女子校生調教レイプ小説中心の官能小説エログです。
アダルト小説しかありませんので、未成年の方は引き返して下さい。
najouran★gmail.com

目撃したブルマー下ろし4 尻丸出しでうつ伏せ

 まりもは慌てて立ち上がろうとした。せっかくブルマーを引き上げるために屈んでいたのだから、そのままブルマーとパンツを掴めばいいのに、と俺はその時 思ったものだが、しかし彼女の心情を察するに、剥き出しの尻を後ろに突き出している格好が我慢ならなかったのだろう。
 直立したことにより、太ももから足首までが一直線になった。取り巻きの女子はこの機を逃さず、太ももに止まっていたパンツを、ブルマーと同じ足首まで下ろした。

 まりもは右へ逃れようとした。本当はその場にしゃがみ込みたかっただろうが、取り巻きの女子から少しでも距離を取りたかったのだと思う。
 だが、取り巻きの女子は、まりものパンツを掴んだまま、離さなかった。
 そのせいで、まりもは、足首に止まっている自分のブルマーとパンツに足を取られ、前向きに倒れた。
 ここでようやく、取り巻きの女子は手を離し、本条香奈子に向かってピースサインをしながらグラウンドの隅へ戻っていった。
 まりもは尻丸出しでうつ伏せになっていた。足首に引っ掛かっているブルマーとパンツが、哀れみを増していた。
 さっさとブルマーとパンツを履けば良いものを、まりもは、肩を震わせて泣くことに忙しいらしく、起き上がる動作は遅かった。
 土まみれになったブルマーとパンツを履き直すまで、10秒以上は掛かったかもしれない。
 まりもはずっと泣いていた。肩を震わせながら体操をしていたし、その後、行進の練習に移っても、涙を流しながら行進していた。

 教師陣は、見て見ぬ振りをしていた。以前、本条香奈子の族が彼女を迎えに来て、そのついでにグラウンドをバイクで走り回って荒らしたことがあった。部活をしている生徒たちは逃げ回る羽目に陥ったわけだが、職員室から出てきて注意をする教師は居なかった。本条香奈子の彼氏が所属している族が、地元では有名な筋金入りの武闘派とはいえ、何とも情けない話だ。
 これで普段から弱気なんだとしたら、まあ仕方ないなとも思うんだけど、一般生徒には普通に強気で怒鳴ったりするもんだから、理不尽この上ないと思う。
 行進中に手を止めて涙を拭ったまりもに対して、「ちゃんとやれ!」と怒鳴り付けた教師の神経には、呆れ果てるしかなかった。

 その日から、イジメは一気にエスカレートし、一週間後、族の溜まり場に連れてこられたまりもは、フェラチオをさせられたらしい。
 そして一ヶ月後にはレイプされてしまったのだとか。
 人づてに聞いた話なので、どこまでが真実なのか、本当のところは分からない。確かなのは、まりもが不登校になったことだけだった。
 けどちゃんと高校は受験していて、今は普通に女子高生をやっているようだ。中学の同窓会でそう聞いた時、俺はホッとした。
関連記事

目撃したブルマー下ろし3 炎天下に晒された尻

 授業時間の半分くらいを過ぎた辺りだったと思う。取り巻きだったひとりの女子が、グラウンドの隅からこそこそと準備体操の列に近付いていった。
 そして、本人に気付かれることなく山川まりもの背後を取ると、彼女のブルマーに手を掛けた。まりもがリアクションを取る前に、取り巻きの女子は、ブルマーを一気に足首まで引き下げた。
 体育の授業中、男子も居るというのに、山川まりもはパンツを丸出しにされてしまったのだ。
 その時 俺は、縦列の後ろの方に居て、まりもは前の方に居たから、結構な距離があった。まりもが何かを言ったのかどうなのか、正確には分からない。少なくとも俺には聞こえなかった。あまりのことに言葉を失っていたのかもしれない。
 まりもは白いパンツを履いていた。大人っぽい布地の少ないパンツではなく、小学生が履いていてもおかしくはないような、尻をすっぽりと覆い隠すタイプの子供パンツだった。
 まりもは前屈をするように腰を屈め、手を下へ伸ばした。取り巻きの手はすぐにブルマーから離れたので、まりもはおそらくブルマーを引き上げようとしていたのだと思う。
 しかし、中腰になったまりもは、さらなる悲劇に見舞われることになる。
 取り巻きの女子は、まりもがブルマーを引き上げるより早く、パンツに手を掛けた。屈もうとしているまりもは、全くの無防備状態だった。
 パンツは太ももの真ん中辺りまで下げられた。ブルマーを下ろした時とは違い、まりもが中腰だったので、取り巻きの女子は、パンツを太ももより下げることができなかったのだろう。
 山川まりもの尻は、後ろに並んでいる男子から丸見えになってしまった。後ろに並んでいる女子ならば、前に居る別の女子が壁になって見えないのだが、隣で縦列を作っている男子ならば、まりもより後ろは、すべて斜め後方という角度になるので、ちょっと目を向ければ見えてしまう。
 まりもの尻は小振りだった。痩せ気味で、しかもまだ身体的に成熟していない中学三年生なのだから、当然のことだろう。重量感のある大人の尻とは違い、ほとんど余分な肉のない尻は、いかにも成長途上の青い果実という感じだ。
 それと、尻の白さも印象的だった。まりもは文化系とはいえ、体育は炎天下で行われるので、手足はある程度 日焼けしている。白い尻とのコントラストが、実にエロかった。きっと、目撃した男子のほとんどがそう思ったことだろう。
関連記事

目撃したブルマー下ろし2 イジメの始まり

 イジメの始まりは可愛いものだった。いや可愛いなんて言うのはちょっとおかしいか。でも、泣き叫ぶまりもを複数の男子が押さえ付けながら犯している光景に比べれば、些細なことだとは言えるだろう。
 最初は、回すべきプリントを回さなかったり、給食の配膳でまりもだけ少なく盛ったり、その程度だった。おいおい小学生のイジメかよ、と言いたくなる程度のことだ。
 もちろん、やられた本人にしてみれば、この時点でも辛いのだろうが。

 族とも関わりのある本条香奈子が、これで満足するはずはなく、イジメはだんだんエスカレートしていった。
 俺はすべてを知っているわけではないが、たとえば、体育の授業でのことだ。
 体育だと、男子と女子は別々になるのが基本だが、たまには一緒に授業を受けることもある。
 だからこそ、それは実行されたのだろう。

 体育祭に備えて、男子も女子も、準備体操の練習をさせられていた。準備が目的であるはずの体操を、可能な限り見栄え良く実行できるよう、何度も繰り返し練習させられるのだ。
 馬鹿馬鹿しいにも程がある授業内容だった。教師からしてみれば、保護者や教育関係者も来ている体育祭で、だらだらした準備体操を見せるわけにはいかないのだろう。教師の見栄のために、楽しいはずの体育が、単調で面倒なものになってしまっていた。
 優等生の山川まりもはもちろん、俺も、他のクラスメイトも、真面目に準備体操の練習をしていたが、本条香奈子は、常にそうであったように、この時も取り巻き数人と一緒に体育をサボっていた。
関連記事

目撃したブルマー下ろし1 暴走族に彼氏が居る女子生徒

 俺のクラスには、とんでもない女子が居た。
 本条香奈子という奴なんだが、そいつの彼氏が暴走族に入っていて、学校内に逆らえる奴なんて居なかった。
 中学校を卒業するまで、香奈子はやりたい放題だった。
 俺は、彼女とは別の高校に進んで、それきり顔を見ていないので、その後どうなったのかは知らないが、きっと高校生になっても色んな奴を苛めて喜んでいるんだろう。

 俺の知る限りでは、香奈子が最も暴れていたのは、中学三年生の時だった。
 最初から馬鹿高校でも構わないと思っていたらしい彼女は、受験勉強と無縁だったが、しかしどうやら受験期の空気が気に入らなかったらしい。一生懸命に努力している奴が目障りだったのかもしれない。
 とにかく香奈子は、主に、勉強のできる女子を苛めるようになった。
 イジメと表現するのは控え目に過ぎるかもしれない。性的嫌がらせから始まって、最終的には取り巻きにレイプさせたりしていたのだから。

 レイプまでされた女子はひとりだけだった。
 俺の幼馴染みだ。と言っても、まともに話をしていたのは小学生までのことで、中学生になってからは、お互いになんとなく距離を置き始め、香奈子のイジメが始まった時には、すっかり疎遠になっていた。
 幼馴染みの名前は、山川まりも。県内で一番の高校を受験する予定だったほどの優等生。運動は苦手で、性格もまあ、引っ込み思案ではあったが、特別に喋らないってこともない。作文コンクールで全校生徒の前に出て発表したことがあるので、やる時にはやる、しっかりした女子だ。
 族なんかを彼氏にして適当に生きている本条香奈子にしてみれば、さぞ妬ましい存在だったに違いない。
関連記事

お嬢様とM男5 セルフフェラチオで飲精

「さあ、幹男! そのまま射精しなさい! 自分の口の中に射精するのよ!」
 あたしはM男の尻を鞭で叩きながら命令した。やはり、せっかくセルフフェラに成功したのだから、口内射精まで完遂させたい。
「ん、んぐ……」
 M男は、もごもごと口を動かして、自らのペニスを刺激しているようだった。
 舌も動員しているのだろか。よく分からないが、とにかくあたしも援護してあげることにする。
 あたしは、鞭の柄をM男の肛門に突き立てた。
「んんっ!」
 M男が苦痛の呻きを漏らす。
 ほぐされていないのにいきなりアナル責めをされては、確かに辛いだろう。しかし彼はMなのだ。女子高生に痛い思いをさせられて感じてしまう変態だ。今も、痛みなんかより快感の方が強いに違いない。その証拠に、勃起は一向に衰えない。
 あたしは鞭の柄をグリグリと動かして、M男の腸内を抉り抜いた。

 M男は断続的に呻いていたが、その声は次第に大きくなっていった。
 興奮が高まっているのだ。射精は近い。こいつを何度も射精させてきたあたしは、確信を持ってそう言える。
 鞭の柄をさらに深く突っ込んでやると、M男はあっさりと射精に至った。
 もちろん、射精が始まったからといって、こいつがペニスから口を離すことはない。
 あたしがそんなことを望んでいないのは、馬鹿でも分かることだろう。ましてやM男は、将来を嘱望されている優秀な大学生なのだ。あたしの望みに反することなんて、するはずはない。
 M男は、ペニスを咥えたまま、自らの精液を口内で受け止めた。
 初めてのセルフフェラであるからには、直で自分の射精を飲むのは、初めてのことである。不安そうにペニスを頬張っている表情は、まるで乙女のようだった。端正な顔立ちだけに、余計そう思える。
 まあ、全身に視野を広げれば、そこには、細マッチョがちんぐり返しをしている滑稽な姿があるわけだけれど。
「よくやったわ、幹男」
 精液を飲み下したM男に労いの言葉を掛けながら、あたしは鞭を肛門から一気に引き抜いた。
関連記事
官能小説カテゴリ
アダルトリンク
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
本文: