スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嬢様とM男1 女子高生に全裸で土下座する男子大学生

 財閥令嬢のあたしには、3人の執事が与えられている。いずれも若くて、知能・体力に優れ、そしてイケメンだ。
 高校生になったあたしは、彼ら3人を好きなように扱う権利を持っていた。
 3人の中では、幹男が一番のお気に入りだ。
 幹男は、他の執事と同じく、あらゆる能力に優れているが、ひとつだけ違う点があった。あたしのような美少女に苛められると感じてしまうという、一般的には救いがたいとしか言い様のない性癖があるのだ。
 男がマゾヒストってのはどうなの、とあたしは思うのだけれど、しかし幹男ほどのイケメンであれば、苛められて情けなく喘いでいる姿も絵になってしまう。それに、この高性能な男を、あたしの手でみっともなく悶えさせるのは、正直なところ、快感だった。
 幹男。イニシャルはM。つまりはM男。彼にはぴったりの名前だ。

 あたしは、夜になるといつもM男とふたりきりになる。他の2人の執事は昼勤で、幹男だけが夜勤専門なので、自然とそうなる。ま、あたしがそういうシフトにしたのだけれど。
 あたしが夕食を済ませて自分の部屋に戻ると、M男は、いつも全裸に近い格好で出迎えてくれる。首に蝶ネクタイを着けているだけなので、もうほとんど全裸みたいなものだ。
「今日もよろしくお願い致します、お嬢様」
 M男はそう言うと、土下座をする。
 もちろん、他の執事はこんなことをしない。全裸にもならないし、土下座もしない。一着で何十万もする立派な紳士服を着て、恭しく頭を下げるだけだ。
 M男は違う。挨拶は全裸土下座が当たり前。あたしが命じたことではあるけれど、彼が望んだことでもある。
 その証拠に、彼が上半身を起こして、正座の格好に戻ると、勃起した陰茎が露わになる。年下の小娘に全裸で土下座をするという屈辱が、彼を興奮させているのだ。
 M男は、東京大学に通っている。出身は富山。地元では結構な有名人だったらしい。高校時代、バスケ部のエースとしてインターハイに出る一方、勉学も優秀で、全国模試でランキングに名前が載ったこともあったとか。具体的な順位はあまり覚えていないけれど、確か、三位か四位だったような気がする。これで爽やか系のイケメンなもんだから、隣町の女子校では生写真が高値で取引されていた、らしい。
 そんな完璧くんも、今は、バイトで女子高生の執事をしているのだった。あたしがスカウトして半ば無理やり引き込んだわけなんだけど。
 でも感謝されて良いと思う。執事になっておかげで、彼は、普通のバイトとは比較にならない月給を貰っている。仕事は楽だし、自由時間も多いし。私の身の回りの世話は、昼勤の執事2人がしているので、彼がすることと言えば、あたしの暇潰し相手くらいのもんだからね。
 あたしが遊び歩いていたり、勉強をしていたり、ゲームをしていたり、お風呂に入っている間、彼の方は、大学のレポートを片付けたり、本を読んだりしている。時には睡眠を取ったりもしている。
 彼からすれば、言うことはないだろう。
 しかも、あたしのような美少女に苛めてもらえるわけだし。

お嬢様とM男2 人間便器

「なーんか暇なのよねえ」
 椅子に座っているあたしの足元で、全裸に蝶ネクタイを着けただけのM男が、正座をしている。勃起したペニスからは、すでに先走り液が溢れ出していた。
「芸でもやってよ」
 言いながらあたしは足の指でペニスを突っつく。
「は、はあ、芸ですか……」
 M男は、背筋を真っ直ぐにしてあたしを見上げていた。よがる許可を与えられていないので、いくら気持ち良くても、勝手に喘ぐことはできないのだ。
 足でペニスを弄ばれることによって彼が感じているのは、間違いないことだろう。ペニスの先端から、止め処なくカウパー腺液が滲み出ているのだから。
 ペニスに纏わり付かせているあたしの足指も、少し濡れてしまった。

「そうねえ、また人間便器でもやってみる?」
「い、いえ、それだけは、どうかご容赦を……」
 さすがのM男も、浣腸された上で肛門と口をホースで繋がれるのは、かなり嫌なようだった。彼が責めに耐えきれず泣いてしまったのは、後にも先にも人間便器になった時だけ。それほどの責め苦なのである。
 スカトロ趣味のないあたしも、人間便器になっている彼を見て、ドン引きしてしまったわけだけれど。なんでもかんでもノリで実行すべきではない、という良い教訓だった。
 滅多な言葉では動じないM男だけど、あたしが人間便器を提案すると、あからさまに狼狽えるので、それだけでもやってみた価値はあったかも、とは思う。

お嬢様とM男3 セルフフェラを鞭で催促

「仕方ないわねぇ。今回はやめといてあげる。その代わり、セルフフェラね。アレならやれるでしょう?」
「セルフフェラ、ですか。経験はありませんが、話に聞いたことはあります。しかし、実際に可能なのでしょうか」
「おまえが自分で試してみれば分かるんじゃない?」
「それは、確かに仰る通りです」
「じゃ、始めて」
「はい」
 あたしがペニスから足を離すと、M男はさっそく準備を始めた。正座を解き、床に尻を着けて、そのまま上半身を後ろに倒し、仰向けになったのである。彼の手は自らの膝裏を掴んでいた。赤ちゃんがオムツを替えてもらう時のような開脚ポーズだ。M男は膝を引っ張り、腰を浮かせた。足先が顔の横に来て、尻を高々と掲げるような格好になる。
 まあ、ここまでは順調で当然。恥さえ感じなければ、誰でもできることだ。しかし、この先の世界へ行ける者となると、ずいぶん限られてくるはず。なにしろ、人体構造の限界に挑まなければならないのだ。下手をすれば、取り返しの付かないダメージを負う可能性もある。それは恐ろしく、しかも苦痛が伴うことだろう。選ばれたM男しか辿り着けない領域なのである。

 あたしは鞭を手に取り、M男の尻を軽く打った。
 ちんぐり返しで尻たぶが頂点になっているので、非常に叩きやすかった。
「ほら、頑張りなさい。頑張って、情けないセルフフェラ姿をあたしに披露するの」
「は、はい」
 M男の腰がさらに浮き、足が頭側に押し出される。
「いいわ、その調子」
 あたしは何度も鞭で彼の尻を叩いた。イメージとしては、競走馬に鞭を入れている感じ。別に全力で振っているわけではないので、どこまで効果があるかは疑問だが、ただ煽り立てたいだけなので、そんなことはどうでも良かった。

お嬢様とM男4 鞭打ち女王様

「う、ぐ……」
 M男の表情が苦痛に歪む。
 彼の身体は柔らかい方だけど、それでもセルフフェラを実行するには、相当な無理をする必要があるようだった。
 M男の口元には、あと3センチほどのところまでペニスが迫っていたが、そこからがなかなか進まない。
 空中に浮いたM男の足がぷらぷらと揺れていた。超イケメンで超優秀な大学生の無様な姿だった。

「何をグズグズしているの!? もう少しでしょ! 早く咥えなさい!」
「はい、お嬢様」
 忠実な返事とは裏腹に、ペニスの位置は変わらない。
「おまえの忠誠心はその程度なの!? 幹男!」
 これまでとは一転して、あたしは力を込めて鞭を振るった。本当に怒っているわけではない。この程度の停滞は想定していた。女王様を気取って罵声を浴びせ、鞭を打っているだけである。

 非力なあたしによる鞭打ちでも、M男の尻は、真っ赤に腫れ上がっていた。
 ところどころには、ミミズ腫れが走っている。きっと、指でなぞったりしたら、飛び上がりそうなくらいに鋭い痛みが走るだろう。

 やがて、M男の尻がわずかに動いた。同時に、ペニスが少しだけ前進する。
 それで充分だった。すぐそこまで迫っていた亀頭を、M男はついに咥えた。
「やった! やったわ! 成功よ! 幹男! よくやったわ!」
 思わず本気でM男を褒め称えてしまった。セルフフェラを急き立てているうちに、自分で思っている以上に熱くなっていたようだ。
「うぐ……」
 体勢がきついせいなのか、はたまた尻が痛いせいなのか、M男は自分のペニスを咥えたまま呻いた。

お嬢様とM男5 セルフフェラチオで飲精

「さあ、幹男! そのまま射精しなさい! 自分の口の中に射精するのよ!」
 あたしはM男の尻を鞭で叩きながら命令した。やはり、せっかくセルフフェラに成功したのだから、口内射精まで完遂させたい。
「ん、んぐ……」
 M男は、もごもごと口を動かして、自らのペニスを刺激しているようだった。
 舌も動員しているのだろか。よく分からないが、とにかくあたしも援護してあげることにする。
 あたしは、鞭の柄をM男の肛門に突き立てた。
「んんっ!」
 M男が苦痛の呻きを漏らす。
 ほぐされていないのにいきなりアナル責めをされては、確かに辛いだろう。しかし彼はMなのだ。女子高生に痛い思いをさせられて感じてしまう変態だ。今も、痛みなんかより快感の方が強いに違いない。その証拠に、勃起は一向に衰えない。
 あたしは鞭の柄をグリグリと動かして、M男の腸内を抉り抜いた。

 M男は断続的に呻いていたが、その声は次第に大きくなっていった。
 興奮が高まっているのだ。射精は近い。こいつを何度も射精させてきたあたしは、確信を持ってそう言える。
 鞭の柄をさらに深く突っ込んでやると、M男はあっさりと射精に至った。
 もちろん、射精が始まったからといって、こいつがペニスから口を離すことはない。
 あたしがそんなことを望んでいないのは、馬鹿でも分かることだろう。ましてやM男は、将来を嘱望されている優秀な大学生なのだ。あたしの望みに反することなんて、するはずはない。
 M男は、ペニスを咥えたまま、自らの精液を口内で受け止めた。
 初めてのセルフフェラであるからには、直で自分の射精を飲むのは、初めてのことである。不安そうにペニスを頬張っている表情は、まるで乙女のようだった。端正な顔立ちだけに、余計そう思える。
 まあ、全身に視野を広げれば、そこには、細マッチョがちんぐり返しをしている滑稽な姿があるわけだけれど。
「よくやったわ、幹男」
 精液を飲み下したM男に労いの言葉を掛けながら、あたしは鞭を肛門から一気に引き抜いた。
エロ小説カテゴリ
RANKING
アダルトリンク
メールフォーム

名前:
メール:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。