脅してフェラチオを強要する

 強豪女子バレー部の顧問なんてやっていると、その気になればいくらでも女子高生を抱くことができます。レギュラーを餌にしてセックスをするわけです。あるいは、補欠降格を突き付けて脅すわけです。俺もまあ似たようなことをやっています。フェラチオ止まりですけれど。処女まで奪ってしまったら、ちょっとやりすぎの感があるんですよね。フェラだけなら、後で問題になる可能性は格段に低くなるでしょう。誰かに訴えるにしても、「セックスを強要されました」と言うより、「フェラチオを強要されました」と言う方が、抵抗があるんじゃないかと思います。前者ならその一言で伝わりますけれど、後者の場合、「え? 挿入とかはなかったの?」というリアクションが返ってきて、更なる説明が必要になるでしょうからね。もちろん、相手は、もっと遠回しな聞き返し方をしてくるんでしょうけれど。
 俺がフェラチオさせる女子高生は、レギュラー当落線上の選手に限ります。実力のある選手を補欠に落とすのは周りを納得させるのに苦労するし、なにより本人の不満が爆発して訴えられたりする危険があります。かと言って、明らかに実力の劣る選手をレギュラーにすれば、それはそれで周囲が不審に思い、無理が出てきます。結局は、レギュラーでも補欠でもおかしくないような女子高生を標的にするしかないのです。
 当落線上に居れば誰でも良いわけではありません。可愛いことも重要ですが、それよりも何よりも、従順であることが大事です。拒否されては元も子もありませんし、訴えられたら人生が終わってしまいます。だから人選は慎重に行う必要があります。俺はたびたび選手と個別面談をしているのですが、その時に「駒である選手は指揮官への忠誠心が一番求められている」みたいなことを言い、そこで反応を見ます。大袈裟に頷くような子は「見込み有り」です。積極的に忠誠を示そうとアピールしているわけですからね。もちろん、内心では不満タラタラで演技しているだけ、という可能性もあるので、注意しなければなりませんが。その辺は、監督としての腕の見せ所です。
 で、これと決めた女子高生を部活後に残らせ、フェラチオをさせます。当然ながら、いきなり言われて素直に咥えてくれる子は居ません。一人たりともです。最終的にどうなるにせよ、最初は戸惑いを露わにして、嫌悪感を顔に浮かべる子も居ます。しかしここで焦ってはいけません。俺は、まるで当たり前のことであるかのように、監督に尽くせば見返りがあることを説明します。同じことを、言葉を変えて繰り返し説明するのです。処女は守られ、しゃぶるだけでレギュラーを手に入れられる。一度やればそれっきり。二度とフェラチオを強要されることはない。でもレギュラーは安泰。その素晴らしさを力説します。「しつこく言われて仕方なく応じる」という逃げ道を作ってやるという意味もあります。そうすると、ほとんどの女子は、渋々ながらも咥えてくれます。成功確率は9割越え。強豪校のバレー部でレギュラーになれるかどうかで人生が変わってきますからね。処女JKであろうとも、そんなものです。一度咥えたら踏ん切りが付くのか、どの子も俺の言う通りに舌を動かし、ちゃんとしゃぶり抜いてくれます。最後は口の中で射精。これも飲んでくれます。処女が飲精なんて普通なら有り得ないことでしょうが、これっきりだと思えば可能なんでしょう。
 しかし俺は次の日もしゃぶらせます。一回だけという約束をさっそく破るわけで、女子は絶望的な表情を浮かべます。でも大人しくフェラチオをしてくれます。すでに前日からレギュラーとして扱われているわけです。ユニホームを支給され、それを着て練習しましたし、コートで実践練習に参加できる時間も大幅に増えました。クラスメイトからは「おめでとう」とか「よかったね」とか言われたことでしょう。もう、元の補欠には戻りたくない。そう思うのは当然のことです。ずっと補欠であったなら、そのままでも受け入れられたかもしれませんが、レギュラーからの転落は耐え難いことなのです。しかも俺は、前日に女子の家族に連絡してやりました。これをすると、99%の親は電話で娘を祝福します。俺がそうするように促したからですが。地元の期待を背負って上京した娘が、全寮制の厳しい生活を耐え、強豪校でついにレギュラーを掴んだわけで、ご両親は熱い言葉を娘に掛けます。それを聞いた娘が感極まって涙を流すことも珍しくはありません。次の日にまた補欠に戻っただなんて、一体どのツラ下げて報告できるというのでしょう。無理に決まっています。補欠落ちを仄めかされれば、そりゃチンポくらいしゃぶります。どの女子も、初日に泣くことはほとんどありませんが、二日目はかなりの確率で泣きます。泣きながらフェラチオをします。その泣き顔を見下ろしながら口内射精をするは最高に気持ちの良いことです。

ソープのマットローションプレイ

 こないだ生まれて初めてソープに行ってきました。20歳になっても童貞というのが恥ずかしかったので……。俺の相手をしたソープ嬢も同じ20歳でした。っていうか元同級生でした。高校時代のクラスメイトです。彼女は優等生だったので、風俗で働いているのは驚きでした。彼女曰く、学費のためらしいです。私立大学の医学部はお金がメチャクチャ掛かるのだとか。国立なら学費は大したことないようですが、運悪く落ちてしまったのです。彼女の学力なら普通に合格していてもおかしくはなかったのですけれど。試験日が重い生理と重なって調子が出なかったとかなんとか言ってました。そのせいでソープ嬢として働かざるを得なくなったのだと思うと、同情しなくもなかったのですが、だからといって俺にはどうしようもないことですし、料金だけ払って帰るなんて格好を付けても仕方がありません。たっぷりとサービスしてもらいました。真面目な生徒だった彼女が、泡まみれの身体を俺に擦り付けてくるのは、なんだか違和感が凄かったのですが、それだけに興奮もしました。一生懸命にローションマットプレイをこなそうとする彼女を見ているうちに俺は射精してしまいました。その後、ベッドに移動して少し休憩してから彼女に挿入して童貞を卒業しました。

風俗嬢並みのエッチな奉仕

 この前の援交相手は最悪だった。女子中学生のあたしに、ソープ嬢の真似事を強要してきたのだ。こうしろああしろと立て続けに命令されて、とても疲れた。お風呂場に俯せになっている中年男に、泡まみれにした自分の身体を擦り付けたり。足の指の間にまで舌を這わせたり。男の腕にあたしの股間を滑らせたり。まさに性奴隷って感じだった。フェラチオにもやたら駄目出しをされた。しかも長かった。途中で帰ってしまいたいところだったけれど、車で敷地内に入ったラブホテルから徒歩で出られるものなのか、私にはよく分からなかったし、そもそも相手を無視して帰るなんて、大人しい性格のあたしには無理なことだった。

レズビアン調教

 中学校に入ってから卒業するまでの三年間、私は矢澤先生に調教されていました。矢澤先生は女教師。私は女子。レズな関係です。入学初日に処女を捧げ、半年後の誕生日にはアナル処女も捧げました。どっちも矢澤先生のディルドで貫かれました。いっぱい濡らした上での挿入でしたが、少し痛かったです。まあ我慢できないほどではありませんでしたが。それに、矢澤先生がとても優しくしてくれたので、あんまり苦には感じませんでした。浣腸プレイだけは、正直言ってちょっと付いていけないのですけれど、矢澤先生がやりたがるので仕方ありません。排泄姿を見られるのが恥ずかしい分、先生に優しくしてもらえますから、有りと言えば有りと言えなくもないです。
 三年間のレズ調教で、私の膣も肛門もすっかり開発されましたが、中学生でなくなったら先生ともお別れです。矢澤先生はJCフェチなのです。女子高生には興味がないとのこと。また新入生に目を付けて可愛がるのです。最初から分かっていたことなので文句はありませんが、少し寂しい想いはあります。

オシッコ中の少女を盗撮する

 教師が盗撮で捕まるというニュースはたまに聞きますが、あんなものは氷山の一角に過ぎないと思います。上手いことやって一切捕まらずに女子生徒のオマンコを拝んでいる奴は、世の中にいくらでも居るでしょう。かく言う私もそのひとりです。小学校の教師をしていますが、たびたび女子トイレに盗撮カメラを仕掛けて、女子小学生の無毛オマンコを鑑賞しています。パイパンJSの割れ目からオシッコが迸る様は良いものです。小学生高学年ともなると陰毛が生えてくるわけですが、性器の成長具合は人によってだいぶ違います。体格や性格とはあまり関係がないようです。千人以上の女子小学生の股間を見てきた私が言うのですから間違いありません。真面目で小柄な女子でも陰毛ボーボーでビラビラがはみ出している子は居ますし、活発で背の高い女の子でもまだツルツルの一本筋みたいな陰唇でしかない子も居ます。小便の出方はみんな大体一緒ですけどね。それでも拭き方には個性が出ます。神経質に何度も拭く子から、全く拭かずに股間を少し振って雫を落としただけでパンツを上げてしまう子まで、本当に様々です。

ウンチをしているロリ少女

 俺の住む地方の小学校だと、検便は教師が行う。たいぶ昔のことではあるが。俺が新任教師だった頃のことだ。検便週間という期間を設け、その間、学校内で便意を催し生徒が保健室を訪れ、直接採便を受ける。俺はそれをよく手伝わされた。男子生徒の時はただ面倒なだけだったが、女子生徒の時は勃起せざるを得なかった。俺はロリコンなのである。女子小学生は、恥ずかしそうにしながら保健室を訪れる。そして、養護教諭に便意を伝えると、スカートやズボンを下ろし、さらにはパンツを膝まで下げて、俺が床に置いたポリバケツに尻を下ろす。大抵、すぐには排便できない。羞恥のせいだろう。まあ、我慢が限界に近かった場合は、あまり間を置くこともないのだが。いずれにしろ、顔を真っ赤にして踏ん張っているロリ少女というのは良いものだ。俺がトイレットペーパーを渡すと、こっちを気にしながら控え目に尻を拭くわけだが、それもまた堪らない光景だ。

JK鬼畜輪姦

 あたしには暴走族の彼氏が居て、女友達もそんな感じばかり。高校はサボりまくりで、夜にコンビニの駐車場を溜まり場にして適当に喋ってるのが日課。犯罪とかもお構いなし。この間は女子高生を輪姦させたりもした。後で知ったんだけど、その女はあたしと同い年だった。っていうか同じ高校の同級生だった。橘美希。クラスは別だから気付かなかった。もし気付いていたら、輪姦は勘弁してあげたかもしれない。いや結局は同じことになっていたかもしれないが。
 橘美希は、コンビニから出てきた時に、駐車場に座り込んでいるあたしたちを睨んだ。本当はただ見ただけだったのかもしれないが。制服姿だったので、たぶん学校帰りだったのだろう。あたしたちは、普段なら睨み返すかあるいは「見てんじゃねえよ」とか言って追い払うくらいの対応しかしないけれど、その時は3人がコンビニの中に入っており、2人しか居らず、不意に話題が途切れて手持ち無沙汰だった。だから、間を持たせるのも兼ねてあたしともうひとりは立ち上がり、橘美希に詰め寄った。「なにガン付けてんだよ」とか「舐めてんじゃねえよ」とか、ありがちな因縁を付けたのだった。美希は真面目な女子生徒だけれど、強気な性格をしていて、意外にも言い返してきた。「別に見てないし」とか「被害妄想」とか「邪魔だからどいて」とか言ってきた。こっちが2人だと思って舐めてたんだだろう。まあ確かに、本当に2人しか居なかったら、難癖を付ける以上のことはしなかっただろうし、できなかったに違いない。しかし実際はあの時5人居たのである。コンビニから3人が戻ってくると、美希はあからさまに焦った顔をした。5人に囲まれても謝ろうとしなかったのは、後に引けなくなっていたからだろう。ひとりが美希を小突き出すと、他のみんなを真似をした。ちょっと押されるくらいのことでしかなかったが、美希はもう泣きそうになっていた。それでも「やめて」とか「触らないでよ」とか言っていたが、必死感が出ていて見るのも哀れという感じになっていた。あたしからすれば愉快でしかないが。
 しばらくしてあたしたちは美希を近くの公園に引っ張っていった。公園内の公衆トイレに連れ込まれると、美希はさすがに怖じ気付いたようだった。さっきまではコンビニ店員や客の目があったけれど、夜の公衆トイレには人なんてほとんど来ない。ビビってしまうのは当然だろう。美希は小声で謝り始めたが、あたしは「聞こえねーよ!」と怒鳴り付け、一切取り合わなかった。その時にはもう、暴走族仲間を呼び出して輪姦させようと決めていたのだ。彼らが到着するまでの間、美希を徹底的に苛め抜いた。号泣して謝る美希の顔を大便器に押し付けたり、口にホースを突っ込んで水を流し込みまくったり、全裸にしてデッキブラシやスッポン(ラバーカップ)で突いたり、色々と遊んであげた。
 改造バイクの爆音を響かせながら暴走族仲間6人が姿を現した時には、すでに美希の有様は酷いものになっていた。靴も靴下も剥ぎ取られて、衣服のほとんどが便器の中で詰まっている。身に付けているのはパンツだけ。それも、頭に被らされている状態。ブラシやらなにやらで突かれまくったせいで、全身に赤い跡が付いている。水浸しになったトイレの床に倒れているせいでビショ濡れだ。美希はすっかり怯え切り、顔を手で覆い、引き付けを起こしたかのように泣いている。しかしそこはヤンキーたちである。美希に同情することなんて全くなく、身体の汚れも気にすることなく、さっさとレイプした。仰向けで犯されている間も美希は顔を隠していたが、破瓜の血が見えたので、あたしは彼女の手を振り払って、頬を軽く叩きながら「バージン卒業おめでとー」と言ってあげた。ついでに拍手もしてあげた。美希は全く反応せず、すぐにまた手で顔を覆った。ちょっとムカついたから、あたしは「おめでとうって言ってやったんだから、ありがとうございますって言えよ!」と怒鳴りながら美希の脇腹を蹴った。すると美希は、「うっ」と呻いた後、小さく「ありがとうございます」と言った。なんだか少し面白かったので、笑って許してあることにした。それでもう美希のことはどうでもよくなった。あたしはトイレから出て、輪姦が終わるまで友達と公園で遊んだ。滑り台やらブランコやら、小学生以来の遊びは案外盛り上がったし、楽しかった。まあ、もし二日続けてやったりしたら、すぐに飽きてしまうのだろうけれど。とにかく、美希が6人全員に強姦されるまで30分くらいは掛かったと思うが、体感的にはあっという間だった。美希はたぶん別の感想を持ったに違いないが。

援交している女子校生たちの日常風景

 友達と一緒に援交で初体験を済ませて以来、私は週に2回は援助交際をしています。出会い系で適当におじさんを釣って、セックスをしてお小遣いを貰う。それだけ。簡単なものだ。ほとんどのおじさんは、女子高生である私の身体を高く評価していて、とても優しくしてくれる。だから私は良い気分でエッチに励める。フェラチオはあまり好きではないが、頼まれれば断るほどではない。基本は一対一でラブホテルに行ってセックスをする。たまに、ラブホ代を浮かそうとカーセックスを要求されることもあるが、そういうセコイおじさんとはすぐにお別れをする。一対一の方は、必ずしも絶対条件ではない。3Pの経験はある。そんなに良いものではないが、まあ、有りと言えば有りだろう。男が複数だとなんだか恐い気もするが、今のところ、危ない目に遭ったことはない。これからも大丈夫だろう、多分。

未成熟なオッパイ

 俺はスポーツ用品店を経営している。親父の代から、地区の学校ほとんどすべてと包括契約をしているおかげで、売り上げは良好。店番はバイト君に任せることが多く、わりと暇を持て余している。そんなわけで、平日の夕方と土曜日は、近所の小学校の女子バスケ部で監督をやっている。報酬なんてあってないようなもので、まあ、ただの暇潰しだ。とはいえ、大学時代はそこそこ優秀なポイントゲッターだった俺は、中途半端で済ませることを良しとせず、結構 指導に嵌まってしまい、熱血監督みたいな感じになっている。あるいは鬼監督か。練習中は怒声ばかりで、体罰は当たり前。それが俺の指導方針である。熱心だからこそこうなるわけだが、しかし、無抵抗の少女をビンタすることに快感を覚えないかと言うと、さすがにそれは嘘になる。「本気の本気で100%指導のために体罰をしている」だなんて公言する奴が居たら、そいつは信用しない方が良い。嘘吐きを信用してはいけない。一方的に暴力を振るうのも悪くはないが、羞恥罰を与えるのも良いものだ。ただ、パワハラと違って、セクハラに対する世間の目は厳しい。実際にはどちらもただの人権侵害であり、立場を利用して欲望を満たしているだけで、何も違いはないというのに、セクシャルな問題にだけは過敏になる人間が多いのだ。馬鹿げた話だが、指導者としてこれは常に念頭に置いておかなければならない。適当な理由でビンタしたってあまり問題にならないからといって、同じノリで羞恥罰を科していては、身の破滅を招くことになる。まあ、口実があれば済むことだが。たとえば試合に負けるとか。
 重要な大会で早々に敗退して小学校の体育館に戻ってきた時、俺は極めて不機嫌そうな態度を取る。実際にムカついているのは事実だが、もっと大袈裟に苛立って見せるのである。女子小学生たちは直立不動で震え上がる。そこで俺は言う。「一丁前にユニホーム着てんじゃねえ! 全員脱げ!」すると女子小学生たちは慌てて脱ぎ出す。戸惑っていればビンタされるのだから必死だ。体育館の中のことで、関係者以外は居ないとはいえ、思春期の女子には恥ずかしくてたまらないことだろう。俺はさらに喚き散らして、スポーツブラも外させる。女子小学生をパンツ一枚だけにして練習させるのだ。膨らみ始めたばかりの胸を揺らしながらボールを追いかける少女たちを見ていると、勃起は避けられないのだが、あらかじめサポーターでガチガチに固めておけば問題ない。たまに適当な理由を付けてひとりずつ目の前に呼び出し、ビンタしてやる。そうすると、汗にまみれた丸出しのおっぱいが揺れる。もちろん、まだ成長途上の身体なので、揺れ方は控え目だが、俺はその瞬間がたまらなく好きだ。

パイパンのマンスジ

 中学の時、家族で温泉旅行に行っても、父はあまり温泉に入ろうとしなかったので、仕方なく僕は一人で何度も温泉に入った。脱衣所では、おっさんが一人でマッサージチェアでリラックスしていた。目が合ったので、お互いに軽く会釈した。
 浴場に行くと、他の客は一人しかいなかった。さっきのおっさんの子だと思われる少女である。彼女は洗面台で髪を洗っていた。長めの髪だ。腰まで届いている。ここまで髪を伸ばすくらいだから、そこそこ可愛い顔をしているのだろう、と僕は思った。洗髪中なので、確かめることはできないが。僕は少女のふたつ横の洗面台に座った。少女は一生懸命に髪を洗っている。シャンプーの泡で視界はほぼ無さそうだった。タオルは膝に置いていて、幼い体が無防備になっている。性に興味を持ち始めた思春期の僕が、彼女を舐めるように見回したのは、当然のことだと言えるだろう。少女は細身だった。胸は膨らんでいない。ひょっとしたら膨らみ始めているのかもしれないが、ぱっと見た限り、その兆候は見られなかった。中学生ということはまさかあるまい。おそらく高学年の小学生だろう。低学年ということはないはずだ。たぶん。股間は、泡で多少は隠れているものの、おおよそ見えていた。下の毛は生えておらず、縦筋が一本、くっきりと刻まれていた。僕は少女の割れ目を見ながら、ペニスを握った。ペニスはすでに勃起していた。しごき始めると、興奮のためか、それまで経験したことがないほど気持ち良かった。少女は、頭を洗っている最中だったので、僕が何をしていようとバレる心配はなく、思う存分にオナニーすることができた。少女は頭を洗い終わると立ち上がり、僕に背を向け、とてとてと歩き、温泉に浸かった。彼女の小さな尻がぷりぷり動く様を目に焼き付けながら僕は射精した。精液は手で受け止めた。
 少女はすぐに温泉から出て脱衣所に行ってしまったが、射精を終えて落ち着いていた僕は、むしろ一人になれたことを歓迎した。広々とした温泉に一人でゆっくりと浸かるのは心地良かった。
エロ小説カテゴリ
エロ小説タグ

アダルトリンク
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
本文: