女子校生調教レイプ小説中心の官能小説エログです。
アダルト小説しかありませんので、未成年の方は引き返して下さい。


アダルトリンク
空想地帯<SM系官能小説サイト>
SM官能小説とエロCGがあります。
同姓残酷記
レズビアンいじめ小説のサイトです。
官能小説アダルトサロン
大人のアダルト小説ブログです。
出羽健書蔵庫
重厚なSM小説があります。
官能小説エロルーム
女子中高生エロ小説ブログです。

ふたなり女子校3

 横列の右端の子が、「お願いします!」と大声を発した。その一秒後には、肌を打つ強烈な音が廊下に響き渡る。
 右端の子は、間髪入れず「ありがとうございます!」と言った。若干 上擦った声だったような気がするが、幸いにも咎められることはなかった。
 それからも、「お願いします」という声と、「ありがとうございます!」という声が、次々に聞こえてきた。だんだん私の方に近付いてくる。

 私も、周りの子も、壁に手を着いた姿勢で、じっと自分の番を待っていた。
 隣の子が「ありがとうございます!」と、叫ぶような声で言うと、数歩分だけ足音がして、私の真後ろで途切れた。

 私は、他の子たちと同じように、「お願いします!」と大声を上げた。
 次の瞬間には、臀部に衝撃を感じた。鋭い痛み。
 加藤先生は、全力で竹刀を振るっているという感じではないが、それでも、肌を打ち据えられると、飛び上がりたいくらいの痛みが襲ってくる。
 体罰のプロとも言える加藤先生は、おそらく、私たちがどれくらい痛いかを把握した上で、こうしたスパンキングを行っているのだろう。もし、全力で叩かなければ痛みを与えられないのだとしたら、きっと全力で竹刀を振り下ろしている。加藤先生はそういう先生なのだ。
 私は、お尻に手を当てたい欲求を必死にこらえ、壁に着いている手に力を込めながら、「ありがとうございます!」と言った。

 しかし、私への尻ビンタはこれだけじゃ終わらなかった。
「声が小さい! もう一回!」
 非情にも加藤先生はそう怒鳴り付けてきたのだった。
「お願いします!」
 やけくそ気味に私は声を張り上げる。
 加藤先生は、さっきと寸分違わぬ位置に、再び竹刀を叩き付けてきた。
「……あ、ありがとうございます!」
 あまりにも痛くて、お礼の言葉が遅れてしまい、結局、私はさらにもう一度お尻叩きを受けた。合計で三発だ。
 二発以上叩かれた子は私以外にいない。こんなのはいつものことだった。

 私は、加藤先生に嫌われているのである。
 転校当初、私は反抗的な生徒だった。それが原因で、加藤先生の怒りを買ってしまい、こうして特別扱いを受けているというわけだ。
 今の私は、とっくに諦めの境地に至り、もう反抗的な態度なんて全く取らなくなったというのに、加藤先生は、未だに執念深く私に嫌がらせをしてくる。
 悔しくて仕方のないことだけれど、無力な私は、加藤先生の溜飲が下がるまで、すべてを受け入れるしかないのだった。

ふたなり女子校2

 勃起したふたなりペニスの先端に、加藤先生は、手の平サイズの紙片を載せていった。
 これは、精液試験紙と呼ばれるもので、もし数時間以内に射精をしていたら、色が変化するようになっている。
 つまり加藤先生は、私たちが朝起きてから今までに射精していないかどうか、検査しているのである。

 この学校に来てまだ一ヶ月しか経っていない私たちは、厳しい射精管理の下に置かれていた。セックスに及んで妊娠したら面倒なことになるからだ。
 ふたなりペニスで妊娠できた事例はまだないらしいが、なにしろ、ふたなり化そのものが謎だらけなので、管理側としては、万が一を恐れているのだろう。
 だから私たちは勝手に射精することを禁止されている。
 早い段階で感染し隔離されてきた子たちの中で、問題を起こしたことのない子であれば、見境なく膣内射精には及ばないであろうということで、特別に許可を貰えるのだけれど、少なくともここで一年を過ごしてからの話なので、私にはまだまだ先のことだ。

 加藤先生は、列の左から右へと順々に紙片を載せていき、端まで行くと、最初の子に戻り、載せたばかりの紙を回収していった。
 私たちとほぼ同じ時期にこの学校へ赴任してきた加藤先生は、最初の頃、この検査をひどく嫌がっていた。
 気味の悪いふたなり少女たちのペニスには、たとえ間接的にでも触れたくはない、と同僚にはっきりと言っていた。私たちの目の前で。
 それに対して、同僚の教師は、「誰でも最初はそうですけど、すぐに慣れますよ」と言ってなだめていた。
 隔離されてきたばかりで傷心の私たちは、加藤先生の言葉にも、同僚教師の言葉にも、強いショックを受けた。ふたなり化した女性は、人間として扱って貰えないのだ、と肌で感じた。
 ではどういった扱いなのか。それは、この検査でよく分かることだと思う。家畜を並べて順番に処理していくようなやり方が、加藤先生の気持ちを表している。
 高校一年生の女子34人が、上半身にセーラー服を着たままスカートを外し、ブルマとパンツを膝まで下ろして、股間を丸出しにしているというのに、加藤先生はまるで興味がなさそうだった。私たちは性欲の対象ではないのだ。先生からすれば、女子高生に似た気持ちの悪い何かでしかないのだろう。

「おい、なんだ、これは」
 加藤先生は、私のふたり手前で止まり、精液試験紙を持ち上げた。色が白から青に変わっていた。数時間以内に射精をした証拠だ。
 追求された子は、震えながら口を開いた。
「そ、その、寮で同室の先輩に、無理やり……」
 それを聞いて、私は、ああ、と思った。よくあることなのだ。嫌がらせとか、性的に望まれたとか、理由は色々だが、罰を恐れて嫌がる後輩を強引に射精させてしまう先輩は、たまにいる。
「言い訳するな!」
 加藤先生は、怒鳴り付けながら、その子の頬を平手打ちした。そして、私たち全員に向かって大きな声を上げた。
「連帯責任! ケツ出せ!」
 私たちは「はい!」と返事をして、身体を反転させ、壁に手を着き、お尻を突き出した。
 ブルマを膝まで下ろしているので、生尻を晒していることになる。恥ずかしくないわけはないが、もたもたしていたら追加の罰を科されるかもしれないので、私たちは機敏な動きでお尻叩きの姿勢を作った。

ふたなり女子校1

 登校した私たちが最初にするのは、教室でスカートを脱ぐことだった。上はセーラー服を着たまま、下はブルマ姿になる。
 うちの学校に男子はいないから、恥ずかしがることはないのかもしれないが、この高校に転入して一ヶ月が経つ現在でも、私はこの格好に慣れることができなかった。周りを見ても、股間を気にしている子は結構いる。
 スカートを脱ぎ終わると、私は教室を出た。廊下では、すでに半分以上のクラスメイトが、壁に背を向けて横一列に並んでいた。私もその列に加わり、先生が来るのを待つ。
 全員が女子だけれど、みんな、ブルマの股間部分を盛り上がらせていた。

 3年前、クリトリスが肥大する現象が、若い女性を中心に広まった。クリトリスがペニスに酷似した形状となり、しかも射精機能まで備えてしまうという異常性から、人為的なウィルス流出が疑われたが、現在に至っても原因は一切不明だ。
 病状がメディアに取り上げられ始めても、人々はまだ冷静だった。他の様々な奇病と同じように、自分とは関係のない話だ、と誰もが思っていた。
 しかし、病症が爆発的に増え出した頃、ネットの一部において、空気感染が起こり得るという噂が流れ、事態は一変した。ある日 突然、自分もふたなりになってしまうかもしれない。人々の恐怖は、ネットを越えて世間をパニックに陥れた。
 その噂は、実際のところ、正しかった。フタナリウィルスは、風邪のように、いつのまにか大流行していた。風邪と違うのは、女性限定であることと、いつまで経っても治る兆しがないことの、二点だ。
 街からは女性の姿が消え、経済活動が停滞し、社会は混乱した。
 時の首相・浜田幹生は、強権を発動してこれに対処した。ふたなり感染者の強制隔離である。当時の首相が、即断即決を持って知られる浜田幹生であったことは、日本国にとって救いであったろう。もしも政府の対応が遅れていたら、日本女性の全ふたなり化も有り得た、と主張する専門家もいるくらいだ。
 まあ、もっとも、強引に隔離された側である私たちふたなり感染者からすれば、色々と思うところがあるのだけれど。
 当時、普通の女子高生だった私は、病院で感染者認定をされた途端、当局に連行され、山奥の全寮制学園に入れられた。
 そこは、18歳以下のふたなり女性を収容している隔離施設だった。一応、学園という体裁を取っており、書類上は私もただ転校をしただけということになっているが、敷地を出ることは許されておらず、もちろん、退学なんて制度もない。
 普通に監視員とかいるし、実態は収容所そのものだと言っていいと思う。

 34人の女子全員が廊下に並び終わってから程なくして、担任の加藤先生がやって来ると、私たちは「おはようございます!」と大きな声を上げた。そして、直角に近いくらい腰を曲げ、深々と頭を下げる。
 それに対して、加藤先生は「おう」と言って応えるだけだった。
 私たちは頭を上げ、真っ直ぐに立った。手は身体の横。指先まで伸ばす。手を抜く子はいない。少しでも姿勢に乱れがあったら、すぐにでもビンタが飛んでくるのだ。みんな真剣な顔をしている。

 加藤先生は中年の男性だ。女性だとフタナリウィルスに感染する恐れがあるので、この学校の教師は務まらない。すでにふたなり化した女性は、管理される側の人間なので、やはり務まらない。
 廊下に並んでいる私たちを、加藤先生は、横柄な態度で見回した。先生と言うより看守と言った方が適切なんだけれど、建前上、彼は先生なのだった。
 山間学校という名の隔離施設で自分から働きたがる人なんて、そうそういるわけがなく、ここには、他の学校で問題を起こして左遷されてきた教師が多い。
 私たちの担任である加藤先生も、女子生徒への体罰やらセクハラやらを繰り返し、元の学校から厄介払いされる形で赴任してきた。

 加藤先生は、汚いものでも見るかのように、私たちを眺めていた。
「全員、揃ってるか?」
「はい!」
 私たちは声を揃えて答える。
「じゃあ、とっととブルマを下ろせ」
「はい!」
 私たちはまた一斉に返事をして、ブルマに手を掛けた。両隣の様子を窺いながら、自分だけ早すぎたり遅すぎたりしないよう、みんなでタイミングを合わせ、下着ごとブルマを一気に膝まで下げる。
 壁際に横一列で並んでいる女子34人の股間が露わになった。どう見ても元がクリトリスだったとは思えないくらい、完全にペニス化してしまったそれが、晒された。
 全員がふたなりペニスを勃起させていた。ふたなりと化した女性は、例外なく性欲が高まり、わずかな刺激でも勃起するようになってしまうのである。
 何の魅力もない小太りの中年男が相手とはいえ、ふたなりペニスを検査されるという倒錯的な状況だと、勃起は到底 避けられない。先走り液を溢れさせている子もいるくらいだ。

 外の世界では、いくら検査のためとはいえ、家畜のように女子を並べて局部を丸出しにさせるだなんて、許されることではないだろう。
 しかしここでは当たり前のことだった。

強要される全裸土下座3

 下着姿になった転校生には、更なる試練が待っていた。
「お前、無駄に抵抗したから、下着くらいじゃ駄目だ。全裸になりな」
 スケバンの容赦ない言葉だった。
 転校生は、顔面を蒼白にしていたが、従うことにしたようで、両手を後ろに回した。ブラジャーのホックを外すと、両手を前に戻し、支えを失ったブラのカップを押さえた。彼女は左手でブラジャーを取り外すと、右手で素早く胸を隠した。だがそのままではパンツを下ろすことができない。
 転校生は何度かスケバンの顔を見た後、胸から手を離し、パンツの両端に手を掛けて、一気に足首まで下ろした。足を片方ずつあげて、パンツを抜き取り、ついには全裸になる。
 転校生は、下の毛を丸出しにした情けない姿になってしまった。
 陰毛は濃いめのようで、特に手入れもしていないらしく、縮れ毛が伸び放題になっていた。

 転校生は、震える手足をなんとか動かし、床に正座した。両手を前に着く。しかしそこから先には進めないようだった。
「さっさとやれ!」
 スケバンに怒鳴り付けられて、転校生の肩がびくりと震えた。
 転校生は、嗚咽を漏らしながら頭を下げていった。
「ちゃんと頭を着けてるかぁー?」
 不良のひとりが、転校生の後頭部に足を乗せた。もちろん、わざわざ上履きを脱いであげるなんてことはしていない。教室や廊下の汚れを散々踏み締めてきた上履きの裏で、人の頭を踏んでいるのだ。まともな人間にできることではない。
「挨拶しろよ」
 スケバンに促されて、転校生は全裸で土下座したまま「2年5組の篠山美春です」と言った。泣き声だった。
 不良が後頭部から足を離しても、転校生は土下座を続けていた。
「美春ちゃんさぁ、ちょっとは上下関係というものを学ぼうよ。もう高校生なんだから、それくらいは分からないと駄目だよねぇ?」
「…………」
 スケバンの言葉を、転校生は、土下座の格好で聞いていた。
「返事しろ!」
 脇に控えていた不良女が大きな声を上げると、転校生は慌てて「は、はい!」と言った。頭は床に着けたままだ。
 スケバンは転校生を問い詰める。
「何が分かったんだ?」
「…………」
「早く言え!」
「あの、上下関係を学ばなければいけないことが、分かりました……」
「そうそう、そういうこと。分かってるんなら、最初からちゃんと言えよ」
「は、はい」
 適当なことを言うスケバンに転校生は必死に合わせる。
 彼女らの遣り取りを、私は下着姿で突っ立ったまま、無表情で聞いていた。

強要される全裸土下座2

 転校生は、頬を押さえ涙目になりながらも、セーラー服を脱ごうとはしなかった。完全に怯えてはいるが、恐怖心よりも羞恥心の方がまだ強いらしい。
 スケバンは、私に向かって言った。
「手本を見せてやれよ」
 いやいや、もう二・三発ビンタしてあげれば従うんじゃないの?、と私は思ったが、不満を表明するわけにはいかず、「はい」としおらしく返事をして、下着姿になった。キャミソールまで脱ぐように言われたので、ブラとパンツだけになってしまった。
 そんな屈辱的な状態で、私はさらに屈辱的な行為をした。土下座。およそ普通に生きていれば一生縁のないはずの姿勢を取ったのである。
 こうしなければ学校生活が成り立たなくなるとはいえ、剥き出しの手足に床の冷たさを感じると、本当にこれでいいのかという気がしてくる。なにか大切なものを失っていくような……。
 スケバンから「よし、立っていいぞ」と言われた私は、その場で直立不動になった。他には何も言われなかったので、下着姿のままだ。セーラー服を着ることは許されない。
 土下座の格好をしていたのは、3秒にも満たない間のことだったけれど、そんなに短くは感じなかった。長くも感じなかったけれど。土下座をしている間は、時間の感覚がなかった。

 私を凝視している転校生の顔が、視界の端に入っていたけれど、私は、彼女の方を見ないようにしていた。結果的には、転校生を無視している状態だった。
 彼女に対する恨みは別にない。
 脱衣を拒否した転校生の反応は、ごく当たり前のものだ。異常なのは、スケバンが好き放題やっているこの高校の方だろう。悪いのはスケバンたち。転校生を恨む筋合いは全くない。そんなことは考えるまでもないことだ。
 ただ、土下座をしたばかりの状態で、転校生のことを気遣ってやれるほどの余裕は、私にはない。優しい言葉や励ましの言葉を掛けてあげることはできない。
 だから私は、助けを求めるような転校生の視線に反応せず、真っ直ぐに前を向いて立っていた。下着姿で。

 スケバンの取り巻きに、再び脱衣を命令された転校生は、もはやどうにもならない事態であることを悟ったらしく、セーラー服に手を掛けて脱ぎ始めた。
 のろのろとした動きで、だいぶ時間が掛かっていたが、スケバンたちは何も言わなかった。苛立つどころか、笑ってさえいた。
 私のような善良な一般生徒からすれば全く信じられないことだが、スケバンたちは、哀れな生け贄が恐る恐る脱いでいく様を見て、心底から楽しんでいるようだった。