スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生調教 1話 脅迫レイプ

 金曜日は嫌いだ。その日は、帰りのホームルームが終わったら、体育準備室に行かなくてはならない。とても憂鬱な曜日。
 あたしは、トイレで無防備な姿を晒しているところを盗撮され、体育教師に脅された。処女を散らされそうになったあたしは、涙ながらに頼み込み、代わりにアナルを捧げた。
 しかしこれは別に男が譲歩したのではなかった。後から分かったことだが、どうも男は最初からあたしを処女のままアナル調教するつもりだったらしい。思い返してみれば、自分から頼み込むように誘導された節はある。まあ、たまたまなのかもしれないが。

 もう何回あの男にお尻の穴を犯されただろうか。あたしの身体は汚れきっている。
 これじゃあ処女を奪われたのと大して変わらないようにも思えるが、だからといって、今更 すべてを諦めることはできなかった。
 お尻の穴をこれだけ犯されたのだから、せめて処女だけは、という想いがあった。

 体育準備室になっているプレハブ小屋の扉をあたしはノックした。
「おう、入れ」
 横柄な声があたしを迎えた。
「失礼します」
 礼儀正しく言ってプレハブ小屋の中に入る。

 体育教師は、中年太りでお腹の出た身体を、だらしなくソファに投げ出していた。全裸だった。彼はこのプレハブ小屋を自分の家であるかのように使っていた。
「先生、今日もよろしくお願いします」
 あたしは深々と頭を下げた。
 自分は粗暴な態度で生徒に接しているくせに、生徒の方には絶対服従を要求する。そういう男なのだ、このクズは。

 体育教師はソファに横になったまま官能小説を読んでいた。そのせいで彼のペニスはすでに完全な勃起状態となっている。
 官能小説から目を離さずに彼は言う。
「なにしてる。さっさと始めろ」
「……はい」
 あたしはソファの前に膝を着き、ペニスを握った。
 ほとんど力を入れずにしごきつつ、彼の太ももに顔を近付ける。そして、毛に覆われた薄汚い太ももに、舌を這わせる。

 数え切れないほど経験してきたこととはいえ、やはり辛かった。小汚い中年男にこんなにも献身的な奉仕をしなくちゃならないだなんて……。
 たまに、何もかもを投げ出してしまいたくなる。自殺の魅力に取り憑かれそうになったのは、一度や二度じゃない。
 でもあたしは今もこうして彼の奴隷となっている。投げ出すにもそれはそれで勇気が必要で、あたしにはその勇気がないのだった。
 身体を弄ぶのは在学中だけ。卒業と同時に解放する。最初の頃に聞いた彼の言葉にすがってあたしは日々を過ごしていた。

空想地帯<SM系官能小説サイト>

女子高生調教 2話 精飲

 いくらか太ももを舐め回すと、あたしは先生の股間に顔を寄せた。ペニスを握ったまま、睾丸のひとつを口に含む。毛むくじゃらの玉袋を舌で丹念に撫で上げてから、口からは吐き出す。
 次にもうひとつの方をしゃぶる。

 彼のペニスを握っているあたしの指に、粘液の感触がした。尿道口からカウパー腺液が溢れてきて、あたしの指を濡らしたのだ。
 読んでいるSM小説が彼の琴線に触れたのか、いつもより粘液の分泌が早いような気がする。だとしたら、射精するのも早くなるだろうから有り難い。

 あたしは両方の睾丸を唾液まみれにして、一旦 顔を上げた。
 横暴極まる体育教師は、あたしのことには目もくれずに相変わらずSM小説を読んでいる。
 あたしは溜息をつきたい衝動をこらえながら、再び男の股間に顔を埋め、ペニスを一気に根元近くまで咥え込んだ。

 口の中に、不快な味が広がった。形容しがたいのだけれど、あえて表現するなら、腐った生卵のような味、だろうか。実際に卵が腐るとどうなるのかは知らない。ただ、イメージとしてはそんな感じ。それくらい忌避したい味だ。
 あたしは目を瞑り、顔を上下に動かしていった。
 これまであたしのお尻の穴を何度も貫いてきた憎きペニスに、唇を滑らせていく。

 最初は舐めるだけでも吐き気がしたというのに、今は深々と咥え込むだけでなく、自分から唇でペニスをしごき立てることもできるようになってしまった。
 不快極まりないと思いつつも、ある程度この行為を仕方のないことだとして受け入れてしまっているのである。
 浅ましい限りだった。でもなるべくそういうことは考えないようにしないといけない。あまり深く考えてしまうと、惨めな思いを味わうことになる。悔しくて、目に涙が浮かんでしまい、それを必死に我慢している自分がまた情けなくて、余計に泣けてくるのだ。だから、考えてはいけない。
 顔を沈めるたびに鼻に触れる陰毛のことも、ペニスの先端から舌の上に溢れてくる先走り液のことも、フェラチオを無視してSM官能小説を読みふけっている先生のことも、意識してはいけない。

 射精は突然だった。
 いきなり噴出した精液に喉を直撃されたあたしは、目を白黒させながらも、反射的にペニスを深々と呑み込んだ。
 先生に仕込まれたせいで、射精は喉の奥で受けなければならないのだということを、身体が覚えてしまっていた。
 SM小説を読んでいるからなのか、精液の噴出は普段よりも勢いが良かった。
 あたしは必死に喉を鳴らし、次々に精液を飲み下していった。

女子高生調教 3話 全裸に縄縛り

 射精を終えて先生はようやくSM小説を閉じた。
 そして短く言った。
「どけ」
 女生徒にフェラチオを強要しておいてこの言い草はあまりにもあんまりだけれど、別に珍しいことではない。先生はこういう人間なのだ。正真正銘のクズ男。

 あたしは後ろに下がって床に正座した。
 先生はソファから立ち上がって、棚に手を伸ばした。
 しばらくごそごそと棚を漁ってから取り出したのは、太い縄だった。
 あたしを縛るつもりらしい。
 さっきまで読んでいたSM小説にそういう場面があったのだろうか?

「とりあえず全裸だな。早くしろ」
「分かりました……」
 あたしはセーラー服を脱ぎ、胸を手で隠しながらブラを外した。
 先生には散々裸を見られているけれど、見られることに慣れることはできなかった。あたしの心が慣れることを拒否しているのかもしれない。慣れてしまった方がいくらか楽になるのだろうが、そう簡単には割り切れるもんじゃない。
 まあ、とはいえ、手で胸を覆っていたって、いつまでも隠しきれるわけではないのだけど。

 スカートもパンツも脱いで全裸になると、あたしは左手で胸を隠し続けながら、右手で股間を隠した。
 しかし、先生に「気を付け」と言われ、はかない抵抗もできなくなる。
 両手を真っ直ぐに伸ばして、身体の横に付ける。
 乳首も陰毛も丸出しの格好。
 何度目だろうと同じことで、初めての時のように恥ずかしくて顔が赤くなってしまう。

 先生はあたしの背後に回った。
「手を出せ」
「……はい」
 後ろにやった手を乱暴に掴まれ、不安感が増した。
 拘束されるのは初めてじゃないけど、おもちゃの革手錠とか、ちゃちなビニールロープとか、使われたのはそのくらいだった。こんな、いかにもSMっぽい縄での拘束は初めてだ。

 先生は、あたしの手首に縄を掛け、強く引き絞った。
 手首が痛いくらいに締め付けられる。
 縄はさらに肘に掛けられ、肩に通され、あたしの身体の正面にまで回され、胸に巻き付けられ、また背中側に戻り、肩、肘、手首へと掛けられていく。
 あたしの上半身は、縄で徹底的に拘束されてしまった。

女子高生調教 4話 三角木馬に乗せられて

 下半身も上半身と同じように縛られるのかと思ったけど、そこまではされなかった。
 先生は、部屋の隅に置いてあったシーツを取った。
 取り払われたシーツの下には、三角木馬があった。
 三角木馬……。
 もしかして、今からあたしはこれに跨がされるのだろうか。これって、SMの中でもかなりきつい部類に入るプレイではないだろうか。

 あたしは思わず唾を飲み込んだ。もちろん、性欲のために生じた現象ではない。緊張のせいだ。恐怖と言ってもいいかもしれない。
 全身が震え出しそうだった。

 逃げたいけれど、両手を後ろで縛られている状態ではどうにもならない。本当に逃げたりしたら、盗撮映像をネット配信されてしまうので、仮に両腕が自由だったところで、やはり逃げられはしないのだけれど。

 先生に腕を掴まれ、あたしは三角木馬の目前まで連れて行かれた。半ば引き摺られていったようなものだった。
「こ、こんなの、無理です。許してください」
 久しぶりの泣き言。
 しかし先生は聞く耳を持たず、あたしを抱え上げるようにして三角木馬に乗せた。

 その瞬間、股間に鋭い痛みが走った。
 三角木馬の背の部分は、目にした限りは完全な直角のように見えたが、実際には先端にわずかな丸みがあるようだった。
 けれど、そこに体重を掛けて股間を乗せると、紛れもない凶器となってあたしを責め苛んだ。

「痛い! 痛い! 下ろしてください! 先生!」
 泣き叫びながら痛みを訴えても、先生は、素知らぬ顔で縄の端を天井のフックに引っ掛けた。
 上半身を縄で雁字搦めにされた状態では、もはや自力で三角木馬から下りることは適わなくなってしまった。

「う、うぐぐ……」
 あたしは歯を食いしばって痛みに耐えた。
 体重によって、あたしのオマンコは時間が経つごとに三角木馬の背に食い込んでいった。

女子高生調教 5話 三角木馬の痛み

 あたしは、太ももをぎゅっと内側に引き寄せて、少しでも三角木馬から股間を浮かせようとした。
 一応の効果はあり、少しだけ楽になった。

 しかし、いつまでも太ももに力を入れ続けられるはずもなく、10秒もすればまた三角木馬に体重を預けてしまう。
 途端に激痛が蘇った。

 あたしはそれに耐えられず、まだ太ももが疲れ切っているのにもかかわらず、再び股間を浮かせた。
 三角木馬の背とオマンコが離れる瞬間も、強い痛みがあった。三角木馬にオマンコが食い込んでいた状態から動かすだけでも痛覚が刺激されてしまうのだ。

「せ、先生、助けてくださいっ」
 あたしはぼろぼろと涙を流しながら懇願した。無駄とは分かっていたが、それでも泣き言を吐きたくなるほど辛かった。
 太ももを引き締めて腰を浮かせ、また力尽きて腰を落とす。それを繰り返すたびに痛みは酷くなっていった。

 先生は予想通りあたしを三角木馬から下ろしてはくれなかった。どころか、棚から鞭を取り出し、あたしに見せ付けるように振り上げた。
「ひ、い」
 あたしは息を呑んだ。
 三角木馬に乗せられているだけでも死ぬほどきついというのに、このうえ鞭打ちまでされるだなんて、そんなの、耐えられない。
 今までこれほどハードなSMプレイをされたことはなかった。やっぱり、さっきまで先生が読んでいたSM小説のせいなのだろうか。だとしたら気紛れにも程があるだろう。そんなことに付き合わされるあたしはいい迷惑だ。

「今日はいつもよりも強くいくぞ」
 先生は宣言するように言った。
 あたしは必死に首を横に振った。泣きながら。
 けれど先生は鞭を振り下ろした。

女子高生調教 6話 鞭打ち

 鞭の先はあたしの太ももで跳ねた。爆竹でも鳴らしたかのような音がプレハブ小屋に響く。プレハブ小屋からは、滅多ことじゃ音が外に漏れたりはしないが、仮に誰かがこの音を耳にしたとしたら、本当に爆竹の音だと勘違いするかもしれない。まさかSM趣味の教師が生徒をSM調教しているだなんて思うまい。
「ひいぃっ!」
 鋭い痛みにあたしは悲鳴を上げた。鞭が当たった瞬間が一番痛いのだけれど、その痛みが引いていった後は、だんだん熱くなっていく。そして、気が付くと、鞭跡が赤くなり、さらには膨れ上がり、蚯蚓腫れとなる。鋭い痛みの代わりに熱い痛みがあたしを苛む。

 先生はまた鞭を持ち上げた。あたしに見せ付けているようだった。さあ次だ、覚悟しろ、とでも言いたげな様子。
 あたしに反応している余裕はない。もちろん二発目三発目は恐いけれど、恐怖に竦んでいて反応できないというわけではなく、単純に痛みに悶えているのだ。太ももとオマンコの苦痛で泣き叫ぶことしかできない。
 先生は、苦しんでいるあたしを見て満足感を覚えているらしく、笑みを浮かべていた。何かを喋っているようだったが、聞き取ることはできなかった。あたしはボロボロと泣いていて、嗚咽まで漏らしていたので、普通に喋っているだけの先生の言葉はよく聞き取れなかった。もっとも、先生はあたしに言い聞かせる気はなかったのかもしれない。その気があるのならばもっと大きな声で言っていたはずだ。独り言みたいなものだったのだろう。

 いくらか喋ってから先生は再び鞭を振るった。
 鞭先があたしの太ももを打ち据える。
 それだけでは止まらず、先生の手は続けて素早く動いた。
 鞭があたしを襲う。
 連続して与えられる激痛にあたしは首を仰け反らせ、背中を仰け反らせ、大声を上げた。言葉にならない悲鳴。動物みたいな鳴き声。女の子に相応しい悲鳴ではなかった。けれど女の子らしい悲鳴にこだわってはいられない。喉から絞り出すような声を張り上げる。

 あまりの苦痛にあたしはいつの間にか太ももから力を抜いていた。三角木馬からオマンコを守っていた太ももがその役目を果たさなくなっても、あたしはしばらくそのことに気が付かなかった。気付いたのは、股間の激痛にいきなり襲われてからだった。それまでも相当にオマンコから痛みが発せられていたはずだけれど、鞭打ちによる苦痛ばかりに意識がいっていたせいで、事態が深刻化してからようやく股間に体重が掛かっていたことを悟ったのだった。
 あたしは急いで太ももに力を入れた。鞭跡が痛んだけれど、躊躇している暇はなかった。
 少しだけ腰を浮かした途端、圧力から解放されたオマンコに更なる激痛が走った。また三角木馬に体重を預けたりしたら、とんでもないことになるだろう。しかし太ももは痺れ気味で、とても長くは保ちそうにない。
 あたしは先生を見た。慈悲を乞うような弱々しい目で見つめる。
 SM狂いの先生はあたしの目を見ようともせず鞭を振るい続けた。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。