女子校生調教レイプ小説中心の官能小説エログです。
アダルト小説しかありませんので、未成年の方は引き返して下さい。
najouran★gmail.com

羞恥の全裸罰5 着衣にも苦労する

 部長は同級生と談笑していたので、ちゃんと時間を計っているのか、私は心配になりましたが、そこはさすがに責任感のある部長らしく、10分きっちり経った直後に言いました。
「全裸罰、終わり! さっさとパンツ履け!」
「はい!」
 私は慌てて返事をして、パンツを手に取りました。置いている間に見られるのが恥ずかしいからと、柔道服の下に忍ばせていたので、取り出すのがコンマ数秒ほど遅れました。早く服を着たくて仕方なかった私には、そのわずかな時間すら、もどかしく思いました。
 カウントは終了しているので、またルール適用外になってしまい、男子は再びガン見してきました。
 パンツを履くところを見られるのは、妙に恥ずかしかったです。そのせいと、あと手の震えが残っていることもあり、少し手間取ってしまいました。
 履くときにあまり足を上げたら股間が見えてしまうので、パンツを広げるのは足首の高さにしたのですが、これがよくありませんでした。慣れないことはするものではありません。
 まず右足を通そうとしたのですが、パンツを踏み付けてしまい、一度 手から離れてしまいました。震える手でパンツを拾い上げ、もう一回 広げて、なんとか右足を通過させます。
 次は左足ですが、身体が思うように動かず、なかなか狙いが定まりませんでした。片足になると全身がふらついてしまい、一旦 左足を床に戻さざるを得なくなるのです。何度もそれを繰り返すことになりました。まるで、足踏みをしているかのようです。
 右足では、一度失敗したとはいえ二回目にはできたことなのに、なんで左足だとできないのか……。そう思うと、余計に焦りが出てきます。
 パンツの位置を低めにしているせいで、それを履こうとしている間、私は前屈のような姿勢になっていました。壁を背にしているとはいえ、恥ずかしい格好です。男子の視線が気になります。それがまた動きを悪くしていたのだと思います。
 このままでは埒があかないので、私はパンツを膝まで上げてから、左足を通すことにしました。すると、今度は上手くいきました。最初からそうすれば良かったと思います。膝くらいの高さなら、股間も男子に見えてはいなかったでしょうし。多分……。
 これ以上は少しでも恥ずかしい箇所を見られたくなかった私は、中腰のままパンツを履きました。
 そして、床に膝立ちになり、ブラを手にすると、俯き加減のまま着けました。柔道着もその姿勢で着てしまいます。多少みっともなかったかもしれませんが、部長は文句を言いませんでした。慈悲を与えてくれたのか、最初から着方なんて気にしていなかったのか、どちらなのかは分かりません。
 私は立ち上がると、「全裸罰、ありがとうございました!」と言って、そそくさと部室を後にしました。
 恥辱で泣かされたというのに、お礼まで言わなければならないのだから、一年生とはまったく辛い立場です。
 部室を出る直前、男子たちから馬鹿げた声援を受けました。
「唯ちゃん、また来てねー」
「待ってるよ!」
「揺れ揺れおっぱいエロかったよー」
 ふざけるな、と言いたいところでしたが、聞こえない振りをしました。
関連記事

羞恥の全裸罰4 そよぐ陰毛

 部長は、唐突に溜息をついて、言いました。
「もういい。仕方ないから、カウントを始めてやる」
「あ、ありが、とうござい、ます……」
 私は泣きながらお礼を言いました。もうほとんど、どうしてこうなったのか、なんでこんなことをさせられているのか、訳が分からない状態でした。頭が真っ白で、まともに思考ができなかったのです。だから、私は部長に本気で感謝してしまいました。
 全裸罰は昔からの慣習とはいえ、男子部長は、それを維持している張本人のひとりです。部長であるからには、廃止しようと思えば、できなくはないはずです。にもかかわらず、そうしようとせず、そのせいで私は今こんなことになっているのです。恨むのならともかく、感謝する筋合いはありません。なのに私は、部長の言葉を有り難いと思ってしまったのです。それほどまでに私は精神的に追い詰められていたということでしょう。
 カウントが始まると、男子たちはガン見をやめて、着替えを始めました。そういうルールなんです。立たされている間は、そこに居ない者として扱う、というルールです。だから、震えているせいでカウントがなかなか始まらなかった時、男子たちは内心で喜んでいたと思います。カウントがないからルールも適用されず、したがってガン見もできる、というわけです。
 ただ、カウントが始まっても、チラ見はされました。厳密に言うとルール違反ですが、チラ見 程度ならば、暗黙の了解で許されているのです。
 ガン見がなくなったおかげか、身体の震えはだいぶ弱まりましたが、それでも完全に止まることはなく、私は、小さく揺れる胸と、わずかにそよぐ陰毛を、10分間 晒して立っていました。
関連記事

羞恥の全裸罰3 泣きながら裸体披露

 男子たちは、性的興味を剥き出しにしてジロジロ見てきましたが、同時に、私に対する同情心も露わにしていました。さっきまでのような野次はほとんどありません。
 しかし、部長だけは容赦がありませんでした。
「泣いたって誰も助けてくれねえぞ! いつまでも震えてないで、ちゃんと立て!」
「は、はい!」
 生まれたままの姿で、生まれたての子鹿のようにガクガクと震えているせいで、平均よりやや小さな胸が、小刻みに揺れ続けていました。
 陰毛も、目で見て確認したわけではありませんが、たぶん、毛先が揺れているでしょう。手入れを全くしていなかったことを、この時になって今更ながらに後悔しました。短ければ短いほど、震えは目立たなかったと思います。
「しっかりした直立じゃないと、カウントは始めらんねえぞ!」
 震えの止まらない私に部長が言いました。
 全裸で立たされてから10分経って解放されるわけですが、まだカウントが始まっていないということは、まだ1秒も経っていないということになります。
 私は必死に震えを抑えようとしましたけれど、上手くいきません。そのうち、とうとう涙を零してしまいました。一度そうなると、もう止まりません。後から後から涙が溢れてきます。
「ううっ……う、うくっ……」
 泣き声まで漏れ始めてくると、自分で自分が哀れに思え、余計に泣けてきます。
 男子たちは、そんな私を心配そうに見ていました。しかし、決して目を逸らしたりはしてくれません。同情する一方で、私の裸体を脳裏に焼き付けようとしているのです。
 そのまま何分も経ちました。3分くらいかもしれませんし、10分を超えていたかもしれません。全裸で立たされて泣いている私には、時間の感覚がありませんでした。
関連記事

羞恥の全裸罰2 視姦されながらの脱衣

 ドアを開けて中へ入ると、男子部員20人の視線が、一斉に私を射貫きました。これから全裸になる女の顔を確認でもしているのでしょうか。普段の練習は基本的に別々ですが、大会や合宿では合同になることが多いので、全員が顔見知りなのですけれど。
「先輩から全裸罰を宣告されたのか?」
 男子部の部長が、分かり切ったことを聞いてきました。何かしら別の意味が含まれているのでしょう。にやにや笑ってますし。覚悟は出来てるのか?という感じでしょうか。
「は、はい! よろしくお願いします!」
 私は頭を下げました。緊張のせいで声が上擦ってしまいました。
「じゃ、さっさと脱げよ」
「はい!」
 部長の言葉に返事をすると、上級生たちから「おおー!」と変に感心するような声が上がりました。テレビ番組の観客のように大袈裟なリアクションです。
 私は、内心でイラッとしていましたが、もちろんそれを態度に表したりはしませんでした。

「全裸罰、始めさせて頂きます!」
 宣言をして柔道着を脱ぎ捨てます。
 躊躇すれば罵声を浴びせられるのは分かり切っているので、手を止めることなく下着姿になりました。
 しかし、そこから先となると、さすがに一気にというわけにはいきません。
「オラァ! 根性見せろや! 五十鈴!」
 部長が怒声を上げました。
 その一方で、他の部員は、エールを送ってきます。
「唯ちゃん頑張れー」
「脱ぐだけだから、ちゃちゃっとやっちゃおうよ」
「みんなやってることだからね。気楽にいこうよ、唯ちゃん」
 エールというより、面白がって囃し立ててるだけのような気もしますが。
 どのみち拒否なんてできませんので、私はブラとパンツを脱ぎました。ブラは、胸を手で隠しながらです。パンツはそういうわけにはいきませんでしたが、さっと下ろして、足首から抜き取ったら、すぐに股間を手で隠しました。
 場が沸き上がりましたが、ひとつの怒鳴り声がそれを掻き消しました。
「馬鹿野郎!」
 部長は私に詰め寄ると、往復ビンタを浴びせてきました。
「神聖な部室に、きったねえもんを脱ぎ散らかしてんじゃねえ! きっちり畳んで足元に置け!」
「は、はい! すみませんでした!」
 両頬に熱い痛みを感じながらも、私は頭を下げ、急いで柔道服と下着を四角に畳みました。
 そして、ビシッと直立します。全裸です。何も身に着けていません。部室に入る前から裸足でしたので、靴も靴下も履いておらず、正真正銘、生まれたままの姿です。
 私は震えました。寒いわけではないのに、まるで冬の夜に立たされているかのように、大袈裟なくらいに震えてしまいました。
 わざと身体を揺らしているのではないか。そう疑われたりしたらどうしよう、と本気で心配になったくらいでした。
 しかし、そんな風に思っている人は居ないようでした。
 私は意外に思いましたが、その疑問はすぐに解決しました。自分の表情に気付いたのです。ちょっと意識してみると、泣きそうな顔になっていることが自覚できました。男子たちからすれば、さぞ切羽詰まっているように見えたことでしょう。まあ、実際そうなんですけれど。
 全裸になっても無表情を通そうと思っていたのに、このザマです。どうやら私は、自分で思っていた以上に恥ずかしがり屋のようです。
関連記事

羞恥の全裸罰1 エロ懲罰宣告

 練習にミスが目立ったため、私はキャプテンから全裸罰を言い渡されました。高校の柔道部に入って約1ヶ月間、なんとか罰を逃れてきましたが、しかしどうやら年貢の納め時のようです。
 私は「はい! 全裸罰ありがとうございます! さっそく行かせて頂きます!」と部長に言い、柔道着のまま男子部の部室へ行きました。そこで素っ裸になるのが全裸罰なのです。
 今まで、同じ一年生が全裸罰を言い渡されるのを、何度か見てきました。みんな、青ざめた顔で女子部の部室を出て行き、10分後には顔を真っ赤にして帰ってきました。10分間、男子の部室で全裸になり立っている、という決まりがあるのです。
 私も、女子部の部室を出る時は、きっと顔が青くなっていたのだと思います。そして、帰ってくる時には、真っ赤になっていることでしょう。

「失礼します! 女子部の五十鈴です! 全裸罰を受けに来ました!」
 男子部のドアをノックしてから名乗ると、中から歓声が聞こえてきました。私は可愛くて男子に人気なので、大歓迎されるのは分かりきっていました。
 もちろん嬉しくはありません。恥ずかしくて屈辱的なだけです。
 しかし拒否することはできないのです。そんなことをしたら、退部になってしまいます。スポーツ推薦でこの全寮制の私立校に越境入学してきたというのに、退部になんてなったりしたら、学内に居場所がなくなってしまいます。事実上、退部はすなわち退学を意味します。だから、退部するなんて考えられないことでした。

 同期には、全裸罰を拒否した子が居ました。一度目は渋々と男子部の部室に行ってきたのですが、その時に泣きながら女子部の部室に帰ってきて、翌日にまた全裸罰を言い渡された時、泣き叫んで拒否したのでした。号泣してキャプテンに許しを求めた彼女ですが、それが認められることはなく、結局、退部してしまいました。その後、自然な流れとして学校も辞めてしまい、地元へと帰っていったのです。
 あんな風になるのだけは願い下げです。なんとかして全裸罰を完遂しなければなりません。
関連記事
官能小説カテゴリ
アダルトリンク
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
本文: