スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肛門医の愉悦 1話 患者は女子高生

官能小説投稿・アナル専様

アナル小説(浣腸小説)一覧

 俺が医者になった理由は、ただ単に学生時代の成績が抜群に良かったからというだけだった。別にそれ事態はさして恥じる必要はないと思う。同じような動機の奴なんて同僚には腐るほどいる。
 むろん、中には、全体から見れば少数派ではあるが、崇高な志を基にして医者になった者もいる。立派だとは思う。素晴らしいと思う。
 けれど、だからといって彼らを見ても俺はなんらの引け目も感じない。就業可能な職業の中で最も高給である医者を目指すのは俺からすれば当然のことだったからだ。医者という職を特別視する理由はどこにもない。仕事をして金を得る。それだけだ。他の仕事と何も変わるところはない。動機が何であれ、ちゃんと仕事をしていれば誰からも文句を言われる筋合いはないのだ。
 ただ、俺が肛門科に進んだ理由を口にするのは、少しばかり憚られる。聞けばおそらくほとんどの人間が眉を顰めることだろう。俺自身ですら、え?本当にそれでいいの?、と何度か自問したことがある。普段はどうとも思わないのだが、なぜか不意に我に返ることがあり、あまりに不謹慎な動機に自分で自分に愕然とすることがあるのだ。
 美少女の肛門をじかに見たい。それが肛門科を選んだ理由だった。官能小説を好んでおり、なかでもとりわけSM小説を愛好している俺としては、切実な願望だ。夢と言ってもいい。しかし俺は特別イケメンというわけではない。どちらかというと不細工だ。合法的に美少女を裸に剥いて肛門を観察する機会なんて、あろうはずもない。ただひとつ、肛門科の医者となる方法を覗いては。それが実現可能であるならば、達成しない手はないだろう。そうして俺は肛門科の医者になった。

 山根さん、中へどうぞ。看護婦がそう言うのを俺は机に向かいながら聞いていた。俺は、先ほど診察を終えた患者の書類にいくらか要項を書き足していた。
 それを終えて、ようやくペンを置き、近くの丸椅子に目を向けると、次の患者である山根さんがすでに診察室に入って腰を下ろしていた。山根さんはセーラー服姿だった。今日は平日だが、学校を休んで病院に来たらしい。
 楽にしていてくださいね、などと看護婦が山根さんに話し掛けている。丸椅子に座っている山根さんの手は、膝の上でぎゅっと握られていた。緊張しているのが見て取れる。まあ、無理もないだろう。女子高生が単身で肛門科を尋ねてきたのだ。通院歴なし。入院歴なし。手術歴なし。病院そのものに慣れていないのは明らかだ。その上ここは肛門科。これからアヌスを披露しなければならないのだから、縮こまるのも当然だ。
 俺はというと、久しぶりに来た美少女に胸を躍らせていた。この日のために肛門科の医者になったと言ってもいいくらいだ。さっきから勃起しっぱなしだ。あらかじめサポーターを履いて陰茎を固定していなければ、山根さんや看護婦に勃起を悟られていたかもしれない。

肛門医の愉悦 2話 女子高生の尻

官能小説投稿・アナル専様

 俺は内心を押し隠して平淡な声で問診をした。
 山根さんは、病院に来て緊張しているだけでなく、元から内気な性格をしているようで、声は小さかったが、恥ずかしそうにしながらもなんとか説明をしてくれた。
 山根さんが肛門に痛みを覚えたのは一ヶ月も前のことらしい。前兆は特になく、排便時にいきなり激痛が走ったのだとか。その時は排便を終えれば痛みもなくなったので、安堵していたのだが、二日後に再び排便をすると、またしても激痛に襲われ、今度はわずかに出血もしたという。その後も二・三日に一度の割合で排便をして、そのたびに痛みを我慢していたらしい。そして、今から一週間前、教室の硬い椅子に座っているだけも痛みを感じるになり、いい加減危機感を抱くようになったが、思い切って肛門科を受診することがなかなかできず、今日まで死ぬ思いで耐えてきた、ということだった。親には腰痛ということにしているらしい。
 今彼女が座っている椅子は、中央に丸い穴があり、肛門に直接負担が掛かることはないはずだが、それでも山根さんは時折つらそうにしていた。
 なるほど、分かりました、と俺は言った。そして、それでは一度診てみますから、診察台の上で横になってください、と指示した。
 もし彼女がズボンを履いていたなら、それを脱がせてから診察台に上げるのだが、彼女はセーラー服とスカート姿なので、その必要はなかった。そのまま診察台で横向きに寝かせる。

 失礼します、と言って看護婦が山根さんのスカートを捲った。白い下着が丸出しになる。染みひとつない綺麗なパンツだった。まあ、見る前から分かっていることではある。今日彼女は自分の足でここまで来た。緊急搬送されてきたわけではない。つまりできる限りの準備をする時間はいくらでもあったわけで、こうして下着を見られることは分かりきっているのだから、家を出る直前に、洗濯したばかりのパンツを履いてきたに違いないのだ。これががさつなおっさんなら何も気にせず薄汚れた下着のまま来院するケースもなくはないのだが、女子高生である山根さんがそんなことをするとは考えられない。実際、看護婦が山根さんのパンツを下ろしても、股間の裏地部分すら一切の汚れが見られなかった。
 看護婦は、太ももの付け根辺りでパンツを止めて、お願いします先生、と俺に向けて言った。俺は、診察台の前に置いてあるパイプ椅子に座った。真っ正面の、自分の目線の斜め下に、女子高生の尻がある。これはただの尻ではない。今から割り開いて肛門を観察することもできる無防備な尻なのだ。俺は興奮せずにいられなかった。息が荒くならないよう注意する必要があった。

肛門医の愉悦 3話 アナル観察

官能小説投稿・アナル専様

 力を抜いて楽にしていてください、と俺は言い、彼女の尻に触れた。柔らかな尻だった。若い女の尻なのだから当たり前ではあるのだが、やはり美少女だとその柔らかさも違うような気がする。
 俺は両手で彼女の尻を開いた。親指を肛門付近に置き、より見えやすくなるよう、外側に肛門を引っ張る。肛門を露出されても山根さんは黙って大人しくしていた。まあ、そのためにここに来たんだからな。抵抗されても困る。たまに不快感を態度に表す鬱陶しい患者もいるのだが、彼女がそのような愚劣な行為をするとは思えないし、する気配もない。
 俺は女子高生の肛門をしげしげと観察した。パンツと同じで、山根さんの肛門は綺麗なものだった。ウンチの残りやティッシュのカスが付いていたりすることはない。臭いを嗅いでみると、石鹸の香りがした。出掛ける前に肛門をしっかりと洗ってきたのだ。まず間違いない。医者に見られるために肛門を石鹸で洗っている時、山根さんはどう思っていたのだろう。何を感じていたのだろう。それを想像するとたまらなかった。
 見た限り、肛門の状態は思ったよりも良いようだった。赤く充血し、腫れてもいるが、見るも無惨というほどではない。切れ痔の跡が確かにあるものの、しっかり肛門の形は保たれている。酷い場合は肉の輪の形が崩れてしまうこともあるのだが、山根さんにその心配はなさそうだ。これなら薬を塗っておけばそのうち治るだろう。

 診断終了。ここからは純粋な趣味による観察だ。
 現時点でも充分に剥き出しになっている肛門を、さらに外側へと引っ張り、その形を歪めてみる。肛門を横に伸ばしてから、親指の力を抜いて元に戻し、また引っ張って横に伸ばす。それを何度か繰り返す。
 なんたる支配感。優越感。今日会ったばかりの女子高生の肛門を為すがままにできる男はこの世に何人いるだろうか。全体の0,1%もいないだろう。俺はその0,1%以下の上位に入っているのだ。優越感を抱かずにはいられない。肛門に屈伸運動をさせている指にも力が篭もる。
 さすがにここまでされると痛みがあるのか、山根さんは少しだけ肩を揺すって控え目に苦痛を訴えてきた。しかしこの程度で俺は満足しない。もう少し我慢してくださいね、と言って、俺は片方の手を尻から離し、肛門に人差し指を添えた。肛門の表面は、腫れ上がっているせいでぐにぐにと弾力があった。指先が触れた瞬間、肛門は、驚いたように収縮したが、直後にはゆっくりと弛緩していった。

肛門医の愉悦 4話 アナル触診

官能小説投稿・アナル専様

 あまり長く感触を楽しんでいると看護婦に怪しまれてしまうかもしれないので、治療に移ることにする。薄いゴム手袋を嵌めて、自分の指に塗り薬を付ける。これを排便のたびに山根さんのアヌスに塗っておけば、そう遠くないうちに完治するだろう。
 アナル表面に薬を塗っていくと、また山根さんの肛門は収縮を繰り返した。塗り薬の冷たさに反応しているのかもしれない。表面をぬるぬるにし終わった俺は、肛門に人差し指を立てた。これから中に突っ込むのだ。そうしないと、内部まで薬を塗れないからな。
 肛門の感触から何をされるのかを察したのか、山根さんの身体全体が硬くなったような気がした。しかし俺は構わず指を肛門に沈めていった。
 人差し指を肛門はいとも容易く受け入れた。ウンチに比べれば遙かに細いのだから、まあ当然の結果ではある。人差し指が塗り薬でぬるぬるになっているおかげで、摩擦もほとんどない。
 たまに肛門は俺の指を食い締めてきた。俺の指を意識するあまり、自然とそうなってしまうのだろう。
 第二関節まで埋まった指を俺は軽く回してから、少しずつ引き抜いていく。指先まで戻したら、また第二関節まで侵入する。それを繰り返している間、山根さんは何度か呻き声を漏らした。彼女が声を上げるたびに、肛門がきゅっと窄まる。別に痛みを感じているわけではないだろう。もちろんアナル官能を得ているわけでも決してない。排泄器官を抉られる感覚に思わず反応してしまったというところだろう。
 指を執拗に往復させていると、直腸から腸液が溢れ出してきた。といっても、そう多い量ではない。俺が自分の指に塗った薬液よりもずっと少ないくらいだ。しかし指のぬめりは明らかに増している。山根さんのアナル粘膜は確実に腸液を分泌している。そうやって直腸への刺激を少しでも和らげようという身体機能が働いたのだ。
 膣口は全く濡れる気配がなかった。アナル快楽は一切感じていないらしい。まあ、それが普通だ。山根さんは、肛門に出入りする指を、ただただ気持ち悪く思っていることだろう。そして、時折ねちゃっと鳴る水音が、恥ずかしくてたまらないはずだ。アナル収縮が彼女の羞恥を教えてくれている。
 俺はわざと音がなるように指を微妙に捩りながら抜き差しをしていた。ひたすら無言で指を動かす。ゆっくりと、単調に。飽きることはない。許されることなら、1時間でも2時間でもそうしていたいと心から思う。しかしそんなことはできない。あくまで薬を塗っているという建前なので、そう長くはできない。
 しばらくしてから俺は完全に指を抜いた。

 人生の中でも最良と言える十分間は、あっという間に過ぎ去ってしまった。まあ、山根さんにはこれから一週間に一度は俺の変態性欲を満足させるために通院してもらうので、また一週間後に同じことができるのだが。本来なら、通院の必要はない。薬は自分で塗れるし、そもそも大した病状でもないのだ。しかしこれでさよならをするのは惜しいので、まだ診察を続ける必要がある、とか適当なことを言って、通院させることにしたのだった。基本的に患者はこういうことで医者を疑ったりはしないので、楽なもんだ。看護婦はなにやら複雑そうな顔をしていたような気もするが、おそらく気のせいだろう。
 山根さんが帰っていくと、俺はトイレに駆け込んだ。そして勃起したものを慰め、山根さんの肛門を思い出しながら精を放出した。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。