女子校生調教レイプ小説中心の官能小説エログです。
アダルト小説しかありませんので、未成年の方は引き返して下さい。


アダルトリンク
空想地帯<SM系官能小説サイト>
SM官能小説とエロCGがあります。
同姓残酷記
レズビアンいじめ小説のサイトです。
官能小説アダルトサロン
大人のアダルト小説ブログです。
出羽健書蔵庫
重厚なSM小説があります。
官能小説エロルーム
女子中高生エロ小説ブログです。

強要される全裸土下座3

 下着姿になった転校生には、更なる試練が待っていた。
「お前、無駄に抵抗したから、下着くらいじゃ駄目だ。全裸になりな」
 スケバンの容赦ない言葉だった。
 転校生は、顔面を蒼白にしていたが、従うことにしたようで、両手を後ろに回した。ブラジャーのホックを外すと、両手を前に戻し、支えを失ったブラのカップを押さえた。彼女は左手でブラジャーを取り外すと、右手で素早く胸を隠した。だがそのままではパンツを下ろすことができない。
 転校生は何度かスケバンの顔を見た後、胸から手を離し、パンツの両端に手を掛けて、一気に足首まで下ろした。足を片方ずつあげて、パンツを抜き取り、ついには全裸になる。
 転校生は、下の毛を丸出しにした情けない姿になってしまった。
 陰毛は濃いめのようで、特に手入れもしていないらしく、縮れ毛が伸び放題になっていた。

 転校生は、震える手足をなんとか動かし、床に正座した。両手を前に着く。しかしそこから先には進めないようだった。
「さっさとやれ!」
 スケバンに怒鳴り付けられて、転校生の肩がびくりと震えた。
 転校生は、嗚咽を漏らしながら頭を下げていった。
「ちゃんと頭を着けてるかぁー?」
 不良のひとりが、転校生の後頭部に足を乗せた。もちろん、わざわざ上履きを脱いであげるなんてことはしていない。教室や廊下の汚れを散々踏み締めてきた上履きの裏で、人の頭を踏んでいるのだ。まともな人間にできることではない。
「挨拶しろよ」
 スケバンに促されて、転校生は全裸で土下座したまま「2年5組の篠山美春です」と言った。泣き声だった。
 不良が後頭部から足を離しても、転校生は土下座を続けていた。
「美春ちゃんさぁ、ちょっとは上下関係というものを学ぼうよ。もう高校生なんだから、それくらいは分からないと駄目だよねぇ?」
「…………」
 スケバンの言葉を、転校生は、土下座の格好で聞いていた。
「返事しろ!」
 脇に控えていた不良女が大きな声を上げると、転校生は慌てて「は、はい!」と言った。頭は床に着けたままだ。
 スケバンは転校生を問い詰める。
「何が分かったんだ?」
「…………」
「早く言え!」
「あの、上下関係を学ばなければいけないことが、分かりました……」
「そうそう、そういうこと。分かってるんなら、最初からちゃんと言えよ」
「は、はい」
 適当なことを言うスケバンに転校生は必死に合わせる。
 彼女らの遣り取りを、私は下着姿で突っ立ったまま、無表情で聞いていた。

強要される全裸土下座2

 転校生は、頬を押さえ涙目になりながらも、セーラー服を脱ごうとはしなかった。完全に怯えてはいるが、恐怖心よりも羞恥心の方がまだ強いらしい。
 スケバンは、私に向かって言った。
「手本を見せてやれよ」
 いやいや、もう二・三発ビンタしてあげれば従うんじゃないの?、と私は思ったが、不満を表明するわけにはいかず、「はい」としおらしく返事をして、下着姿になった。キャミソールまで脱ぐように言われたので、ブラとパンツだけになってしまった。
 そんな屈辱的な状態で、私はさらに屈辱的な行為をした。土下座。およそ普通に生きていれば一生縁のないはずの姿勢を取ったのである。
 こうしなければ学校生活が成り立たなくなるとはいえ、剥き出しの手足に床の冷たさを感じると、本当にこれでいいのかという気がしてくる。なにか大切なものを失っていくような……。
 スケバンから「よし、立っていいぞ」と言われた私は、その場で直立不動になった。他には何も言われなかったので、下着姿のままだ。セーラー服を着ることは許されない。
 土下座の格好をしていたのは、3秒にも満たない間のことだったけれど、そんなに短くは感じなかった。長くも感じなかったけれど。土下座をしている間は、時間の感覚がなかった。

 私を凝視している転校生の顔が、視界の端に入っていたけれど、私は、彼女の方を見ないようにしていた。結果的には、転校生を無視している状態だった。
 彼女に対する恨みは別にない。
 脱衣を拒否した転校生の反応は、ごく当たり前のものだ。異常なのは、スケバンが好き放題やっているこの高校の方だろう。悪いのはスケバンたち。転校生を恨む筋合いは全くない。そんなことは考えるまでもないことだ。
 ただ、土下座をしたばかりの状態で、転校生のことを気遣ってやれるほどの余裕は、私にはない。優しい言葉や励ましの言葉を掛けてあげることはできない。
 だから私は、助けを求めるような転校生の視線に反応せず、真っ直ぐに前を向いて立っていた。下着姿で。

 スケバンの取り巻きに、再び脱衣を命令された転校生は、もはやどうにもならない事態であることを悟ったらしく、セーラー服に手を掛けて脱ぎ始めた。
 のろのろとした動きで、だいぶ時間が掛かっていたが、スケバンたちは何も言わなかった。苛立つどころか、笑ってさえいた。
 私のような善良な一般生徒からすれば全く信じられないことだが、スケバンたちは、哀れな生け贄が恐る恐る脱いでいく様を見て、心底から楽しんでいるようだった。

強要される全裸土下座1

 私の通っている女子高にはスケバンがいる。彼女は、10人くらいの仲間だの手下だのを常に引き連れて、廊下を我が物顔で歩いている。彼女らの何人かは、暴走族の彼氏がいたりするので、校内で逆らえる人はいない。教師すら、腫れ物を扱うように接する始末だ。
 この女子高に通っている生徒は、多かれ少なかれスケバングループにシメられた経験がある。大半は、まあ、入学してすぐの頃にまとめて恥ずかしい格好をさせられたくらいだけれど、それでも、かなり屈辱的な経験だったことに違いはない。
 かくいう私も、下半身裸にされて、自分でお尻を開いて肛門を晒しているところを写真に撮られたことがある。普通はそこまでされないのだけれど、スケバングループの中に性悪女がいて、そいつが可愛い子の肛門露出写真を集めていた。もう何十人も犠牲になっている。私も肛門コレクションのひとつとなってしまったというわけだ。
 顔は写っていないはずなので、仮にあの写真が出回っても、私の人生に影響なんてないだろうが、どこの誰とも分からない人に今この瞬間も肛門画像を見られている可能性があるのかと思うと、恥ずかしいし、悔しい。
 でも、どうにもならないことだ。それが、この女子高の現実である。

 2年生の夏、私のクラスに転校生が入った。スケバングループは、転校初日に彼女を呼び出した。それはまあ良くあることで、取り立てて騒ぐことじゃないが、理不尽なことに、私まで一緒に呼び出されてしまった。
 全校生徒は少なくとも一度はスケバングループに恥を晒すことを強制されるので、転校生が呼び出されるのは当然だとして、なぜ私まで、と嘆かずにはいられなかった。
 まあ、可愛くて何かと目立つ私もついでにシメとこうという魂胆なのは、だいたい察していたけれど。

 放課後になって、私と転校生は、空き教室に入った。
 そこではスケバンとその取り巻き5人が煙草を吸っていた。
 転校生が前に通っていたのは、私立のお嬢様校だったらしく、この公立の学校に入るのには不安があったらしい。その不安は完全に的中してしまったわけで、ご愁傷様としか言い様がなかった。
 不良たちは、転校生に挨拶を求めた。
 転校生は頭を下げて「2年5組の篠山美春です」と言ったが、不良たちは、にやにやと笑いながら「そうじゃないだろ」と言った。
 戸惑う転校生に、不良たちは、下着姿で土下座することを要求した。
 当然ながら、転校生はすぐに従うことができない。
 すると、取り巻きのひとりが転校生に近付き、往復ビンタをした。
 このとき私は隣で突っ立っているだけだった。

女子高生痴漢8

 初めてお尻の穴に指を入れられて以降、権藤先生はますますしつこくなった。それまでは、月曜日くらいしか痴漢をしてこなかったのに、今はもう、週に3日や4日は私の後ろに張り付いてくる。
 下校時だけでなく、登校時にも狙われることが多くなった。一体どうやって私の行動を把握しているのか、皆目見当が付かないけれど、権藤先生は、私がどんなに時間をずらしても、いつの間にか背後に陣取り、痴漢をしてくる。

 必ずしも肛門に指を挿入してくるわけではなかったが、しかしそこを全く刺激されないというケースはなかった。
 最低でも、パンツの上からお尻の穴を弄ってくる。まるで、パンツ越しに肛門の形を確かめているかのように、ゆっくりと何度も指先でなぞってくるのだ。そのおぞましさは、クリトリスを弄られている時の比ではない。
 場合によっては、パンツの中に手を突っ込んできて、直接 肛門をほぐしてきたりもする。最悪の場合は、指を入れられてしまう。
 日によって先生のやり口は違っていた。気分の問題なのだろうか。
 私を焦らしているつもりなのだとしたら、見当違いも甚だしい。肛門を弄られて気持ち良くなったことなんて、私は一度としてない。
 クリトリスとは違う。排泄器官で感じることは有り得ない。アナルセックスという概念は前から知っていたけれど、そんなことで快感を得られるような変態になったつもりはない。これからもないだろう。
 なのに権藤先生は、それが理解できないのか、執拗にお尻の穴を刺激してきた。

 ある日なんて、私の肛門に中指を埋め込んだ先生は、駅に着くまで全く動かず、私の腸内に居座り続けた。
 出し入れは一切なく、ただ入れているだけ。それでも、物理的な違和感と精神的な汚辱感は強かった。
 たまに電車が大きく揺れたりすると、直腸内の指にも微妙な振動が加わって、私はそれを腸粘膜から感じ取らされたりした。とても気持ちの悪いことだ。
 お尻の穴にずっと先生の指を咥え込んだまま、私は、周りの乗客に気付かれないよう願い、手すりをぎゅっと握っていた。
 駅に着くと先生は肛門から中指を抜き、素知らぬ顔で電車を降りた。
 先生がどういう意図を持ってそんなことをしたのか、後になっても全く分からない。

 時には指をずぼずぼと出し入れする日もあるが、これなんかは分かりやすいと思う。私の肛門を弄りたいという、性欲に忠実な行動だろう。
 いや、別に歓迎するわけではないけれど。まあ、意図が理解できないのは不気味なので、その意味じゃ、指が動き続けているのは安心感がある。決して歓迎するわけではないけれど。

 そうして、指を入れたり入れなかったり、動かしたり動かさなかったり、何がしたいんだかよく分からない痴漢が一ヶ月ほど繰り返された後、先生は、道具を使うようになった。
 後で知ることになるのだが、それは、アナル開発用の道具だった。

露出オナニーに嵌った女子中学生

 自慰を覚えたのは中学校に入ってすぐだった。それから私は猿のように毎日オナニーに明け暮れた。朝から晩まで、クリトリスを弄ることしか考えられなくなっていた。授業の最中も、友達と喋っている時も、食事中でさえも、前触れなくクリトリスが疼いたりする。
 無尽蔵に湧き上がる性欲に突き動かされて、私は、自由時間のほとんどを一人エッチに費やした。私の身体は、一回や二回イッたくらいでは決して満足できないのだ。
 男子なら、マスタベーションのことで頭がいっぱいになるのは当たり前のことかもしれないが、女子である私がここまで自慰行為に嵌るのは、珍しいことだろう。ひょっとしたら、多淫症とかニンフォマニアとかいうやつなのかもしれない。深く考えたことはないけれど。

 初めて露出オナニーをした場所は、学校のトイレだった。元々は、露出が目的だったわけではない。自室以外でオナニーをすることに憧れがあったわけでもない。目的は単純だった。クリトリスを弄りたい。それだけである。授業中に欲情してしまった私は、だからといって家に帰るわけにも行かないので、なんとか放課になるまで我慢した後、トイレに行って自慰に耽ったのだった。
 これがまた思いのほか気持ち良かった。普段とは違い、スカートを捲り上げてパンツを下ろし和式便器に跨るだけでも、エッチな気分になり興奮することができた。いつもトイレで同じ格好になっているのに、それがオナニー目的であると意識すると、性器を丸出しにしていることそのものがいやらしく思えてきた。
 個室の外で喋っている同級生の声を聞きながら、私はクリトリスを擦り続けた。両隣の個室に誰かが入っているのも音で分かっていた。周りをクラスメイトに囲まれながらの一人エッチは格別だった。自分の部屋で擦っている時とは別物の快感と言ってもいいくらいだ。
 愛液が分泌され始めると、余計に興奮した。クラスメイトと薄壁一枚を隔てただけの空間で、性器を濡らし、指を濡らし、いやらしい臭いを発している。そう思うと、たまらなかった。
 臭いで周りに気付かれるかもしれないという不安はあった。そう簡単に分かるものではないだろうし、そうでなければ実行に移す勇気はさすがになかったが、万が一バレた時のことを想像してみると、自分のしていることの愚かしさを実感せずにはいられなかった。
 私の胸は、かつてないくらいどきどきしていた。それが主に、不安によるものなのか、興奮によるものなのか、自分でも上手く把握できなかった。本来は別種であるはずの感情が、私の中では一体化しているようだった。心臓の高鳴りさえも、更なる欲情の呼び水となっていた。
 興奮している自分に興奮しているという、もう何が何やら分からない状態でクリトリスを弄り続け、ついにはトイレの個室で絶頂を迎えた。

 こうして露出オナニーの味を覚えた私は、なるべく自分の部屋以外で自慰に耽るようになった。
 学校は最高の場だった。クラスメイトに見付かって引かれるかもしれない。先生に見付かって怒られるかもしれない。そうした不安材料がエッチな気分を押し上げてくれた。
 学校では、トイレだけではなく、放課後の教室とか、校舎裏とか、人目に付かなさそうなところはだいたい制覇した。
 私は美術部に所属していたので、部活が終わった後に美術室でこっそりオナニーすることが多かった。

 学校がない日は、デパートのトイレか、公園のトイレでオナニーをする。
 コンビニのトイレは、十分以上篭もっていると、店員さんに声を掛けられてしまうので、ゆっくり楽しむことができず、最近は敬遠気味だ。トイレのドアをノックされて声を掛けられた時は本当に驚いた。ついに自慰がバレてしまったのかと焦ったが、別にそういうわけではなく、ただ長居したのが原因だったので、普通に返事をして店を普通に出ることができた。あれはあれで興奮したが、やはりリスクが高すぎる。
 お気に入りは公園のトイレだ。デパートもいいが、清潔すぎてどうにもしっくりこない。逆に公園のトイレは汚すぎる感じがするけれど、まあ、それはそれでいいものだ。男女共用のトイレだと尚いい。男の人がペニスを剥き出しにしたであろう場所で、クリトリスを弄っていると、すぐに絶頂に達してしまう。

 公園で一度 見付かりそうになったことがある。相手は男の人だった。私はその時、全力で逃げ出し、二度とその公園に近付くことはなくなった。
 私は、露出オナニー狂いの変態なのかもしれないけれど、男に対して見境なく発情するわけではない。クラスに好きな男子はいるし、できることなら付き合ったりして、いつかHなこともしたいが、相手が誰でもいいとは間違っても思わない。この点、普通の女の子と変わりはないのである。