが知っていることだった。生徒の評判はすこぶる悪い。同僚教師からの評判も最低クラスだ。基本的に先生たちは同僚の批判を生徒の前ですることはないのだけど、権藤先生に対してだけは別のようだった。どれほど嫌われているか、これだけでも分かろうというものだ。

 あたしからすると、権藤先生は恐い先生だ、くらいの印象しかなかった。具体的に言うと、すぐに怒り出しそうだからなるべく近寄らない方がいい先生、という感じか。直接関わったことのない生徒の認識はだいたいそういうものだろう。
 でも、数々の悪評なんて、権藤先生の一部分を表しているに過ぎなかった。権藤先生は、生徒に暴力を振るうだけでなく、自分の学校の生徒に痴漢までする異常者なのだった。

女子高生痴漢 2話 無抵抗

 最初は信じられなかった。初めて痴漢をされて、振り向いた時、権藤先生の顔を見ても、似ているだけの別人なのではないかと思ったくらいだ。権藤先生なら性犯罪に走っても何ら不思議ではないというか、むしろ納得してしまうくらいだけれど、それにしたって、電車内での痴漢はないんじゃないか、と思った。自分の生徒に痴漢なんかしたら、すぐに捕まってしまう可能性が高いはず。だから信じられなかった。

 その日から、毎週1回、月曜日の下校時にあたしは痴漢された。
 何度もされているうちに、あたしは悟った。権藤先生は、捕まる可能性は低いと踏んだから痴漢行為をしているのだ。
 同じ学校の生徒が居なくなるのを待ってから痴漢を始めていることからそれが窺えた。
 それに、あたしは大人しい生徒だし。
 気軽に話ができる友達は、クラスにふたりしかいないし、そのふたりとも、学校の外で遊んだことなんて数えるほどしかない。
 休みの日はあたしはいつも自分の部屋で勉強をしていた。特に勉強が好きというわけではないし、何か目標があるわけでもない。将来は男に負けずバリバリ働きたいとか思っているわけでもない。ただ、現在の成績を維持するためには勉強をしないわけにはいかないというだけのことだった。
 意味もなく勉強の毎日を送った代償として、中学生の頃に眼鏡を掛けるようになったのが、また権藤先生に付け入られる余地を作ってしまったのかもしれない。眼鏡を掛けている少女とか、見た目は気弱そうだから。
 いくら勉強しても視力が落ちない人もいるらしいけれど、羨ましい限りだ。まあ、それは今ここではあまり関係のない話か。

 とにかく、大人しい眼鏡女子高生であるがために、あたしはこうして権藤先生に目を付けられ、お尻を触られているのだった。
 実際、権藤先生の見立ては正しい。あたしは何をされても大声を上げることなんてできない。痴漢されているから助けてください、だなんて、そんな恥ずかしいことを言えるはずはない。というか、痴漢されていること自体が恥ずかしい。電車に乗り合わせている周りの人に知られたくなんかないし、お尻を触られているところを見られるのはもっと嫌だ。だからあたしは黙っているしかない。権藤先生が飽きるのを待つしかない。
 権藤先生がうちの学校の教師であることは初めから知っていたので、一度だけ、「や、やめてください……」と後ろに陣取っていた権藤先生に言ったことがあるのだけれど、当然のように無視された。
 それどころか、あたしの言葉は、権藤先生をむしろ増長させることになった。なんだやっぱりこの程度のリアクションしか取れないのか、と思われてしまったのだろう。
 あたしとしても、そう何度も「やめてください」と言うのは抵抗があった。同じことをしつこくするのは苦手だ。それがたとえ、正当な権利の元であったとしても。

女子高生痴漢 3話 クリトリスへの刺激

 権藤先生の手があたしのお尻から離れた。けれど、痴漢をやめたわけではない。
 スカートの上からお尻を触るだけだなんて、そんなぬるい痴漢で満足してくれたのは、最初の1回だけだ。
 2回目からは、スカートの中に手を突っ込まれ、ぱんつの上から股間を弄くり回されるようになった。

 8ヶ月目にして30回目の痴漢である今回も、権藤先生の太い手があたしのスカートの中に入ってきた。権藤先生はあたしの背中に身体を密着させていた。そして、後ろからあたしの股間に触れてくる。
 ぱんつ越しとはいえ、お尻の谷間に指が潜り込んでくるのは、恥ずかしいというだけじゃなく、とてもとても気持ちの悪いことだった。
 性的欲求の捌け口にされているという事実のみでも不快だというのに、権藤先生の指の感触をお尻で感じ取らされるのだから、たまったものではない。背中に怖気が走る。

 権藤先生の指は、下のほうへ流れていき、あたしの股間に触れてきた。もちろん、ぱんつの上からだけれども、しかしあたしは指の太さをしっかりと認識してしまう。薄布一枚なんて、あってもなくても同じようなものだ。いやもちろんあった方がいいのだけれど、先生の指に犯されているということには変わりはない。
 先生はゆっくりと指を前後に動かした。ぱんつを擦り上げることによって、あたしの股間を刺激しているのだ。

 嫌でしょうがないことをされていても、そこに刺激を加えられれば感じざるを得ない。特に、ぱんつ越しにクリトリスをつつかれると、あたしはどうしようもなく官能を得てしまう。
 仕方のないことだ、と思う。嫌いな相手だろうと、クリトリスを擦られれば、女の子はたまらなくなるのだ。あたしが特別にいやらしいわけではなく、誰だってそうだろう。たぶん。きっと。

女子高生痴漢 4話 パンツの上から

 これまで権藤先生には何度も痴漢をされてきたけれど、しかし今回はどうもいつもと違うようだった。パターン通りならぱんつ越しにクリトリスを刺激してくるだけで終わるはずなのに、なぜかそれだけでは終わらず、権藤先生は別の箇所に触れてきた。
 お尻の穴。考えようによっては性器よりも触れられたくないところ。ぱんつの上から権藤先生は私の肛門を刺激してきたのである。

 布一枚を隔てているとはいえ、先生の指先によって排泄器官を刺激されて、私は声を上げそうになった。
 別にオマンコなら慣れているから構わないなんて考えていたわけではないけれど、それにしたってお尻の穴はないだろうと思う。そんなところに触れて、何が楽しいのだろう。訳が分からない。性器であれば話は分かる。中年男が女子高生の性器に惹かれるのは当然のことだ。セックスまで持ち込むことはできないから、その代償行為として、オマンコを指で愛撫する。自然極まりない。
 けれど、排泄器官を弄くったりしたところで、疑似セックス行為にはならないではないか。一体なにが権藤先生を突き動かしているのだろう。全く分からない。

 私の疑問をよそに、権藤先生は執拗に肛門を撫でてきた。もちろん、ぱんつの上からではあるが、私はその気持ち悪さに息を呑んだ。
 クリトリスを刺激された時とは違い、快感は全くと言っていいほどない。先生の指は優しげで、愛おしむように撫でてくるので、くすぐったさに近い心地良さはあるものの、官能的な感覚とは程遠い。それよりも本能的な嫌悪感の方がずっと大きかった。

 耐えきれず、私は「やめてください」と言った。これまでのような形だけの言葉とは違い、久々に示した明確な拒絶の意志だった。
 しかし先生は全く気にせず、私のお尻の穴を刺激している。
 ひょっとしたら聞こえなかったのかもしれない。周りの乗客に気付かれないよう、自分の耳にもほんのわずかに届くくらいの小さな声で言ったものだから、権藤先生に聞こえたなかったとしてもおかしくはない。
 だから私はもういちど同じことを言おうとした。でも声が掠れてしまい、さっきよりも小さな声になってしまった。
 まずい、と私は思った。これでは痴漢をされ始めた頃と一緒だ。最初に痴漢をされた時にもっとはっきりと拒絶していれば、権藤先生も私に付きまとうことはなかったに違いない。私が中途半端な抵抗しかしなかったために、この鬼畜教師は調子に乗り、何度も痴漢を働き、ついにはこうしてアナル責めまで行っているのではないか。
 私は後悔したが、今更どうにかなることではなかった。

 権藤先生は責め手を強めた。

女子高生痴漢 5話 パンツの中

 権藤先生の手が、あたしのパンツの中に入ってきた。
 あたしは全身を硬直させた。こんなのは今までになかったことだ。ずっとパンツの上から触るだけだったのに……。

 権藤先生は、パンツの中に手を忍ばせると、指先を滑らせて、あたしの肛門に触れてきた。
 最初は軽い接触だけで、ほとんど撫でるみたいな触り方だったけれど、その動きはだんだん大胆になってきて、ついにはアナル表面を揉み込んできた。

 あたしは、今にも指で肛門を貫かれるのではないかと、気が気ではなかった。
 先生の中指は、まるであたしを怯えさせることが目的であるかのように、時折 力を入れて肛門を押すような素振りを見せた。
 そのたびにあたしは肩を少しだけ上げて、恐怖を露わにしてしまう。それが権藤先生の目を楽しませることになるのだと分かっていても、どうしても反応してしまうのだった。

 そうやって何度もフェイントで脅された後、本当に肛門内部に侵入されることになった。権藤先生の中指は、それまでの威嚇と同じように、窄まりの中心を軽く押していたが、この時はそこで引かず、さらに力が加わっていき、腸内へと押し進んでいったのだ。

 全く濡れていない直腸粘膜を指で無理やり擦られるのは痛かった。激痛というわけではないけれど、表情が歪むくらいには痛い。

 あたしは恐くなった。先生があたしの痛みをどこまで理解しているのかが分からないため、もっと無茶なことでも平気でするのではないかと心配になったのだ。
 権藤先生があたしの身体を気遣うことは有り得ないけれど、激痛を与えれば痴漢が成立しなくなるのはさすがに分かっているだろうから、あたしが痛がっていることに気付いているのなら、今以上のことはしてこないだろうと思う。でも、権藤先生がその辺りのことに気付いていなかった場合、それと知らずにあたしに痛みをもたらすこともあるだろう。
 それが恐かった。

 指が根元まで突き込まれると、権藤先生が動きを止めたので、痛みは感じなくなったが、直腸に指を突っ込まれたままであるため、その違和感は強烈だった。
 肛門に意識を集中しているせいか、独りでに窄まってしまうことがあり、先生の中指を食い締めてしまうことがあった。直腸を反応させてしまっていること自体からして恥ずかしかったし、官能を得ているかのように思われるのも嫌だったけれど、どうにも防ぎようがなく、数秒に一度は肛門を収縮させてしまう。

 これから権藤先生がどうするつもりなのか全く分からず、あたしはお尻に指を突っ込まれたまま立ち尽くしていた。

女子高生痴漢6 アナル収縮

 駅に着くまであと5分といったところだが、あたしには絶望的な数字のように思えた。5分もの間、この変態教師に排泄器官を弄くられなければならないのだ。普段なら5分なんてあっという間に過ぎ去っていくけれど、今はそうもいかないだろう。これまでになく長い5分間になるはず。
 あたしは額に冷や汗を浮かべながら、早く駅に着くことを願った。

 権藤先生の指は、なかなか動き出そうとはしなかった。1分か2分は、あたしの肛門に指を突っ込んだままじっとしていた。
 変な動きをされないことは歓迎すべきなのかもしれないが、全く動きを見せないというのもそれはそれで嫌だった。先生が何を考えているのか分からず、不安になる。

 先生が静止している間、あたしはやはり何度もお尻の穴を窄めてしまった。
 どれだけ意識してそれを止めようとしても、上手くは行かない。というか、肛門に意識を集中しているせいで、逆に変な反応をしてしまうのかもしれない。
 だとしても、どうしようもないことだ。お尻の穴に指を差し入れられているというのに、それを意識しないでいるなんて、できるわけがない。
 ひょっとしたら、先生は、肛門の収縮を楽しんでいるのかもしれない。
 お尻の穴に指を突っ込んでいれば、その感触自体も楽しめるだろうが、それだけじゃなく、あたしへ恥辱を与えることにも繋がっているのだから、そういう面でも楽しみを見出していたとしても、この変態教師ならば、何らおかしくはないだろう。

 鬼畜教師の思い通りになるのは御免なので、あたしはなんとかして収縮反応を止めたかったが、どう足掻いても無駄だった。
 先生が再び動き出すまで、肛門は、あたしの意に反して、先生の指を繰り返し食い締めた。

 どうしても肛門を窄めることが止められなかったので、先生の指が動き出した時、あたしはむしろほっとしたのだけれど、しかしすぐにそんなことも言っていられなくなった。
 指が直腸を抜け出ていく感覚が、排便時のそれとほとんど同じで、あたしはお漏らしをしてしまったのではないかと思い、肝を冷やした。
 それが勘違いであることはすぐに察することができたが、一旦 高まった胸の鼓動はなかなか落ち着かなかった。

 ある程度 引き抜かれた指は、そのまま出て行くことはなく、一瞬だけ止まった後、腸奥 目掛けて突き進んできた。
 腸内を掘られる感触に息が詰まりそうになる。
 だけど、顔を歪めている暇もなく、指はすぐに戻っていった。腸粘膜を擦りながら。
 また排泄時の感覚が蘇る。
 指が出ているだけだと分かっていても、本当に排便をしているのではないかという思いが頭から抜けず、あたしは恐ろしさに震えた。万が一にもお漏らしをしていたら、この強姦教師に醜態を晒してしまうことになるし、周りの乗客にも知られてしまうことだろう。そうなったらとても生きてはいけない。だから、もしかしたらという思いがあたしを震え上がらせるのだ。

 先生は、ゆっくりと指を出し入れしていた。
 それゆえにあたしは直腸の摩擦をはっきりと感じ取ってしまう。
 指を根元まで突き込まれた時、肛門は決まって反射的にきゅっと引き締まった。そして、窄まっている肛門から、指が無理やり抜け出ていく。
 そのせいか、指を突き込まれている時よりも、指を抜かれている時の方が、腸粘膜を強く擦られているような気がした。

女子高生痴漢7 アナル弄り

 先生にお尻の穴を弄くられている間、あたしは、吊革を掴んでいる手に力を入れるだけで、他には何もすることなく、ひたすらに耐え忍んでいた。
 こんな恥ずかしい状況に陥っていることを周りの乗客に気付かれたりしないか、不安ではあったけれど、先生もそこには気を付けているようだった。先生は、後ろからあたしと身体を密着させて、ぱんつの中に手を突っ込み、指だけを動かしている。
 電車は結構揺れているし、指はゆっくりと出し入れしているだけなので、周囲にバレる確率はかなり低いに違いない。
 まあ、それでも、肛門に指を突っ込まれていることが露見するのは絶対に嫌なので、どうしても心配になってしまうのだけれど。

 お尻の穴に指を入れられてからしばらくして、なんだか指の感触がねっとりしてきた。蜂蜜か何かでもまぶしたかのように、滑りが良くなっている。
 しかし、指はずっとあたしの肛門を出入りしていたから、何かを塗り付けることなんて不可能だろう。つまり、あたしには全く自覚がないのだけど、直腸から粘液らしきものが染み出してきたということになる。異物の侵入に反応した身体が、粘膜を守るために腸液を分泌させたのだろうか。
 …………。それは、どうなんだろう。普通のことなのかどうか、よく分からない。
 ひょっとしたら、指で刺激された直腸から、ウンチが漏れ出ているだけなのかもしれない。ぱんつに染み込んだり床に垂れ落ちたりしたら、どうしよう。あたしが気付いていないだけで、臭いとかはすでに漏れているかもしれない。こういうのは、自分では分かりにくいものだし。痴漢行為に気付いていない周りの人たちも、臭いにだけは気付いていて、なにかおかしいな、くらいのことは思っているかも……。
 さすがにあたしの思い過ごしだとは思うが、想像するだけで恥ずかしくなってきた。ただでさえ熱くなっている顔が、余計に火照ってくる。

 先生は、あたしの心情を知ってか知らずか、肛門嬲りを続けていた。粘液のおかげで指の動きはずいぶんとなめらかになっているはずだが、それでも先生の指は、ゆっくりゆっくりと肛門を往復している。
 あたしは、たまらずにお尻の穴をぎゅっと窄めてしまった。先生の指を食い締めてやろうと意識したわけではないが、しかし、全くの無意識の出来事とも言えなかった。くすぐられたら身体をよじりたくなるように、肛門を擦られて収縮させたくなってしまったのだ。あたしはその欲求に抗えなかったのである。
 そんなに強く引き締めたわけでもないためか、先生は、肛門の収縮運動に構わず、指の出し入れを続けた。

 そのうち、直腸の粘膜が熱くなってくるのをあたしは感じた。摩擦熱というやつだ。
 緩慢な抜き差しであるおかげで、肛門が熱を帯びているといっても、そう大したことはない。痛みも全くない。けれど、お尻の穴を擦られて熱くなるなんて現象は初めてのことなので、その違和感は強烈だった。

 電車が駅に着く直前に先生は指を引き抜いた。
 それまでの前後運動とほとんど同じ速度で抜き出ていったので、指が抜かれたことに気付くまでにあたしは数秒を要した。

 先生の手がぱんつの中から出ていくと同時に電車が止まった。乗客が一斉に出入り口に吐き出されていく。その波に従ってあたしと先生も駅のホームに出た。
 先生は、ぱんつ越しにクリトリスを刺激するだけだったこれまでの痴漢と同様、何事もなかったかのようにさっさとどこかへ消えてしまった。
 肛門に突き込まれていた指をどうするつもりなのか、あたしは気になって仕方なかったが、しかしまさか後をつけて確認するわけにもいかない。すぐにトイレの洗面台で洗ってくれることを祈るしかない。洗う前に臭いを嗅ぐことだけは辞めてほしいと切に願うばかりだ。

 あたしは、違和感の残る肛門をなるべく気にしないようにしながら帰路についた。
 幸い、家に着く頃には、指を入れられていたことが嘘のように何も感じなくなっていた。
 それでも、先生の指が触れた箇所は綺麗にしたかったので、入浴時に、石鹸を泡立てて肛門表面を指で擦った。
 中まで洗うかどうかは迷ったけれど、結局は洗うことにした。和式便所に跨っているような姿勢を取って、自分の指を自分の肛門に差し込み、何度か出し入れまで行った。
 指を抜いた後、あたしは念入りに手を洗った。

 これですべてが終わったのであれば、忘れることもできるかもしれないが、きっとまた痴漢をされるだろう。そしてまた肛門に指を突き込まれるかもしれない。
 それを思うとあたしは憂鬱になった。

女子高生痴漢8 アナル習慣

 初めてお尻の穴に指を入れられて以降、権藤先生はますますしつこくなった。それまでは、月曜日くらいしか痴漢をしてこなかったのに、今はもう、週に3日や4日は私の後ろに張り付いてくる。
 下校時だけでなく、登校時にも狙われることが多くなった。一体どうやって私の行動を把握しているのか、皆目見当が付かないけれど、権藤先生は、私がどんなに時間をずらしても、いつの間にか背後に陣取り、痴漢をしてくる。

 必ずしも肛門に指を挿入してくるわけではなかったが、しかしそこを全く刺激されないというケースはなかった。
 最低でも、パンツの上からお尻の穴を弄ってくる。まるで、パンツ越しに肛門の形を確かめているかのように、ゆっくりと何度も指先でなぞってくるのだ。そのおぞましさは、クリトリスを弄られている時の比ではない。
 場合によっては、パンツの中に手を突っ込んできて、直接 肛門をほぐしてきたりもする。最悪の場合は、指を入れられてしまう。
 日によって先生のやり口は違っていた。気分の問題なのだろうか。
 私を焦らしているつもりなのだとしたら、見当違いも甚だしい。肛門を弄られて気持ち良くなったことなんて、私は一度としてない。
 クリトリスとは違う。排泄器官で感じることは有り得ない。アナルセックスという概念は前から知っていたけれど、そんなことで快感を得られるような変態になったつもりはない。これからもないだろう。
 なのに権藤先生は、それが理解できないのか、執拗にお尻の穴を刺激してきた。

 ある日なんて、私の肛門に中指を埋め込んだ先生は、駅に着くまで全く動かず、私の腸内に居座り続けた。
 出し入れは一切なく、ただ入れているだけ。それでも、物理的な違和感と精神的な汚辱感は強かった。
 たまに電車が大きく揺れたりすると、直腸内の指にも微妙な振動が加わって、私はそれを腸粘膜から感じ取らされたりした。とても気持ちの悪いことだ。
 お尻の穴にずっと先生の指を咥え込んだまま、私は、周りの乗客に気付かれないよう願い、手すりをぎゅっと握っていた。
 駅に着くと先生は肛門から中指を抜き、素知らぬ顔で電車を降りた。
 先生がどういう意図を持ってそんなことをしたのか、後になっても全く分からない。

 時には指をずぼずぼと出し入れする日もあるが、これなんかは分かりやすいと思う。私の肛門を弄りたいという、性欲に忠実な行動だろう。
 いや、別に歓迎するわけではないけれど。まあ、意図が理解できないのは不気味なので、その意味じゃ、指が動き続けているのは安心感がある。決して歓迎するわけではないけれど。

 そうして、指を入れたり入れなかったり、動かしたり動かさなかったり、何がしたいんだかよく分からない痴漢が一ヶ月ほど繰り返された後、先生は、道具を使うようになった。
 後で知ることになるのだが、それは、アナル開発用の道具だった。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。